Round 10: 清水 直樹(神奈川) vs. 大澤 拓也(神奈川)

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 26日

By Yusuke Yoshikawa

大澤 拓也

2日間にわたり行われる、今年に限っては「2つの形式で行われる」ドラフトラウンドもこれが最終戦。その中の1番ポッド、勝ち点が最も高い2人で行われるこの試合は、まさにドラフト頂上決戦なのである。

その一方の席に、清水 直樹が座った。大会開催当初は構築肌のプレイヤーとして知られた彼だったが、いざふたを開けてみればドラフトラウンドも6連勝。構築だけではない、素晴らしいマルチなパフォーマンスで、今大会の話題を総なめにしている。
もちろん、彼が狙うはドラフト7連勝。それを達成すればスタンダードをあわせて10連勝となる快記録、その先に日曜日の栄光が見えてくる。

対峙するは、「ドラフト王者」大澤 拓也である。プロツアー・プラハを制した力そのままにラヴニカ・ドラフトラウンドを4-0した彼は、今日のコールドスナップ・ドラフトでも力をいかんなく発揮し、ここまで2-0、通算で8-1の好成績である。王者が狙うは、もちろん日本最強リミテッダー、そして日本一のタイトルである。

注目の戦いが、今始まる。

Game 1

清水先攻だが、マリガンを経ても思わしくない手札。しかし、それでも第2ターンに《雄オーロクス/Bull Aurochs》から入ることができるのは勢いの証。大澤も《ボリアルのケンタウルス/Boreal Centaur》で応える。

清水は第3ターンに《北方行/Into the North》から《ロノムの口/Mouth of Ronom》をフェッチ。大澤も同様に《北方行》で《極北の干潟/Arctic Flats》を持ってくるのだが、手札から土地を置けずにターンを返した。

清水は勢いそのままに、第4ターンの《霧氷角のオーロクス/Rimehorn Aurochs》で一気呵成の構え。これに対し、大澤は4枚の土地と《ボリアルのケンタウルス》を立てたままターンを終了、待ち受ける。

攻め込みたい清水は6枚目の土地から《ロノムの口》を《ボリアルのケンタウルス》に起動。対して大澤は、パンプアップの後《素早い行動/Swift Maneuver》で生き残らせる。
ここで清水は考えて、《雄オーロクス/Bull Aurochs》のみをレッドゾーンへ。少し考えたが、大澤はこれと《ボリアルのケンタウルス》の交換を受け入れた。

続いて出てきた《ボリアルのグリフィン/Boreal Griffin》に対し、清水のドローは《オーロクスの獣群/Aurochs Herd》。今しがた6枚目の土地を使ってしまったために苦い表情だが、《霧氷角のオーロクス》で攻撃をすることもなくターンを返す。

先に《オーロクスの獣群》をプレイグラウンドに置いたのは大澤だった。《ボリアルのグリフィン/Boreal Griffin》の攻撃後これをプレイ、もう1枚の《オーロクスの獣群》を導いた。清水は即座の《骨に染む凍え/Chill to the Bone》で1枚目に対応。

土地を引けた清水は一手遅れて《オーロクスの獣群》、これも2枚目の《オーロクスの獣群》を導く。

しかし、返しで大澤は《突風の漂い/Squall Drifter》そして《ロノムの大男/Ronom Hulk》とプレイ!

最強コモンを前に清水は考える。その末、《うねる狂気/Surging Dementia》をプレイすることとした。
「波及」によってライブラリからめくれるは、土地、土地、土地、《うねる狂気》。
「波及」するにはたまらない展開で清水は続け、さらに2枚の《うねる狂気》がめくれて大澤の手札を根こそぎにすることに成功したのだった。その結果、《オーロクスの獣群》《猿人の喧嘩屋/Simian Brawler》《酷寒の枷/Gelid Shackles》という濃密な手札が墓地に置かれる。

しかし、《ロノムの大男》は実に偉大であった。

清水の《オーロクスの獣群》の攻撃を完全にシャットアウトし、空からは《ボリアルのグリフィン》が迅速な攻撃を見せる。

勢いのあるところを見せた清水であったが、まずは大澤が先制の星を得た。

清水 0-1 大澤

Game 2

清水 直樹

清水が《森/Forest》2枚から《北方行/Into the North》の2連発でマナベースを拡充する立ち上がり。大澤は《極北の干潟/Arctic Flats》スタートから《ボリアルのケンタウルス/Boreal Centaur》と、こちらも理想的な発進である。

清水は2枚目の《北方行》に続けて《うねる狂気/Surging Dementia》をプレイ、濃密になったライブラリに望みをかけるがこれは「残念賞」。大澤は《冠雪の森/Snow-Covered Forest》を捨てる。

大澤は攻撃後、追加戦力として《ヨツンの梟匠/Jotun Owl Keeper》をプレイするが、第4ターンにして清水は偉大なクリーチャーこと《ロノムの大男/Ronom Hulk》をプレイグラウンドへ送り出した。

仕方なく大澤は《北方行》で明日への備えを敷くが、清水は重い一撃を加えた後《霧氷角のオーロクス/Rimehorn Aurochs》を追加。主導権奪取を高らかに宣言した。

