Quick Interview Archive

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 3日

By Wizards of the Coast

"今現在、最強のスタンダードデッキ?"

Jeff Fung: "《機知の戦い/Battle of Wits》。Regionals にお遊びで出てみたら 4-3 だったよ。" Kamiel Cornelissen: "使ったこともないのにアレだけど、緑青赤(Sneak-Tongue)なんじゃない?" Jon Finkel: "《サイカトグ/Psychatog》"

"《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》ならどっち ?"

Svend Geertsen: "両方はダメ? まともな卓ほど青に走るプレイヤーが多いだろうから、個人的には《雑種犬》かな。" Eric Taylor: "《物あさり》。それだけで勝てちゃうしね。" Nicolai Herzog: "《野生の雑種犬/Wild Mongrel》。《物あさり》は対処しやすいパーマネントだからね。"

"誰に Pro Tour に戻ってきてほしい?"

Tomi Walamies: "Lan D. Ho。いいヤツだった。" Jeff Cunningham: "Brian Hacker。今度一緒にチームを組んだんで、これを機に戻ってきてほしいな。" Rob Dougherty: "Shawn "Hammer" Regnier. 彼は New England の英雄的存在で、ファンも多いよ。"

"これまででもっともお気に入りのイベント開催地は?"

Jeff Cunningham: "バルセロナは楽しかったなあ…" Tomi Walamies: "ヘルシンキ。大好きな街で、今はそこに住んでる。" Olivier Ruel: "プラハ。素晴らしい街で、景観も最高だった。"

"誰が Pro Tour でもっとも報われていないプレイヤーだと思う?"

Pierre Malherbaud: "Karim Aouidad かな。まあ Boston の Team Limited には参加するはずなのでお楽しみに。" Noah Boeken: "Brock Parker。強いのになぜか勝てない。" Ken Ho: "誰がプレイヤーの査定をできるっての?"

"Odyssey/Torment の中でベストのカードは何?"

Olivier Ruel: "《獣群の呼び声/Call of the Herd》。だって、どんなデッキにだって入るじゃない。" Katsuhiro Mori: "《サイカトグ/Psychatog》。テキスト読めばわかるでしょ。" Jens Thoren: "《顔なしの解体者/Faceless Butcher》が純粋に最高のクリーチャーです。"

"(白をDraftすると公言してはばからない)”Zvi's gambit” をどう思う?"

Rob Dougherty: "ドラフトにおける「シグナル」を着ているTシャツや記事によって戦前から主張してるわけだから、ジャッジは警告してやったら?" Tomi Walamies: "ダサイ T シャツだよね。" Jelger Wiegersma: "白は悲惨な色だからね。結果もまあそんなトコでしょ。"

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る