Round 10: 栗原 伸豪(東京) vs. 小室 修(東京)

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 26日

By Daisuke Kawasaki

栗原 伸豪

「十年選手」中島 主税のD25がトップ4に入り、Kajiharu80が優勝と、日本人チームの活躍が華々しく報じられたPTチャールストン。そんな2つのチームの活躍の陰に隠れて、トップ8入賞という着実な成績を残したチームがあった。

その名は「GG Jirou」

昨年度の世界選手権日本勢躍進の影の立役者であり、今シーズンのトーナメントシーンをにぎわす「ソーラーフレア」のデベロッパーのひとりともされる、今、最も熱いデックビルダーのひとりである鈴木 貴大。

GP松山トップ8の経験をもち、最近でもGP広島トップ8に、鈴木とともに入賞したことが記憶に新しい野中 健太郎。

彼らふたりの活躍については、この2週間の間も散々報じられたと記憶している。このGG Jirouというチームは、ネット上のBlogを中心としたコミュニティを母体とするチームであり、彼らがPTチャールストン以降もこうして活躍を続け、成績を残し続けているということは、既存のトッププレイヤーコミュニティーと一線を画する新たなコミュニティの台頭を示す証明であり、象徴なのである。

ところで、PTチャールストンのレギュレーションは3人チーム構築。つまり、チームは3人で構成されていたわけで、ひとり足りない。

その、最後のひとりが栗原 伸豪である。

初日スタンダードラウンドでは、いまひとつ実力をいかしきれなかった彼だが、続くラブニカドラフトラウンドで、軽量クリーチャーを集めた赤白青デックで4連勝。そして、コールドスナップドラフトランドでも目下2連勝中と、リミテッドで遂にその実力を発揮した。

そんな栗原の「リミテッド7連勝」を阻止するべくたちはだかったのがご存知、小室 修。
彼についてはもう、多くを語る必要はないだろう。一言でいえば「華麗なる天才」。

もともと顔見知りである栗原に小室が一言。

「凡人が天才にかてるかな?」

相変わらずの、天才節。

Game 1

小室が赤黒、栗原が赤白と赤系同士の対決。

先手は小室。

小室が《ゴブリンの霧氷走り/Goblin Rimerunner》《オークの血塗り/Orcish Bloodpainter》、栗原が《突風の漂い/Squall Drifter》とお互いに展開するが、栗原が《オークの血塗り》に《うねる炎》をキャストしたのを皮切りに、小室が《雪崩し/Skred》、ならばと栗原も《雪崩し》と除去が飛び交い、一度場はまっさらに。

そして、ここで小室が華麗にイニシアチブを握る。

2ターン連続で《熱足ナメクジ/Thermopod》という華麗と言うよりはナメなクロックを用意しつつ、栗原の《キイェルドーの先導/Kjeldoran Outrider》《バルデュヴィアの大将軍/Balduvian Warlord》へは連続の《骨に染む凍え/Chill to the Bone》を叩き込み華麗に場を支配する。

一方の栗原は、ただでさえ華麗に場を支配されている状況で、土地が4枚でストップし、非常に苦しい戦いを強いられる。なんとか《熱足ナメクジ》を1体《酷寒の枷/Gelid Shackles》で押し留めるものの、小室は《クロヴの悪漢/Krovikan Scoundrel》キャストと攻撃の手を緩めない。

しかし、そんな状況が栗原の《灰の殉教者/Martyr of Ashes》のキャストによって一変する。

土地事故によって展開ができない栗原の手札は4枚。

4枚全てが赤いスペルであるとは思わないが、2枚が赤い可能性は十分にありえる。《灰の殉教者》が《熱足ナメクジ》をブロックして能力を起動すると、あまりにも損な取引になってしまう。

小室は熟考の上で、《クロヴの悪漢》だけで華麗にアタック。栗原はこれをスルー。

続いて栗原のドローを前に「3枚目の赤いスペル」をひかれてしまう可能性を懸念し、《雪崩し》で除去をするか否かを検討するが、今度は小室が華麗にスルー。

この小さな1/1クリーチャー1体の存在のせいで、小室は手札の展開を圧倒的に抑制されてしまっているわけで、完全にイニシアチブを奪われ返されてしまった形だ。何とかしたい、だが、できない。

そして、小室のターンエンドについに小さな「赤い悪魔」の能力が起動される。当然のように3枚の赤いカードを公開しながら。公開されたカードは、《熱足ナメクジ》と《うねる炎》。

最後の一枚は本物の「赤い悪魔」《霧氷鱗のドラゴン/Rimescale Dragon》。

栗原の土地は5枚。そして、次のドローで6枚目。

自分の場が崩壊してしまった事も、対戦相手の場にキャストされた《熱足ナメクジ》も無視できないできごとではあるが、それよりも、《霧氷鱗のドラゴン》が、7枚目の土地が脅威だ。

