Round 13: 片山 英典(大阪) vs. 山本 昇平(広島)

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 26日

By Yusuke Yoshikawa

片山 英典(大阪

日本選手権のスイスラウンドも、残すところあと2つ。栄光の日本代表入りを賭けて、Top8入りへの勝負駆けが増えてきた。この一戦も、その位置づけのマッチのひとつである。

大阪から片山 英典、広島から山本 昇平。互いに地元の地区選手権を突破し、この日本選手権でも並み居るプロプレイヤーに引けを取らない戦いを見せている。そして、このマッチに勝利した方が、念願のTop 8入りに大きく前進することになるのだ。

スイスラウンドを駆け抜けた清水 直樹も含め、今大会では地区予選突破組の活躍が非常に目立つ。空前の活躍を見せるプロプレイヤー陣に、後から後から迫る新鋭たち。そういった流れが続いていけば、世界のトップクラスにおいても日本はあと10年は戦えるだろう。

さあ、2006年の戦いに目を戻そう。

片山が手にするのは、《闇の腹心/Dark Confidant》を中心とした赤黒のバーンデッキという新機軸。山本が手にするのは、こちらも《氷結地獄/Cryoclasm》という一工夫入ったシーストンピィ。

2日間の激戦の答えは、もうすぐそこに。

Game 1

片山の開けた初手は《ショック/Shock》《火山の鎚/Volcanic Hammer》に《悪魔火/Demonfire》、そして《海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea》という「殺る気満々」の内容。

先攻の山本のオープニング、《シヴの浅瀬/Shivan Reef》からの《密林の猿人/Kird Ape》を即《ショック》する立ち上がりとなった。

片山は《ラクドスのギルド魔道士/Rakdos Guildmage》を続けるが、これは山本が《差し戻し/Remand》するという対応である。ここまでは互角のやり取り。

そう、ここまでは互角だったのだが…、あろうことか、ここに来て山本は3枚目の土地をプレイできなかったのだ。これを、バーンデッキの片山が見逃すはずもない。

第4ターンに再度《差し戻し》された《ラクドスのギルド魔道士》は3度目にして場に登場し、山本がようやくプレイできた《三角エイの捕食者/Trygon Predator》には《火山の鎚/Volcanic Hammer》を降りおろす。
《密林の猿人/Kird Ape》と《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を並べられても、慌てず騒がず《黒焦げ/Char》 to you。

土地が詰まっていいるため「痛い」土地をフル活用しなければならない山本に、容赦なく火力が降り注ぐ。
そして《密林の猿人》にはやはり《火山の鎚》が飛び、攻撃したところで山本のライフは既に5。
2体目の《三角エイの捕食者》は出したものの、これでライフが4。場には《炎の印章/Seal of Fire》《ラクドスのギルド魔道士》、土地は4つ以上ある。

「あ、死んでますね」

全てを悟った山本は、次のゲームへと頭を切り替えた。

片山 1-0 山本

負けても全く目がないわけではない。いくばくかの賞金は得られるであろう。しかし、「2006年日本代表」という栄誉に向けては、"All or Nothing"なのである。
一瞬の弛緩の後、否が応にも緊張が走る。

Game 2

山本(大阪)

山本 昇平は最初の7枚をじっと見てプランを練るも、マリガンを選択。6枚対7枚のスタートとなった。

双方が緊張した面持ちながら、丁寧で的確なプレイングがこれまでの戦績を物語る。

《極楽鳥/Birds of Paradise》発進ながら、当然のごとく《炎の印章/Seal of Fire》がそれを焼く。片山の《闇の腹心/Dark Confidant》に対し、《繁殖池》をタップインするだけで、アクションがないどころか3枚目の土地を置けない山本。《繁殖池》が《氷結地獄/Cryoclasm》されるのをただ見るしかない。

山本は改めて《蒸気孔/Steam Vents》をプレイ、2ライフ支払いから《密林の猿人/Kird Ape》を出すのだが、《闇の腹心》が次々と運ぶ《火山の鎚/Volcanic Hammer》に即座に焼かれてしまう。

「Bob(=《闇の腹心/Dark Confidant》)は宇宙」とはよく言ったものである。

《大竜巻/Savage Twister》で《闇の腹心》をなんとか除去できたころには、山本のライフは既に6。《蒸気孔》が2枚目の《氷結地獄》に遭い、《炎の印章》が置かれると、山本のライフはまさに風前のともしび。

今まさに最後のライフを奪わんと現れた《ラクドスのギルド魔道士/Rakdos Guildmage》を見て、山本は無念の投了に至ったのだった。

片山 2-0 山本

片山 英典、勝利!

Shohei Yamamoto

Download Arena Decklist
ソーサリー (8)
4 Stone Rain 4 Cryoclasm
インスタント (4)
4 Remand
アーティファクト (3)
3 Umezawa's Jitte
60 カード

Katayama Hidenori

Download Arena Decklist
クリーチャー (8)
4 Dark Confidant 4 Rakdos Guildmage
ソーサリー (11)
4 Cruel Edict 4 Volcanic Hammer 3 Demonfire
インスタント (12)
4 Shock 4 Char 4 Flames of the Blood Hand
エンチャント (7)
3 Genju of the Spires 4 Seal of Fire
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る