Round 1: 石田 格(東京) vs. 鹿島 彰浩(埼玉)

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 24日

By Yukio Kozakai

鹿島 彰浩

「Who,is Kashima?」

このフレーズを覚えているだろうか?

2001年PT東京の藤田 剛史(大阪)以来となる2人目のプロツアーサンデーを経験し、2003PTベニスでTOP 8入賞を果たしたプレイヤーこそが、鹿島 彰浩その人である。ベニスで勝ち進む姿を見た海外勢が、彼に向けた賛辞と驚嘆の言葉が、冒頭の「Who,is Kashima?」につながる。全く無名のプレイヤーが、一躍プロツアーの中心人物となった瞬間でもあった。

それからしばらくは、プロツアー、日本選手権と参戦をしていたが、いつしかその名を表舞台で聞かなくなっていた。筆者は同じ埼玉出身という事で彼と親交があり、昔話などブラッシュトークをする時もしばしば、その際にベニスの話をすると、

鹿島 「そんな事も、大昔にありましたねぇ」

と、はにかんで見せるが、プレイヤーを引退していたわけではない。ずっと現役プレイヤーとして活動していたのだ。

鹿島 「単純に、あれから勝ってないだけですよ」

と、楽しげに語ってくれた。そんな鹿島は、今年は無事に予選を勝ち抜いて権利を獲得し、参戦を果たした。去年の諸藤 拓馬(福岡)もそうだったが、日本選手権という舞台はオールドネーム(と、言うには諸藤も鹿島も年齢的に失礼だが)の復活の舞台としても知られる場であり、その意味でもこの鹿島、そして日本のレジェンドである石田 格の両者の対戦は、日本選手権の開幕戦として相応しいのではないかと思っている。

鹿島は、予選時と同じオリジナルの青緑白のパーミッションデッキ。石田はボロスビートダウン。対照的なデッキを手に、歴史と歴史がぶつかり合う。

夏の終わりに、11年目の夏が始まる。

Game 1

後手の石田が《炎の印章/Seal of Fire》を置き、さらに《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter》をプレイした所で、鹿島が《呪文嵌め/Spell Snare》。続く《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》は《虚空粘/Voidslime》できっちりとカウンターし、鹿島の場に充分な土地が並んでパーミッションの体勢が整った頃には、石田に場には2枚の《炎の印章/Seal of Fire》と《名誉の手/Hand of Honor》だけという状態に。

《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を出して装備し、攻撃を仕掛ける石田だが、これは《糾弾/Condemn》。石田が手詰まりになったところで、《風を裂くもの/Windreaver》と《都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Tree》でのトークンとで、攻撃開始。

石田は、《黒焦げ/Char》の連発でカウンターの尽きた鹿島に反撃を試みるが、アタッカーをことごとく《糾弾/Condemn》で失っては、手元の火力だけでは届かないと判断。カードを畳み始めた。

石田 0-1 鹿島

Game 2

石田 格

今度は先手の石田。《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》プレイで軽快に立ち上がるが、またしても《糾弾/Condemn》で出足をくじかれる。ならばと、《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》を通してプロテクションを前面に押し出して殴る計画に出た。

手札に火力を温存しつつ、2点ずつしっかりとダメージを積み重ねていく石田。鹿島は一瞬土地が3枚で止まってしまうが無事に立ち直り、《神の怒り/Wrath of God》で《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》に「単体除去」を放つが、返しに《稲妻のらせん/Lightning Helix》2連発。これで、鹿島の残りライフは一気に4まで急降下する。

うかつにトークンも生み出せない状態になった鹿島は、手札のカウンター呪文と相談しつつ、マナが伸びるまで耐える事にした。石田も土地の並べあいに付き合い、数ターンが経過。こういうケースでは先に動いた方が負けるというのが定説だが、今回もその例に漏れず。鹿島が「もう大丈夫かな?」とトークンを生み出したスキを石田が見逃すはずも無く、《黒焦げ/Char》2連発で決着をつけた。

石田 1-1 鹿島

Game 3

後攻の鹿島が、ビートダウンに対して最高のハンドをキープ。石田の《名誉の手/Hand of Honor》を《呪文嵌め/Spell Snare》、《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》を《糾弾/Condemn》し、2枚目の《名誉の手/Hand of Honor》には《不忠の糸/Threads of Disloyalty》と、完璧な対処を見せる。

しかし、石田も後続に《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》と《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》を呼び出し、鹿島の《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》には《酷寒の枷/Gelid Shackles》と今度は石田が盛り返す。

とにかく《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》をどうにかしない事には始まらない鹿島だが、対処できるカード。具体的には《神の怒り/Wrath of God》が全く見えない。仕方なく《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》を追加するが、手札が多いのは石田の方になっており、盤面と手札枚数とを考えた上で、鹿島のエンドに《血の手の炎/Flames of the Blood Hand》を叩き込む。

これは《邪魔/Hinder》でカウンターとなるが、鹿島をフルタップさせた石田。致命傷には至らないが、石田もフルタップで《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》へプロテクションをつけて殴りかかりつつ、《稲妻のらせん/Lightning Helix》を打ち込んで鹿島のライフを3まで落とし込む。

だが、今度は先に動いてしまったのが石田だった。

Compulsive Research

返しの鹿島のドローで手札枚数が同じになるように調整した石田だったが、鹿島のトップデッキは《強迫的な研究/Compulsive Research》。《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》がその真価を取り戻し、逆にライフを9まで戻しつつ石田に攻めかかる。しかし、逆に言うとデッキ的な問題もあるが、ここでも鹿島は勝負を決め切れなかったとも取れる。

これで息を吹き返した石田。《稲妻のらせん/Lightning Helix》でダメージを加え、再びライフを危険水域まで持って行き、同じ愚は繰り返さないとばかりに、《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》で構える。鹿島は考え込んだ末にフルアタックを敢行し、自らの《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》のうちの1体に《糾弾/Condemn》を打ち込んでライフを取り戻し、《神の怒り/Wrath of God》で一掃。

返しの石田が繰り出した《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》は《呪文嵌め/Spell Snare》でカウンターし、《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》はトークンで耐えて土地を並べ、石田のハンドをうかがう。

鹿島の手札には《徴用/Commandeer》と《邪魔/Hinder》。10マナあるので両方構える事も出来たが、勝ちに行くプレイングを目指して果敢にトークンを生み出し、《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》を止めずにアタックを繰り返して、あと一撃という所まで追い詰めた。

……その結果、待っていたのは《血の手の炎/Flames of the Blood Hand》2連発。勝負を決めに動いた鹿島だったが、第2ゲームに続いて上手さを見せた石田のゲームメイクを前に、あと1点のライフが遠かった。

石田 「あの《強迫的な研究/Compulsive Research》で負けたと思ったけどね。お互いマナを使いづらい状態だったから、何とかなると思った」

どう見ても絶望的な場でも、諦めずに盤面を良く見直してみるのが重要だということだ。そして、我慢すべきところと押すべきところの読み合い。初戦から、濃厚なマッチだった。これこそ、日本選手権の醍醐味だろう。

※アナウンス
スタンダードのデッキリストは、ジグザグフォーマットの関係上、イベント2日目の公開となります。

石田 2-1 鹿島

Final Result:石田 Wins!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る