実は、小室の手札には、その回答となる《テヴェシュ・ザットの信奉者/Disciple of Tevesh Szat》が握られているのだが、しかし、小室はそれを場にだすための黒マナが1つしかない。

どちらが先に土地を引くかの勝負。栗原はなんでもいいから7枚目の土地を、小室は《沼/Swamp》を。
見るからに分の悪いこの勝負。当然先にゴールにたどり着いたのは栗原だった。

「赤い悪魔」が場に降臨した次のターンの小室のドローは《沼/Swamp

「おせぇ」と小室が小さく一言。

栗原 1-0 小室

Game 2

小室 修

当然栗原としてはドラフト7連勝をしたいのだが、できれば、ここで華麗に3勝してスタンダードラウンドを楽にしたいのは小室も同じ。

そして、小室が天才の意地を見せる。

土地が事故気味の栗原に対して、小室の華麗なビートダウン。

そして、場にあらわれる《カープルーザンのミノタウルス/Karplusan Minotaur》。

累積アップキープがコインフィリップという珍しいカード。そしてコインフィリップに勝利した方が1点のダメージを自由な対象に与えられる…つまり、毎ターン振り分けられるダメージが増えていくというランダムながらもかなり制圧力をもつカードである。

彼らの場合は、コインフリップではなく、ダイスの偶数奇数で行なうことで合意している。

さて、その勝負。

1回目は小室が勝利し、栗原の本体へ。
2回目は栗原が2回とも勝利し、手札の火力とともに再生用の氷雪マナがないうちに《ゾンビの犬ぞり乗り/Zombie Musher》を除去と、1勝1敗。

運命の3戦目。

栗原としてはあわよくば3回勝利して、小室の《熱足ナメクジ》を除去したいところだ。逆に3回とも負けた場合、ライフが危険領域に突入してしまう。

そんな、栗原が願いをこめて宣言を繰り返す。

「偶数」ダイスの目は5
「偶数」ダイスの目は1
「奇数」ダイスの目は…6

小室の華麗なるダイスロール。

栗原 1-1 小室

Game 3

《バルデュヴィアの大将軍》《熱足ナメクジ》という栗原のビートダウンから開幕。

小室の手には、《バルデュヴィアの大将軍》を除去する《うねる炎》が握られていたが、横に並ぶ《マグマの核/Magmatic Core》でのアドバンテージを期待して、華麗に我慢。

もともとコントロールよりのデックが、序盤のライフと後半のアドバンテージを引き換えにすることは少なくない。そして、根っからのコントロールプレイヤーである小室は、ここでもその選択をとる。

そして、その《マグマの核》も、さらに相手に展開させてからにしようと、こちらも我慢。牽制として《テヴェシュ・ザットの信奉者》をキャストするに留める。

しかし、《テヴェシュ・ザットの信奉者》に《雪崩し》が打ち込まれ、ブロッカーとして呼び出した《ゾンビの犬ぞり乗り》に《酷寒の枷》がつけられつつ《突風の漂い》を場にだされてしまうと、さすがに我慢の限界と、《マグマの核》。そして、《バルデュヴィアの大将軍》に《うねる炎》。

《熊の守護霊体/Ursine Fylgja》が登場し、一瞬ピンチかと思われた小室だったが、ここでこれ以上ない《骨に染む凍え/Chill to the Bone》を華麗にトップデックし難を逃れる。小室のターンエンドには《突風の漂い》に経年カウンター分の1点が与えられ、じわじわと小室ペース。

小室は、慎重に場を組み立てる。《マグマの核》が対戦相手の場を制圧している以上、小室は焦る必要はない。土地が7枚並ぶ栗原が、仮に《霧氷鱗のドラゴン》をキャストしてこようとも大丈夫なように《テヴェシュ・ザットの信奉者》からだしていくなど、相手の逆転の目を華麗に封じていく。

そして、次の小室のアタックで栗原のライフがなくなると思われたターン。

栗原は、ドローしたカードを小室に公開する。

《稲妻の嵐/Lightning Storm

小室のライフは、3。

栗原 2-1 小室

小室 「3戦目は欲張りすぎたのがミスだった。《マグマの核》に目がくらんだ。《バルデュヴィアの大将軍》がキャストされたターンに除去していれば2ターン分ライフを温存できていた。そうすれば全部うたれても耐え切れていた(栗原の終了時の残りの手札は《うねる炎》と土地)。」

小室は自身の敗因を冷静に分析する。

だが、そうして勝利へのチャンスが与えられたとしても、それを活かせるプレイヤーと活かせないプレイヤーがいることは事実である。

栗原、華麗なる7連勝。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る