Round 10: 井村和夫 vs. 小宮忠義

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 松井 健治

10 回戦。
2 日目の一番初めのフィーチャリングマッチは、「ブルーマスター」として名を馳せ、 2 度のグランプリ優勝経験を持つ小宮忠義と、藤田剛史注目の最近成長中のプレイヤー「まさおちゃん」こと、井村和夫である。
小宮は今更語る事など無い有名プレイヤーであるが、井村はここ 1 年間、東野、藤田の両名にスパルタ教育を受け、日本選手権にいけるところまで腕を上げた、サラブレッドである。

Game 1

ドメインの小宮の先手で始まる 1 ゲーム目は、Elfaime Palece から軽快に土地を並べ、 4 ターン目には Collective Restraint と、赤緑ステロイドの井村には非常に効果的な動きを展開している、一方、井村は 2 ターン目の Thornscape Familiar から綺麗に流れ出したかと思ったのもつかの間、森が 2 枚のみで土地がストップしてしまう。
その隙に小宮の Fact or Fiction が 2 回打たれ、 Allied Strategy も打たれたあたりで 2 枚目の Collective Restraint を張られ、まだ勝負を諦めない井村に対してキャストしたのが、 Questinf Phelddagrif 。
Restraint を 2 枚張り、土地も出ていない井村に対して、堂々と Phelddagrif に飛行を付け、 3 点パンプアップし、 7 点で 3 回アタックして終了。
ドメインの非常良い回りと、森しか引かない井村の場は圧倒的であった。

小宮 1 - 0 井村

Game 2

1 ゲーム目とは打って変わって、 Blurred Mongoode 、 Raghig Kavu 、 Keldon Necropolis と赤緑の本質を見せつけるかのような動きに対し、小宮は Coastal Tower 、 Elfhame Palece ドメインにしては宜しくない、遅めの立ち上がり。
その上、今のままでは基本地形を要求されるカードを一切使う事が出来ない。
15 、10 、とライフが削られていく小宮は何とか 2 枚の Harrow を重ね、土地を一気に 5 種類用意し、タップアウトで Restraint をキャストすることを余儀なくされる。
ここで井村が Restraint 対策カードを用意していれば小宮のライフは 5 まで落ち込むことになり、敗北は必死なのだが、井村の手札には 2 枚の Urza's Rage と、無駄カードである、 2 枚目の Necropolis があるだけであった。
ここで井村ができることは土地を重ねる事だけ。

この山場を乗り切った小宮は、 Fact or Fiction から鉄壁の壁を築き上げていく。
Fact でめくった中に 2 枚の Fact があり、ドロー強化がドロー強化を呼び、止めの Eladamri's Call から Rakavolver を手に入れ、そのままダブルキックでキャスト。
このまま 4 ターン後には井村は敗北している。
ライフが、 5 対 20 から 10 対 15 、 15 対 10 とひっくり返る様を井村は、ただ見送る事しか出来なかった。

Win 小宮 2 - 0 井村

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る