Round 12: 八十岡 翔太(神奈川) vs. 三田村 和弥(千葉)

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 26日

By Yukio Kozakai

プロツアーチャールストン王者、八十岡 翔太

PTチャールストンのTOP 4対決の再現だ。

実際、彼らは直接のマッチアップをしたわけではない。しかし、チームとして優勝を果たしたのは八十岡たち「Kajiharu80」であり、三田村たちの「D-25」はここで敗退している。

毎年秋に、関東最強を決めるLoad of Magic ChampionshipのTOP8常連でもある2人は、今大会注目を浴びている「関東草の根コミュニティ」の言わば先駆け的存在であり、その2人がベスト8を争うテーブルでマッチが組まれるという事は、この日本選手権の1つのテーマを物語っているかのようである。

今回も、自ら開発し、チューンアップした"ヤソコン"を持ち込んで爆進する八十岡が抜け出すか。それとも、三田村の豪腕が"ウルザトロン"のカードパワーの高さを見せ付けるか。

Game 1

八十岡が《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》、三田村が《シミックの印鑑/Simic Signet》で静かに立ち上がるが、八十岡はプレイした《占術の岩床/Scrying Sheets》でどんどん手札を肥やしていく。

ジッと待ってドローゴーを繰り返す三田村。八十岡が出した《闇の腹心/Dark Confidant》は《電解/Electrolyze》。手札を抱えてプレッシャーをかける三田村だが、トロンが揃わずに2アクション以上の展開が出来ない。その間に八十岡は2枚の《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》で攻撃に転じており、三田村は時間制限をかけられた。

プロツアーチャールストンでベスト4、三田村 和弥

しかし、ついに最後のウルザ地形である《ウルザの鉱山/Urza's Mine》が揃った事で、三田村は反撃に転じる。《連絡/Tidings》をカウンターされるも、《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》に対しての《巻き直し/Rewind》で自身の《潮の星、京河》を対象に《差し戻し/Remand》するなど、マナの差を見せ付けて繊細かつ豪快に動き続ける。

そして、八十岡が《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》を出してマナが少なくなったタイミングで、三田村は手札を一気に解き放つ。

今度こそ《潮の星、京河》《燎原の火/Wildfire》と押し通し、《曇り鏡のメロク》ごと吹き飛ばしに行き、八十岡が《ブーメラン/Boomerang》で回避するのを見るとターンを返し、八十岡が警戒して《ファイレクシアの鉄足》しか出さないのをみるや、それに《撤廃/Repeal》を打ち込んでドローを進め、2発目の《燎原の火》をたまらず八十岡がカウンターしてフルタップした所で、三田村は全力で《悪魔火/Demonfire》を叩き込んだ。

八十岡 1-0 三田村

Game 2

八十岡の《闇の腹心》を《呪文嵌め/Spell Snare》し、《占術の岩床》を指定した《真髄の針/Pithing Needle》プレイで完璧な立ち回りを見せる三田村だったが、土地が手札から尽きて止まりかける。

八十岡が《ファイレクシアの鉄足》をプレイし、1マナしか残ってないところで、三田村がドローを進めようと《差し戻し》を打つと、今度は八十岡が《呪文嵌め》でやり返し、色マナ発生源を《シヴの浅瀬/Shivan Reef》しか持たない三田村はウルザトロンを完成させるものの、八十岡の軽カウンターを前に《ファイレクシアの鉄足》でのビートダウン完遂を許した。

Demonfire

八十岡 1-1 三田村

Game 3

《真髄の針》で《占術の岩床》を指定した三田村。八十岡の場には現在は無いが、《占術の岩床》から生み出されるアドバンテージを強く警戒する。

その八十岡から出たのは《師範の占い独楽》。ライブラリーサーチを繰り返して土地を並べるが、《冠雪の島/Snow-Covered Island》だけしか並ばず、ついに《潮の星、京河》が通る。

その後に《相殺/Counterbalance》を引き当て、ライブラリーをめくるが今度はカウンター呪文しか見えず、パーマネントに対処が出来ず。結局最後まで黒マナにたどり着かなかった八十岡。

三田村の手札には《悪魔火》。しかも今度は暴勇モードで豪快に焼き尽くした。

八十岡 1-2 三田村

Final Result:三田村 Wins!

Yasooka Shota

Download Arena Decklist

Mitamura Kazuya

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る