Round 14 :藤田 剛史(大阪) vs. Raphael Levy(スウェーデン)

更新日 Event Coverage on 2007年 4月 21日

By Yukio Kozakai

藤田 剛史

Legend対決だ。

昨年度の殿堂入りであるRaphael Levy(ラファエル・レヴィー/スウェーデン)と、日本のLegendにして、今年の殿堂入りが有力視されている藤田 剛史(大阪)の対戦だ。2人に共通しているのは、他の殿堂入りプレイヤーと違い、10年以上前から第一線で「戦い続けている」ところにある。

その、マジックを知り抜いた2人がたどり着いた先にあったのは、「単色」だった。このプロツアー横浜において、「単色 vs. 単色」の最たるものと言えるだろう。戦前に「2色は事故る」というテーマに基づいてインタビューに答えてくれた藤田は、その理論をもって青単色に突き進み、さながら「フィッシュ」のように綺麗なマナカーブを展開する、クロックパーミッション然としたデッキを仕上げた。

一方で、Levyは赤単色のビートダウンへと向かった。今年のエクステンデッド構築戦では、Domain Zoo(ドメイン・ズー)と呼ばれる準5色のビートダウンを完成させ、《ガイアの力/Gaea's Might》《ボロスの速太刀/Boros Swiftblade》を一躍エクステンデッドのトップカードに押し上げた張本人である。そのLevyが行き着いたビートダウンこそが、この赤単なのである。

フィッシュとスライ(赤単ビートダウン)の対戦といえば、有利なのはスライだ。しかし、火力をはね返す《意志を曲げる者/Willbender》が、その有利を覆す使者となるのが藤田のデッキ。その攻防から、一瞬たりとも目が離せない。

Game 1

Levyが、《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》と軽快に展開し、藤田が《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》と《祖先の幻視/Ancestral Vision》待機をしつつ、《砂漠/Desert》を構える。

《ケルドの匪賊》がダメージを吐き出しつつ息絶えると、カウンターされない《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》が後続として現れる。藤田にとって、我慢の時間帯が続く。

やっと《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が明け、《巻物の大魔術師》をバウンス。その《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を狙った《裂け目の稲妻/Rift Bolt》は《応じ返し/Snapback》でかわし、必死の応戦を見せる藤田。

Levyは、再び《巻物の大魔術師》を呼び出し、さらに《血騎士/Blood Knight》も追加。再度プレイした《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》も《癇しゃく/Fiery Temper》であっという間に除去され、《祖先の幻視/Ancestral Vision》の待機が明けた頃には大勢は決していた。

ドローがほとんど《島/Island》では、さすがの藤田もどうにも出来なかった。

藤田 -0  Levy -1

Game 2

ラファエル・レヴィ

《ケルドの匪賊》連打からゲームを組み立てるLevy。1体は通すが、もう1体には《取り消し/Cancel》で登場を許さず。その後のLevyはと言うと、2枚の《鋸刃の矢/Serrated Arrows》を出すばかりでダメージソースの調達は無し。こうなると、《脅しつけ/Threaten》の脅迫にも冷静に応じられるというもの。5点のライフを支払ってボーナスドローを許さず、《血騎士/Blood Knight》は《砂漠/Desert》で捌く。

ところが、この《鋸刃の矢》こそが、藤田にとって最大のガンとなる。

藤田の手札には《意志を曲げる者》が2枚と《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》がいるが、出せずにいる間に《癇しゃく/Fiery Temper》が藤田を襲う。続けて《ケルドの匪賊》を呼び出されようとすると、たまらず《陰鬱な失敗/Dismal Failure》を唱えるも、マッドネスの《癇しゃく》、そして《突然のショック/Sudden Shock》が藤田の残ライフ5をきっちり削り取った。
直接のダメージ源ではないがゆえ、無害に見えた《鋸刃の矢》。だが、これこそが残った手札をフリーパスとするための布石だった。ビートダウンを操っての2大会連続のGP優勝は伊達ではない。ダメージ効率を最大限発揮する一連のプレイングは、20点のライフを奪うのに完璧な仕事だったのだ。

藤田、痛恨の4敗目。日本勢は完全に後が無くなった。

藤田 -0  Levy -2

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る