Round 15: 津村 健志(広島) vs. Thomas Gundersen(ノルウェー)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 21日

By Daisuke Kawasaki

Thomas Gundersen

Round 14、北山は最後にこうつぶやいた。

北山 「がんばって」

津村にとって、2日目全勝、そして4回目のプロツアーサンデーがのしかかった重いマッチ。

だが、津村の双肩にのしかかっているのは、自身の戦績だけではない。

4勝3敗という、全勝限定という状態からスタートした津村。当然、対戦する相手もまた、全員全勝限定のプレイヤーばかりなのだ。ここにいたるまで、7人のプレイヤーの夢が津村によって破られ、また、その夢を津村に託してきたのだ。今、津村は、その7人の代表としてこの席に座っているのである。

いや、7人だけに納まらない。この会場で、多くのプレイヤーが破れ、散っていった。そして、多くのプロプレイヤーに愛されている津村に、彼らは自身の夢を託しているのである。津村は、その小さい体に何人の期待を背負っているのかわからない。

フィーチャリングエリアの周りには、試合開始前からすごい量の観戦者が。

Game 1

後手の津村が2ターン目に《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》をキャストすると、そのエンドにThomasは《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》を。津村のデックにとって、このプロテクション青持ちのフライヤーは少々厄介な存在だ。

続いて、《肥満死体/Corpulent Corpse》待機に続いて《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》と動きは悪くない津村なのだが、Thomasは《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》《増力スリヴァー/Might Sliver》という理想的なビートダウン攻勢。

しかし、津村の手札には《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》にもスリヴァーの群にも対応出来るカードが握られていた。

《イクシドロン/Ixidron

津村の待機中の《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》が次のターンにはキャストされる事を考えると、《イクシドロン/Ixidron》を《数の力/Strength in Numbers》と交換させられたのすら対した痛手ではない。

続いてキャストされた《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》にすべての青マナが注がれると、Thomasのライフは残り6。津村の場には、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》と《肥満死体/Corpulent Corpse》。

《緑探し/Greenseeker》でライブラリーを圧縮してドローをするThomasだったが、そこには飛行への回答も畏怖への回答もなかった。

津村 1-0 Thomas

サイドボーディングで、津村は大澤 拓也の「緑相手には、《嵐雲のジン/Stormcloud Djinn》より《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》の方が強い」というアドバイスを思い出し、カードを入れ替えた。

津村 健志

Game 2

津村は、土地4枚に、《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》《基底スリヴァー/Basal Sliver》という手札をキープ。

このうちの《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》は《紡績スリヴァー/Spinneret Sliver》と相打ちをし、さらに《珊瑚のペテン師/Coral Trickster》ももう1体の《紡績スリヴァー/Spinneret Sliver》とあいうちし用途試みる津村だったが、これには《ヴィーアシーノの探り刃/Viashino Bladescout》が待ったをかける。

津村は《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》をキャストし、まずは防衛線を固めようと試みるが、Thomasは《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》でそれを許さない。《基底スリヴァー/Basal Sliver》で《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》と相打ちを狙うが、しかし、Thomasの手札からは2枚目の《ヴィーアシーノの探り刃/Viashino Bladescout》が。たまらず津村は《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》の能力で、《基底スリヴァー/Basal Sliver》を手札に「救出」させる。

改めて、《基底スリヴァー/Basal Sliver》を場に出す津村だったが、しかし、所詮は《灰色オーガ/Gray Ogre》に毛が生えたようなもの。Thomasはオールアタックからの《数の力/Strength in Numbers》に抵抗するだけの力を持っているわけもなかった。

津村 1-1 Thomas

白熱する攻防

Game 3

2ターン目に《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》3ターン目に《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》待機と動く津村に対し、Thomasも、《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》と応戦する。

《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》が場に現れるまでにある程度ライフを守らなければならない津村は、ゴブリントークンへのブロッカーとして《奈落の守り手/Pit Keeper》をキャスト、相打ちを選択する。

