Round 14: 藤田憲一 vs. 渡辺浩人

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 林智加良

フジケン組、組長としてその名を馳せる藤田と昨年の APAC で準優勝したことで一躍注目を浴びた渡辺とのマッチアップ。非常に珍しいデッキの同キャラ対決なだけあってギャラリーの注目度も一際高かった様だ。

Game 1

青緑赤のコントロールウィニーデッキ対決なだけに、引きに左右される部分も大きいだろう。先手の渡辺は 2 ターン目、3 ターン目に連続して Kavu Titan をサモン。一方、土地ばかりの藤田はその後のドローも土地ばかり。結局引いたスペルが 5 枚や其処らではデュエルになるはずもなく、渡辺は一本目を先取したのだった。

藤田 1-0 渡辺

Game 2

1 本目を落とした藤田は後手を選択。多分、スピードで押すことの出来ない同デッキ対決なのでアドバンテージの方が大切だと考えたのだろう。そして、またもや先手の渡辺はウィニークリーチャーでビートダウンを試みる。が、藤田の引きが酷すぎた 1 戦目の様には行かず Jungle Barrier でピタリと戦線が止まる。実は藤田はサイドボードで殆どクリーチャーを抜き、火力で勝つプランを立てていたのだ。藤田の思惑通り、渡辺のクリーチャーはことごとく Jungle Barrier の前に沈黙し Geaes Skyfolk などダメージの通りそうなクリーチャーも全て除去されてしまった渡辺は攻め手がなくなってしまった。しかし、藤田もアタッカーとなるクリーチャーは殆どはいっておらず御互いが硬直する。しかし、その時藤田の手には Urzas Rage があったのだ。Fact or Fiction で上手く土地を置いていた藤田は 12 マナ貯まるとキッカー付きの Rage を 2 発打ち、勝負を決めたのだった。

藤田 1-1 渡辺

Game 3

2 戦目と同じ様な展開になるが、藤田はマナが揃わず Jungle Barrier をキャストできない。その間に渡辺はビートダウンし藤田のライフを 10 まで削る。
苦しい藤田だがどうにかマナを引き始め、渡辺の Prophetic Bolt を Disrupt でかわしつつ Jungle Barrier で戦線を構築し始める。その後は 2 戦目と同じ展開となり、またしてもキッカー Rage で藤田の勝利が確定したのだった。

藤田 2-1 渡辺

藤田 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る