Round 15: 信下淳 vs. 小宮忠義

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 丸山智寛

過去何度となく繰り広げられたであろう、日本のトッププレイヤー 2 人の激突が、 GP 神戸でも実現。信下のトリコロールが速攻で小宮を下すか、小宮がコントロール術の冴えを見せるか。注目の一戦だ。

Game 1

先攻は小宮。
2 枚目の Coastal Tower を置く小宮に対し、信下は Meddling Mage を召喚。 Collective Restraint を禁止する。
土地が 4 枚で止まり、事故気味の小宮は 2 ターンに渡り Fact or Fiction を連打。土地を確保し、Sunscape Familiar を召喚。信下の速攻に歯止めをかけようと試みる。
状況が停滞することを嫌った信下は小宮のターンエンドに Familiar に Urza's Rage をキャスト。小宮はこれを通すが、そのスキに Harrow からの Dromar's Charm で信下の Meddling Mage を除去。しかし、タップアウトしたまま信下のターンを迎えることになる。
信下はこの好機に Lightning Angel、Angelic Shield を立て続けにキャスト。軍勢を途切れさせない。
小宮は禁止の解けた Collective Restraint を張るが、マナの潤沢な信下はマナを支払いながらの攻撃を続ける。
ここで小宮はこのゲーム 3 度目の Fact or Fiction に起死回生を期す。結果、5枚の強烈なカードが並び、 Dromar's Charm 、Fertile Ground 、Sunscape Familiar を得た。
すでにライフが 3 となっていた小宮は Angel の攻撃を Dromar's Charm からのライフゲインによりしのぎ(ライフ 5 )、満を持しての Global Ruin 。カウンター合戦の末これを通すことに成功する。しかし信下の土地は順調な伸びを見せる。 Angel による攻撃が再開される前に、小宮はこの脅威を取り除くことが出来るのか。
Harrow によりマナを整えた小宮は土地を全てタップ。7 マナ。最終兵器 Legacy Weapon が小宮の場に登場する。
返すターン、信下はついに土地をすべて揃え、 Angel による攻撃。小宮のライフを 2 とした。小宮のターン、小宮は1枚残ったハンドを静かに伏せると、信下にターンを渡した。信下は戦闘に入ることを宣言。小宮は動かない。数瞬の時の後、信下はアタッカー宣言前に Prophetic Bolt をキャスト。小宮の伏せられた手札が開かれることはなかった。

信下淳 1 - 0 小宮忠義

Game 2

1 本目展開に恵まれなかった先攻の小宮は 2 本目も無念のマリガンスタート。
今度は両者ともに土地が並ぶ。最初の動きは小宮のエンドに打たれた信下の Fact or Fiction 。
信下は Goblin Legionaire を召喚し、攻撃開始。さらに Meddling Mage を召喚。カウンター合戦の後、これが通り、Collective Restraint が禁止される。
前途に暗雲立ち込めるが、小宮はそれを吹き飛ばすべく Fact or Fiction をキャスト。島、森、Harrow 、Harrow 、Raka Volverがオープンされる。これを信下は Raka Volver とそれ以外と分け、小宮は 4 枚を選択。
2 体の 2/2 クリーチャーの攻撃を甘んじて受けた小宮は Harrow を連打。さらに Fact or Fiction 。この Fact or Fiction が Pernicious Deed ×2、Mystic Snake、Sunscape Familiar、Questing Phelddagrif という大当たり。苦渋しつつも信下はこれを Pernicious Deed ×2とそれ以外と分け、小宮は 3 枚のクリーチャーを手に入れた。
反撃の準備は整った。小宮は Sunscape Familir を出し、さらに Phelddagrif をキャスト。Mystic Snake が居ることを知りつつ信下が Absorb 。通すと決めた小宮は Mystic Snake。1 ターンのうちに、小宮の場が完成する。
小宮にカウンターを使わせた形の信下のターン。信下は Lightning Angel をキャスト。信下の場を見れば、Coastal Tower、山、Triva's Ruin、Battlefield Forgeが立っている。小宮少考の後、これをスルー。信下は Angel と Legionaire で攻撃。小宮は臆することなく Phelddagrif に飛行をつけ Angel をブロック、Sunscape Familiar で Legionaire をブロック。この攻撃で Angel を失った信下は第 2 メインフェイズで Meddling Mage を召喚。 Phelddagrif に飛行をつける際に青マナを使い果たした小宮はこれをスルー。信下は Global Ruin を指定し、最悪の事態を避ける方針のようだ。
この攻防で、場の優位は完全に小宮に移った。小宮は Phelddagrif でビートダウンを開始。さらに2体目の Phelddagrif を召喚。優位を決定的なものとしていく。
信下は最後まで勝負を捨てず戦ったが、小宮のコントロールから逃れるすべは無かった。
小宮忠義 1 - 1 信下淳

Game 3

微妙なコントロール戦にも関わらず、 2 人のペースは速い。時間が十分残っている 3 本目。延長や引き分けは心配しないで済みそうだ。
先攻は信下。両者ともにハンドをキープ。
信下は 2 ターン目に Legionaire を召喚。3 ターン目にも Legionaire をキャストするが、これはカウンター。小宮は Disrupt を警戒したかメインに Harrow。そして、Sunscape Familiar 。タップアウト。
信下はまたも Legionaire を召喚。小宮は一気に勝負を決するべく、 Phelddagrif を召喚。信下のGainsay には Gainsay で応え、緑マナを残して小宮の場に Phelddagrif が降臨。カウンター戦における、 Familiar の強さが光る。
信下は 2 体の Legionaire で攻撃。小宮はこれをスルー。信下はさらに 4 体目の Legionaire を召喚。ずらりと 3 体の Legionaire が並ぶ。小宮も 2 体目の Familiar を召喚。
信下の全体攻撃には Phelddagrif 、Familiar、 、Familiar が割り振られる。死に行く
Legionaire は小宮へと飛ばされる。さらに信下は Fire で 2 体の Familiar に 1 点ずつ割り振り、まとめて除去。場を互角なものとする。
2 体の Legionaire と Phelddagrif がにらみ合う状況がしばし続く中、均衡を破るべく放たれた小宮の Pernicious Deed が通る。そして信下のターンエンドに2マナで起動、信下は Legionaire を小宮に投げることしか出来ない。
小宮は 1 人場に残った Phelddagrif で悠々と攻撃を開始。信下は自らが小宮の本体に撃った Urza's Rage に Disrupt を撃ってドローを稼ぎ抵抗を試みるが、Phelddagrif の前についに倒れた。

Win 小宮忠義 2 - 1 信下淳

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る