Round 10 : 鈴木 貴大(東京) vs. Willy Edel(ブラジル)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Daisuke Kawasaki

鈴木 貴大

GP広島・日本選手権と連続してトップ8入賞。また、先日行われた「関東最大の草の根トーナメント」LoMでも優勝と、今期は「プレイヤーとして」も絶好調の鈴木 貴大。

8位入賞を遂げたPTチャールストンに続いて、このPT神戸でも、国際社会にその実力を見せつけようというのか、Round 9が終了して、4th Draftが行われた時点で8勝1敗と、やはり絶好調である。

4th Draftにおける鈴木のデックにかんしては、別にピックを追った記事があるので、そちらを参照願いたいが、簡単に説明すると、黒青タッチ白のマッドネスシステムを中心にピックしたデックである。

鈴木 「《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》がきついですね」

と語るように、タフネスが細いのが、鈴木の、さらに言えば、青黒系のデックの弱点であり、赤、特に《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》と《ぶどう弾/Grapeshot》を苦手とする。

対するブラジル勢、Willy Edelのデックは、赤緑。鈴木のデックと正反対に、サイズの大きいクリーチャーで押すデックである。そして、鈴木のデックの弱点の赤。

Edelがサイズと火力で鈴木を圧倒する展開となるのか。それとも、鈴木のシステムと除去が火を噴く展開となるのか。

Game 1

先手はEdel。

第1ターン《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》待機、2ターン目《緑探し/Greenseeker》と、ベストとは言わないまでも、快調な展開を見せるEdelに対して、鈴木も2ターン目に《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》を待機とひけをとらない。

しかし、3ターン目にEdelがキャストした《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》をみて、少々長考をする。こちらも、デックのキーカードである《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》をキャストするものの、《緑探し/Greenseeker》で手札を減らしつつマナを蓄える動きに不安の色を隠せない。

さらに鈴木の《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》は《オークの連続砲撃/Orcish Cannonade》で除去されてしまうのだが、ここで火力を使わせた鈴木は、Edelのシステムクリーチャーを一掃しうる《巣立つ大口獣/Fledgling Mawcor》を手札の枚数を確認した後にキャスト。

しかし、ドロー後に4枚あった手札は、セット《森/Forest》、《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》待機、《緑探し/Greenseeker》に《古きクローサの力/Might of Old Krosa》と見る見るうちに3マナを残したまま、1枚へと減らされる。《巻物》によって、鈴木の《巣立つ大口獣/Fledgling Mawcor》は打ち落とされ、一気に場はEdelの優位に。

待機を明けて登場した《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》は、《隻眼の巨人/Cyclopean Giant》と《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》のダブルブロックで対処したものの、後続の《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》への回答を用意できない。

《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》と《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》で鈴木のライフは4。ここで、おもむろにEdelが土地を全部タップする。

あなたに《突風線/Squall Line》。

Edel 1-0 鈴木

Willy Edel

Game 2

先手は鈴木なのだが、やはりここでもEdelの《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》待機がファーストアクション。

鈴木も《彩色の星/Chromatic Star》を出してはいるのだが、土地が《沼/Swamp》しかない状況では、ライブラリーを掘り進めるためだけに起動する事もうかつに出来ない。《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》を場に出すに留める。

一方のEdelは、《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》&《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》という、昔懐かしいにおいのするシナジーで強引にマナ加速、《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》まで場に追加する。

そして、その加速したマナで《ゴブリンの空切り/Goblin Skycutter》《暗影の蜘蛛/Penumbra Spider》と一気に場に展開。テンポが何よりも重要と言われているこの環境において、この展開は鈴木に厳しい。なにせ、鈴木の場には実質、《灰色オーガ/Gray Ogre》しかいないのだ。

しかし、《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》は、《灰色オーガ/Gray Ogre》は《灰色オーガ/Gray Ogre》でも、ちょっと気の利いた《灰色オーガ/Gray Ogre》だった。

普通のデックでも、終盤に削りきれなかったライフを削りつつ回復し、ダメージレースを優位にしてくれるこのカードだが、鈴木のデックの場合、無類の強さを発揮する。

そう、鈴木のデックはマッドネスに主眼を置いたデックであり、《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》は共鳴者なのだ。

Edelのアタックに対応して、《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》をマッドネスでキャスト。

これは、《燃焼/Conflagrate》で処理されてしまうものの、序盤を耐え抜きたい鈴木のデックにとって、貴重なターンとライフを与えてくれた。

しかし、鈴木も、《沼/Swamp》しか引かない厳しい状況が已然として続いている。

Word of Seizing

待機を抜けた《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》こそ、《突然の死/Sudden Death》と《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》ブロックのあわせ技で対処したものの、マナが加速されているEdelは「待機なしで」《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》をキャストすることを可能とする。

そして、追い討ちの様に《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》には、《オークの連続砲撃/Orcish Cannonade》が。ここで《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》をマッドネスで場に出す鈴木だったが、公開された黒い手札は《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》1枚のみ。そう、鈴木の手札は見事に青いのだ。

後のなくなった鈴木は、温存していた《彩色の星/Chromatic Star》を起動する。宣言は「白」。完全に最後の賭けだ。

そして、鈴木は賭けに勝つ。《彩色の星/Chromatic Star》がもたらしたドローは、《島/Island》。

場に出た《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》が一気に天秤の傾きを入れ替えるかと思われたが、しかし、Edelも秘密兵器を隠し持っていた。

《捕縛の言葉/Word of Seizing》。

これによって、鈴木の計算は狂う。このターンに鈴木の配下となるはずだった《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》が、「もう1ターン」アタックしてくる事となったのである。これで、さらに一気にライフを削られた鈴木。

手札には、《メリーキ・リ・ベリット/Merieke Ri Berit》とのシナジーを形成する《一瞬の瞬き/Momentary Blink》。しかし、鈴木の場に白マナは無い。《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》を場に追加し、ドローを加速する事でなんとか《平地/Plains》を引くまで生き残る確率をあげようと試みる。

しかし、そんな鈴木の願いを断ち切るように、Edelはまたも、土地をすべてタップした。

Edel 2-0 鈴木

Takahiro Suzuki

Download Arena Decklist

Willy Edel

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る