Round 10 : 射場本 正巳(東京) vs. 斎藤 友晴(東京)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Yukio Kozakai

射場本 正巳

射場本がトーナメントシーンに帰ってきた。

昨シーズンまで、構築・限定を問わず幾多のグランプリとプロツアーで成績を残してきた古豪だが、今年に入ってからは別のTCGに力を注いでおり、マジック・ザ・ギャザリングの世界から遠ざかっていたのだ。

活躍の記憶が最近のものなので、射場本も実は「タイムシフト」プレイヤーであるという認識が薄い。ともあれ、久々のプロツアー参戦であるにもかかわらず初日を6-1で駆け抜け、今日に至ってはここまで2連勝。地力を見せ付けている。

しかし、今回のドラフトデッキは、取材にあたっていた真木 孝一郎が指差して冷やかすくらいの微妙な紙束だというが……。それでも勝ち筋を見出してきたのが、この射場本というプレイヤーである。

齋藤は、またしても青緑の真っ直ぐなデッキ。今大会と、フィーチャーマッチの連勝記録も継続中の勢いが勝るか。それとも、「タイムシフトプレイヤー」の深みを射場本が魅せるのか。

Game 1

共にテイクマリガンでのスタート。《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug》をプレイして《ナントゥーコのシャーマン/Nantuko Shaman》につなげた齋藤だが、待機解除を焦ってか、土地が寝ているにもかかわらず《ジョイラの時虫/Jhoira's Timebug》を起動。速攻で殴っては見せるが、カード1枚分のアドバンテージを失ってしまったのは大きい。

結局、齋藤は《ナントゥーコのシャーマン/Nantuko Shaman》をも《暗殺/Assassinate》で失う結果になり、並ぶ土地も《森/Forest》ばかり。一方の射場本はというと、こちらも展開はイマイチ。《マナを間引くもの/Mana Skimmer》と変異で攻撃を仕掛けるが、双方《島/Island》が足りない状態で《水深の予見者/Fathom Seer》が相打ちするなど、どこかピリッとしない。

ところが、斉藤が《島》を引き当ててから一転、射場本の目つきが変わる。

隠れ潜んでいた変異は《流水の海蛇/Slipstream Serpent》。突如6/6の巨大クリーチャーに襲われるハメになった齋藤は、一向に伸びないマナに苦しみながらも《意志を曲げる者/Willbender》などで対抗を試みるが、射場本のハンドから飛び出したのは《神秘の蛇/Mystic Snake》。

デッキは4色。
変異クリーチャーは結構な確率でナイス3マナ2/2バニラ。
展開も決して芳しくはない。

それでも勝つのが射場本の射場本たるゆえんか。

射場本 1-0 齋藤

齋藤 友晴

Game 2

重いハンドに苦渋の表情を浮かべる齋藤。そもそも《森》1枚しか土地がない射場本。だが、どちらも答えは同じ。

齋藤・射場本 「キープ!」

まず、先攻の斉藤が魅せる。2ターン目のトップデッキがなんと《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》! 3ターン目にも《遍歴のカゲロウ獣》トップデッキと、一気に強力な展開へと変わって行ったが、そこは射場本。

射場本 「じゃあ《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》」
齋藤 「…止まるじゃん!」

回答は用意してあった。しかし、《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》《水深の予見者》変異召喚から即座に表返し、《不安定性突然変異/Unstable Mutation》を《暗影の蜘蛛》にエンチャント。「5/7、除去られても帰ってきます」というヘンなサイズのアタッカーが誕生。

続く《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》の待機解除には《神秘の蛇/Mystic Snake》を合わせて対応するが、いかんせん《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》のサイズがデカすぎる。

なんとか押し留めたい射場本は、「防衛」要員である《夢で忍び寄るもの/Dream Stalker》をプレイし、《神秘の蛇/Mystic Snake》を戻すというコンボで立ち回って対抗するが、待機の解けた《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》に対するにはマナが足りず、《歪んだ爪の変成者/Crookclaw Transmuter》と2体での航空勢力によるプレッシャーとバウンスで射場本の妨害を力で捻じ伏せた。

射場本 1-1 齋藤

齋藤 vs. 射場本

Game 3

「運、尽きてるなぁ」

とは、斉藤の弁。開いたハンドには土地が5枚と、ビートダウンの展開を期待するにはあまりに乏しい内容。テイクマリガン後は、充分な内容ながら土地がわずかに《島》1枚。結局ダブルマリガンスタートとなり、逆に射場本の方はマリガン無しから斉藤のお株を奪うビートダウンを展開する。

《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》から《スクリブのレインジャー》、2体目の《トゲ尾の仔ドレイク》とつなぎ、土地をバウンスして足を遅らせて、《流水の海蛇》を変異召喚からの攻撃で、《森/Forest》しか引かない齋藤を一気に寄り切った。

射場本 「このデッキで1勝出来ちゃいましたよ」

と、おどけるが、運も味方に出来なければ、なかなかプロツアーは勝ち抜けない。「もらった1勝」でも、勝ちは勝ちだ。これを次の勢いにつなげていけば良い。それは齋藤も同じで、ここで手放しかけた運というか「流れ」を引き戻せるかが、「苦しいマラソンの終盤戦」を戦い抜けるかどうかの鍵になる。

両者とも、まだ1敗なのだから。

射場本 2-1 齋藤

Tomoharu Saito

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Tromp the Domains
インスタント (2)
1 Careful Consideration 1 Snapback
アーティファクト (1)
1 Weatherseed Totem
エンチャント (1)
1 Unstable Mutation
土地 (17)
9 Forest 8 Island
40 カード

Masami Ibamoto

Download Arena Decklist
ソーサリー (2)
1 Temporal Eddy 1 Assassinate
インスタント (4)
1 Momentary Blink 3 Think Twice
エンチャント (1)
1 Eternity Snare
土地 (16)
3 Forest 9 Island 1 Plains 3 Swamp
他 (1)
1 Aether Web
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る