Round 13: 長岡崇之 vs. 小倉陵

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 黒田正城

一人全勝で突っ走る長岡の勢いを小倉が阻止できるのかが注目である。
青白緑の長岡対トリコロールの小倉。先ほどの Round 11 と似た展開になるのだろうか。

Game 1

今日、長岡の対戦相手はとにかくマナに不自由している。
小倉もマリガン後、ランド 1 枚では発進できず、ダブルマリガンを余儀なくされた。
何とかランドを 2 枚そろえ、 2 マナクリーチャーによるビートダウンを試みる小倉ではあったが、 Stormscape Apprentice やカウンターによって阻止されてしまう。
一方の長岡もじっくりと土地を並べ、対応するスペルを打つしかなく、小倉が事故っていた間に脅威となるカードをキャストできなかった。
2 枚の Fact or Fiction を打ってどうにか追いついた感のある小倉だが、この時点ではやはり長岡が場をコントロールしていたと言えるだろう。
長岡は小倉の場にただ 1 匹残っていたGoblin Legionnate を Repulse し、後はカウンターモードに入った。
後続のクリーチャーをカウンターしつつ、マナが余るとFact or Fiction で手札を補充する、定番のパターンである。
小倉は長岡が場に出した Questing Phelddagrif に対応する手段がなく、あとは本体火力をぶつけるしかなかったのだが、残念ながら Absorb によって射程圏外に逃げられてしまった。
小倉のコントロールしていた、色マナの出る土地がペインランドばかりで、そのダメージの蓄積もかなりのものであった。

長岡 1-0 小倉

Game 2

さっきのお返しとばかりに今度は長岡がダブルマリガン。その後の手札も決していいものではなかった。
Meddling Mage と Goblin Legionnaire にひたすら殴られるだけでゲームは終了。

長岡 1-1 小倉

Game 3

ようやくお互いに手札を 7 枚維持した状態でスタートできたこのゲーム、先手を取ったのは長岡の Meddling Mage であった。
これを小倉が Urza's Rage で除去し、場がきれいになったところから中盤戦といったところだろうか。
小倉のGoblin Legionnate がカウンター応酬のあとに場に現われ、返しのキッカー付き Kavu Titan は Angelic Shield によってバウンスされたため、再キャストしなければならなかった。
その隙を突いて小倉の Lightning Angel が殴り始める。
最後には小倉が Ice で Kavu Titan を押しのけ、Prophetic Bolt でとどめを刺した。

長岡 1-2 小倉

小倉 wins

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る