Round 1: 渡辺浩志 VS 山部一美

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 松井 健治

本日 1 発目のフューチャーマッチは 99 年京都グランプリ準優勝の渡辺と、 1 回戦から参加の山部の試合。
「社長」と親しみを込めて呼ばれる渡辺は、自他共に認めるリミテッダーであり、今回の試合が始まる前に渡辺が山部に対して、「私、初心者なんでよろしくお願いします。」などと、フューチャーマッチ特有の緊張を解くかのような冗談を飛ばしたりしている。
実際、試合中でも緊張をしているかのようなプレイを連発するが、それは本文でお話しましょう。

Game 1

先手の山部は Urvorg Volano を 2 枚続けてセットしたところで土地が 2 枚で止まってしまい、とりあえず 3 ターン目に Shivan Zombie をキャスト。
渡辺も負けじと Salt Marsh 、 Island 、 Mountain から Island を残して Nightscape Familire をキャスト。
まだ土地が 2 枚で止まっている山部はマナ差がこれ以上つかないようにと、再生マナが無いうちに Familire に大して 1 点の Githu Fire を撃つが、何の皮肉なのだろうか、青や Gerrard's Verdict 対策と思われる、メインボードに投入されていた Disrupt が火を吹いた!

相手のカードを一枚無駄にし、こちらの無駄カードが他のカードに変わる、渡辺にとっては棚からボタモチ的なアドバンテージ。

軽くアドバンテージを得た渡辺はこのまま流れに乗り、 Fact or Fiction 等で山部に手札差、マナ差で圧倒して行く。
途中、 Undermine を青青赤でキャストしそうになったりと、渡辺が緊張している様を見受けることが出来たが、試合に影響するようなミスもなく、渡辺はデッキコンセプトどおり Prophetic Bolt 、 Urza's Rage 等で山部を焼ききった。

渡辺 1 - 0 山部

Game 2

今回も山部の先手で始まり、 2 ターン目に 置いた土地が Caves of Koilos で、先ほどのゲームは完全に白マナがストップしていたのが解る。
順調に土地をセットしていく山部は Vindicate 、 Phyrexian Rager 、 Blasing Specter と綺麗に展開するが、Urza's Rage や Fire / Ice 等でのらりくらりと山部の攻撃をかわしつつ、渡辺の Shivan Zombie は山部のライフを 10 点ほど削り続ける。
だがこの辺りでの山部のライフは 6 、この原因は先ほどの Caves of Koilos にある。
今のところ山部の黒マナを生み出す場所は Koilos しかなく、この土地が山部の命を確実に削っていた。
後のターンに渡辺の Shivan Zombie が 2 点削り、そこからの Prophetic Botl で勝負は決着。

今度は土地を多く引きすぎ、完全に押し返された形となった山部は、少し不運であったかもしれない。

渡辺 2 - 0 山部

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る