Thomasは、《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》のエコーを支払わず、そのマナで場に《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》を追加。これは《時間の渦/Temporal Eddy》で一度はライブラリートップに戻されるが、Thomasは《石炭焚き/Coal Stoker》を絡めて再キャスト。容易にテンポを崩させない。

ブロッカーのいない津村の場に、これら4体のクリーチャーがアタックしてくる。津村は《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》をキャストし、《石炭焚き/Coal Stoker》を一方的に葬るものの、Thomasは更に《コカトリス/Cockatrice》を追加。攻め手を緩めない。

続いて、《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》からマッドネスで《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》、ターンエンドに「瞬速で」変異と場の優位は完全に津村に傾くのだが、しかし、Thomasには序盤のダメージレースによるライフアドバンテージがある。

そして、このアドバンテージを活かして一気にゲームを決めようと、3枚目の基本地形である《平地/Plains》をセットしての《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》。

この圧倒的なフィニッシュブローを前に、フィーチャリングテーブルは緊張感に包まれる。

Thomasの場に並ぶのは、《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》《紡績スリヴァー/Spinneret Sliver》の2体のスリヴァーと《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》、ゴブリントークン。

しかし、津村は《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》へと《堕落の触手/Tendrils of Corruption》をキャスト。5マナしかない前のターンに、《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》のマッドネスのお陰で2体クリーチャーを並べられていたため、ライフを守りきる。

津村 「もし、あれが、《嵐雲のジン/Stormcloud Djinn》だったらあの時点で負けてましたね」

いまや誰もが疑わぬトッププレイヤーである津村。しかし、津村はひとりで強くなったわけではない。

ともに切磋琢磨する仲間が、国籍を問わない仲間がいたからこその今の津村であり、そして、その仲間達は、今自分たちの夢を津村に託している。だから、このマッチは重いのだ。

試合開始前から出来ていた人垣は、更に人数を増やし、二重三重にフィーチャリングエリアを取り囲んでいる。そして、そのすべての人間が、この小さいテーブルの上の出来事に注目している。

一端は危機を回避した津村だったが、しかし、この攻撃でライフは5。場にはプロテクション青の《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》がなおも残っている。テーブルの上は緊張感に包まれる。

Thomasのドローは《胞子撒きのサリッド/Sporesower Thallid》。《版図の踏みつけ/Tromp the Domains》によって、津村の戦線は完全に崩壊しており、《胞子撒きのサリッド/Sporesower Thallid》で押さえ込めれば、《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》と《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》のダメージレースになる。《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》はアンタップする《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》で押さえ込める。

津村のライフは繰り返すが、5。そしてThomasのライフは8。

すでに《堕落の触手/Tendrils of Corruption》は1枚、津村にとっては不本意な形で使わせている。

《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》をアタッククリーチャーへと宣言するThomas。

Basal Sliver

そこに、瞬速でキャストされる《基底スリヴァー/Basal Sliver》。Thomasの場には《紡績スリヴァー/Spinneret Sliver》。

そう、津村はこのために、わざと《紡績スリヴァー/Spinneret Sliver》を場に残していたのだ。

思いもよらぬ出来事で、突然攻め手を失ったThomas。とりあえず、時間を稼ぐために、あわよくば逆転の糸口とする為に、《胞子撒きのサリッド/Sporesower Thallid》をキャストする。

この4/4クリーチャーを前に、津村はThomasのライフを確認する。

前述のようにThomasのライフは8。

津村の手札には《結核/Phthisis》。場には、《沼/Swamp》2枚と、《島/Island》4枚。

と、《基底スリヴァー/Basal Sliver》。

津村 2-1 Thomas

初日終了時点では、「リミテッドプロツアーで初めての2日目ですよー」と無邪気にはしゃいでいた津村。

初めての「リミテッドの」プロツアーサンデーへ。

Kenji Tsumura

Download Arena Decklist

Thomas Gundersen

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る