Round 2: 小室 修(東京) vs. Osyp Lebedowicz(アメリカ)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Daisuke Kawasaki

小室 修

日本人初のプロツアーチャンピオンが誕生した土地、神戸。

ここで、日本人2人目のプロツアーチャンピオンである「華麗なる天才」小室 修がフィーチャリング。

小室 「デッキ、実は結構やばいです」

と、赤白緑の3色スリヴァー系のデックをみせてくる。たしかに、カードパワーは高いが、マナ拘束が厳しい。

しかし、小室といえば華麗なキャラクターでおなじみだ。出鼻をくじかれたものの、このまま終わるわけがない。

対戦相手のOsyp Lebedowiczは、完全に世代交代を済ませたアメリカの、新世代の代表のようなトッププロである。

日本人のプレイヤーにとっては、昨年のThe Finalsのメタを席巻した「フリゴリッド」のスピーカー、世間に流布したプレイヤーとして有名なのではないだろうか。同様に、なにかとお騒がせなネタで有名で、海外事情に詳しいライターの森 慶太など、いつも「ゴシップはいつもオシップから」と語っているぐらいだ。

さて、そんなOsyp、プレイスキルはもちろん、精神戦の強さにも定評がある。

もちろん、小室との戦いも、すでに始まっている。

席につくや否や、英語で一気にまくし立てるOsyp。

小室は、華麗に、苦笑い。

Game 1

小室の先攻。

《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》はあるけど、赤マナ発生源は貯蓄ランドだけという、なんとなくかみ合わない手札を華麗に長考、華麗にキープ。

Osypの1マリガンを挟んで、お互い《平地/Plains》を置きあうスタート。

2ターン目の貯蓄ランドから赤マナは供給できるようになったものの、待機するには遅すぎると判断したか、《アムローの求道者/Amrou Seekers》をキャスト。

Osypは、白黒デックだったようで、《顔なしの貪り食い/Faceless Devourer》をキャスト。軸のずれた殴り合いがスタートする。

ここで、小室は《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》を待機。軸をずらしつつ、相手の色に合わせた華麗なプレイ。

対戦相手の、(白のクリーチャーである)《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》が《アムローの求道者/Amrou Seekers》をブロックしなかった事で、完全にノーガードに殴りあいになる事を察した小室、《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》の側面攻撃に対してはブロッカーにならない《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》をキャストし、全面勝負を受けて立つ。

この《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》は《突然の死/Sudden Death》で処理され、《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》も待機中の為、ダメージレースで微妙に遅れをとる小室。華麗に長考。この小室の華麗な長考に対して、対戦相手はせかすかのようにプレッシャーをかける。小室はさわやかに苦笑いして《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》キャスト。

Osypはこれのブロッカーとして《マナを間引くもの/Mana Skimmer》をキャスト、相打ちを取る。小室にダメージレースの主導権を完全には握らせない。小室はよく知られるように、「天才スイッチ」とでもいうべきスイッチがあり、ノリはじめるととまらないタイプのプレイヤーなので、ここで出鼻をくじいておくのは非常に有効な戦略ではある。

しかし、《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》の待機がついにとけ、後続として変異状態で《運命の盗人/Fortune Thief》がキャストされると、盤面上では完全に小室有利。白マナが《平地/Plains》1枚で止まり、後続に恵まれなかったOsypは、序盤のライフレースの優位を守りきることが出来なかった。

小室の華麗なるビートダウン。

小室 1-0 Osyp

Game 2

先攻のOsypは、またも1マリガンからのスタート。

一方の小室は、今度は、1ターン目に《山/Mountain》から《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》と華麗な待機。天才スイッチがついに入ったか。

しかし、今度はOsypも十分な形でのビートダウンを推し進める。《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》変異状態の《魂の収集家/Soul Collector》と続けてからの、4ターン目の《セラの報復者/Serra Avenger》。《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》は小室の《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》に相打ちを取られるものの、《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》を盤面に追加。

この時点で、小室は相打ちを取った《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》と土地以外にパーマネントを展開できておらず、土地以外の小室の2番目のパーマネントは、1ターン目に待機した《ケルドの矛槍兵/Keldon Halberdier》という有り様。

これすら、前のターンにOsypの場に登場した《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》の前には役には立たない。《五制術の護法印/Pentarch Ward》でドローを進めて解決策を探す。

そして、なんと《荒廃の巨人/Desolation Giant》を華麗にドロー!