自らのアップキープが来て、大澤はじっと《ヨツンの梟匠》を見つめた後、このアップキープコストを払わないことを選択。2体の1/1飛行トークンを得る。《ボリアルのケンタウルス》で攻撃後、《ボリアルのグリフィン/Boreal Griffin》を送り込んだ。

清水は《霧氷角のオーロクス》を《ロノムの大男》とともにレッドゾーンへ。《ボリアルのグリフィン》がアンタップ状態で先制攻撃をつけることもできるのだが、清水が立てている4枚の土地を見つめ、何らかのトリックで要の《ボリアルのグリフィン》を失う危険性を重視して、トークンによる《ロノムの大男》のチャンプブロックのみとした。この時点でライフは12(減少後)である。

だが、清水が戦闘後に追加した《テヴェシュ・ザットの信奉者/Disciple of Tevesh Szat》を見ると、大澤は一見してそれと分かるくらいに苦い顔をした。

大澤は《ボリアルのケンタウルス》《ボリアルのグリフィン》、1/1飛行トークンで反撃を加えた後、2枚目となる《ヨツンの梟匠》をプレイするのだが、根本的に《テヴェシュ・ザットの信奉者/Disciple of Tevesh Szat》に手を出せないのでは、非常に苦しい。大澤は白緑デッキなのだ。

これに対して清水も、《テヴェシュ・ザットの信奉者》を背景に慎重に逆転を図る。相手のクロックを行動を計算しつつ1/1飛行トークンを次々に打ち倒し、大澤も攻撃の手を止めるしかなくなる。

ほどなくして《ロノムの大男》をブロックできない状況になると、大澤のライフは12から7になり、次の攻撃時に《寸法変更/Resize》がプレイされる。

それをさも当然のように見据えた大澤の目は、すぐに第3ゲームに向いた。

清水 1-1 大澤

Game 3

大澤の《突風の漂い/Squall Drifter》に対して、清水は《北方行/Into the North》という立ち上がり。《ボリアルのケンタウルス/Boreal Centaur》に対しては、マナベースの拡充を利して第3ターンに《テヴェシュ・ザットの信奉者/Disciple of Tevesh Szat》を送り込む。

先ほどはやられたが、そうそう甘い顔はしていないとばかりに、これを《酷寒の枷/Gelid Shackles》で沈黙させて攻撃を続行する大澤。攻撃後、《ヨツンの梟匠/Jotun Owl Keeper》が追加される。

しかし、清水は無敗プレイヤーなのである。彼の手から躍り出るは、2枚目の《テヴェシュ・ザットの信奉者》!

Disciple of Tevesh Szat

大澤はプランを変えざるを得ない。《ヨツンの梟匠》《ボリアルのケンタウルス》が攻撃し、あわせて6点の最大ダメージを。《テヴェシュ・ザットの信奉者》の矛先となった《突風の漂い》は最後の力で《酷寒の枷》つきの《テヴェシュ・ザットの信奉者》をタップさせて攻撃を減速させる。

だが勢いに乗る清水は《北方行/Into the North》の2枚目から《うねる狂気/Surging Dementia》をプレイ。ライブラリをめくる手は期待に少し震えていた。
結局波及は1回だけに留まり、大澤は3枚の手札から1枚を選んで残すという選択を迫られる。うつむいたその表情は見えない。
捨てたカードは《猿人の喧嘩屋/Simian Brawler》《ロノムの大男/Ronom Hulk》である。

《ヨツンの梟匠》の2回目のコストを支払ってドローする大澤。しかしそのカードは描いたプランとかけ離れていたのか、珍しく苛立ちの色が加わる。ライフは4に削り落としたが後が続かない。

清水は《テヴェシュ・ザットの信奉者》で攻撃後、勇躍《霜網の蜘蛛/Frostweb Spider》《凍える影/Chilling Shade》を連続でプレイグラウンドへ。沈黙した大澤は、《ヨツンの梟匠/Jotun Owl Keeper》の3回目のコストを払うのみでターンを返す。

完全に攻勢を握った清水は、《テヴェシュ・ザットの信奉者》と《凍える影/Chilling Shade》で攻撃。《テヴェシュ・ザットの信奉者》が《ヨツンの梟匠》にブロックされると、並み居る氷雪地形を背景に《凍える影》を3/3にしてダメージを追加する。

《ボリアルのケンタウルス》も《ロノムの口/Mouth of Ronom》で除去され、耐え忍んでもじりじりと削り取られていく大澤の軍勢。しかし、《ヨツンの梟匠/Jotun Owl Keeper》からのトークン攻撃には最後の迫力があった。決してあきらめないのが王者の見せる姿勢でもあるのだ。

それに対し清水も掛け値なしの全力プレイで応え、収束は鮮やかなものであった。

清水 2-1 大澤

実に、10連勝。昨日は「12連勝の男」を取り上げたが、ここにも大型連勝を成し遂げる猛者が現れた。しかも、ここは日本随一のトーナメント、日本選手権なのである。

次からはスタンダード・ラウンドに戻る。使い慣れたデッキを手に、清水は輝ける階段を駆け上がろうとしている。

清水 直樹、10連勝達成!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る