Round 14: 北山 雅也(東京) vs. 津村 健志(広島)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 21日

By Daisuke Kawasaki

北山 雅也

残す試合はあと2回。このマッチでトップ8を決める試合もあれば、逆に「あと2勝」という枷の中でのデュエルもある。そして、ここでフィーチャリングされたのは後者だった。

まずは、北山 雅也。比較的派手な肩書きを持つプレイヤーの多い、いわゆる「古淵勢」の中では比較的地味な印象をもつ北山だが、スタンダード巧者として知られている。なにせ、毎年のように激戦区である日本選手権やThe Finalsの予選を勝ち抜いているのだ。

「予選は強いが本番に弱い」という弱点も、GP浜松で浅原・八十岡とともに準優勝したのを期に克服されつつあるようで、コンスタントに高い成績を残している。

「時のらせん」のリミテッド環境は、非常に肌に合うのか、最近では特にリミテッドが好調であり、このPT神戸も初日5勝2敗となかなかの好位置で折り返している。

そして、津村 健志。もはや経歴を語る必要もないくらいのスタープレイヤーである。初日を4勝3敗という「ほぼ全勝しばり」というかなり高いハードルで終えた津村だったが、ここに来てエンジンがかかってきたのか、ここまで全勝。

津村 「リミテッドのプロツアー、2日目はじめてですよ」

と、昨日筆者に語っていた津村。ここまでくると、3日目すら夢ではない。

ふたりの使用するデックは、津村が青黒、北山が赤黒とお互い黒系。「それなりにまとまったデック」である北山に対して、津村のデックは《結核/Phthisis》《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》をはじめ、パワーカード目白押しだ。

詳しくは、ライターの吉川がふたりのドラフトテーブルのピックを追って記事を書いているので参照されたい。

果たして、津村がカードパワーで押し勝つのか。それとも「ちょっと重い」という弱点を北山がうまくつくことができるのか。

Game 1

先攻の北山、痛恨のトリプルマリガンからのスタート。そして津村もマリガン。

デッキチェックがあった事もあり、試合開始からすでに15分以上過ぎているのに、まだGame 1すら始まっていないという状況がなかなか理解されず、何人ものジャッジがデュエルカウントを示すプレートを裏返そうとテーブルに近づいてくる。ふたりがGame 1とGame 2の間のシャッフルを行なっていると誤解しているのだ。

津村のマリガンは1回で済み、ついにゲームが始まる。

津村が、《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》を出すのに対し、北山は変異。さらにふたりが、変異を追加するが、5ターン目に動けなかった北山の前に、連続して登場する《歪んだ爪の変成者/Crookclaw Transmuter》《嵐雲のジン/Stormcloud Djinn》。

圧倒的なビートダウンを前に、北山のライフは6ターンにして尽きる。

と思われたが、この北山の変異が《運命の盗人/Fortune Thief》。

津村はこれに対する対応策をなんとか見つけ出さねばならず、《水深の予見者/Fathom Seer》でライブラリーを掘り進める。

そして、ここで北山の場に降臨する《パーディック山のドラゴン/Pardic Dragon》。このクリーチャーにより、一気に北山の逆転ペースになるかと思われた。

しかし、その代償として、北山はすべての土地をタップする事を余儀なくさせられていたのである。

この隙をついて津村の手札からキャストされるのは《イクシドロン/Ixidron》。

《運命の盗人/Fortune Thief》は、北山の命綱からただの変異へと。

津村 1-0 北山

津村 健志

Game 2

先に動いたのは後手でマリガンの津村。変異なしでの《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》と場に送り出す。

一方の北山の場には変異が一体のみ。さらに追加される《基底スリヴァー/Basal Sliver》は《絞殺の煤/Strangling Soot》で除去するが、ここで土地が止まってしまう。

津村の攻勢は止まらない。変異と《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》を追加されると、北山は深いため息を。そして、力なくライブラリーのトップをひと叩き。

この控えめな願いが天に届いたのか、土地を引当て《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》。

しかし、控えめであった願いは、想像以上に天に届いていた。

その後土地しか引かず、津村の軍勢に対する対策を用意できない。津村の《流水の海蛇/Slipstream Serpent》はアタック後に表返り、《オークの連続砲撃/Orcish Cannonade》を変異に打てば、それは《水深の予見者/Fathom Seer》と踏んだり蹴ったり。

津村は、さらに《嵐雲のジン/Stormcloud Djinn》を追加し、《奈落の守り手/Pit Keeper》で回収した《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》で北山のブロッカーをタップすると、その連勝記録を7にのばした。

津村 2-0 北山

異常に遅く始まったゲームは、30分以上の時間を残して終了したのだった。

Kenji Tsumura

Download Arena Decklist

Masaya Kitayama

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る