しかし、続いて《聖なるメサ/Sacred Mesa》がでてくると、勝機はないと華麗にランドを片付ける。

小室 1-1 Osyp

I'm Bluff Master! Like Terry Soh!

Game3

追い風の時は華麗に天才だが、向かい風になった瞬間に、一気に偽りの天才モードに入る小室。

初手は、《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》2体に《運命の盗人/Fortune Thief》微震君《増力スリヴァー/Might Sliver》とほぼ真っ赤なのに、2枚の土地は《平地/Plains》《森/Forest》。この向かい風の状態では、かなり嫌な予感のする手札である。

ここで、小室はお得意の華麗なマリガン…ではなく、華麗なキープを宣言。小室らしからぬ大胆なプレイング。

そして、ここで小室は《森/Forest》《平地/Plains》と引き込んで、一気に優位に。3ターン目には《運命の盗人/Fortune Thief》を変異でキャスト。なんとかかんとか華麗な状態。

一方のOsyp、すでに2ゲーム連続でマリガンしているが、このゲームでついにノーマリガン。とはいえ、長考の末での選択であり、かなり厳しそうではある。

そして、実際にOsypは2ターン目こそ《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》待機と順当に動いたものの、土地がストップし、ディスカード。

このディスカードは、《闇の萎縮/Dark Withering》のマッドネスとなり、小室の場の《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》を除去するが、小室の場には後続の《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》、そして小室のデックのキーカードの1枚である《増力スリヴァー/Might Sliver》が登場。圧倒的な優位を築く。

この時点でOsypの場にあるのは、《沼/Swamp》2枚と《平地/Plains》・《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》。

しかし、この圧倒的な優位の場で、小室長考。そして、Osypが笑い出す。

Osyp "I'm Bluff Master! Like Terry Soh!"

逆にブラフであることを協調し、小室のアタックを誘おうとするOsyp。

しかし、ここで小室は華麗にターンエンド。エンドに《増力スリヴァー/Might Sliver》に《突然の死/Sudden Death》が飛んできた事で、逆に一安心。

だが、Osypが追加の土地を引いて、《顔なしの解体者/Faceless Butcher》をキャスト、その能力で《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》を悪夢の世界へといざなうと、今度は小室不利の場に。後続として、《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》が場に登場し、その優位は固定される。

《機械仕掛けのハイドラ/Clockwork Hydra》こそ、変異をブロックさせてからの、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》で華麗に処理したものの、更に《天界の十字軍/Celestial Crusader》が追加。これまでのデュエルから、《魂の収集家/Soul Collector》だろうと予測できる変異も登場し、小室も渋い顔。

だが、小室の「華麗なる天才」の名は伊達だけではない。

《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》と《増力スリヴァー/Might Sliver》でアタックする小室。Osypは、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》を《顔なしの解体者/Faceless Butcher》でブロックし、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》へ《虚弱/Feebleness》。一方的に葬り去る。Osypはニヤリと笑う。

だが、ここで小室の華麗なる《硫黄破/Sulfurous Blast》が炸裂。

一気に場を平らに戻す。そして、場には《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》をキャストする。

Osypの後続の《マナを間引くもの/Mana Skimmer》は《癇しゃく/Fiery Temper》し、《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》は、《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver》と相打ちさせて処理し、《ダスクライダーの大隼/Duskrider Peregrine》を待機なしでキャスト。なんとか、盤面の主導権を握ろうと、華麗に、いやなりふり構わずに手札をダンプしていく。

そんな小室の前に降臨するのが《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》。

小室のライフはすでに1。

小室が願いをこめてライブラリーに手をのばす…直前に、Osypが小室のライブラリートップに激しい一撃。そう、トップデックを願う時にやる、アレだ。

小室のライブラリーのトップにあった除去は原子分解されてしまったのか、引いたカードは華麗な《森/Forest》。

小室 1-2 Osyp

早くも2敗と崖っぷちに追い込まれた「華麗なる天才」。

小室 「この崖っぷちからこそ、ファイナルカウンターが生まれるんですよ」

と、天才節。

メンタル面が成績に強く影響する小室。小室の心は、まだ折れていない。

Shu Komuro

Download Arena Decklist
インスタント (2)
1 Sulfurous Blast 1 Fiery Temper
アーティファクト (2)
1 Paradise Plume 1 Thunder Totem
エンチャント (1)
1 Pentarch Ward
土地 (17)
7 Plains 7 Mountain 2 Forest 1 Fungal Reaches
他 (1)
1 Aetherflame Wall
40 カード

Osyp Lebedowitz

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る