Round 2 : 藤田 剛史(大阪) vs. Helmut Summersburger(オーストリア)

更新日 Event Coverage on 2007年 4月 19日

By Keita Mori

昨夜、ブロック構築について貴重な意見を我々に聴かせてくれた藤田 剛史が第二回戦の注目の対戦に招待された。ここで対峙するのはオーストラリアの古豪Helmut Summersberger(エルムート・ズマースバーガー)。彼は2000年世界選手権ベストエイト入賞暦もあり、2005年グランプリ・リール、2006年グランプリ・バルセロナで優勝を飾っている強豪だ。特にレガシーフォーマットをスレッショルドデッキで勝ち上がったこともあり、構築戦における勝負強さが印象的だ。

Helmut Summersberger

Download Arena Decklist
クリーチャー (12)
4 Meddling Mage 4 Werebear 4 Nimble Mongoose
ソーサリー (4)
4 Serum Visions
インスタント (22)
3 Lightning Bolt 4 Brainstorm 4 Daze 4 Mental Note 3 Counterspell 4 Force of Will
アーティファクト (2)
2 Pithing Needle
他 (2)
2 Fire/Ice
60 カード
サイドボード (15)
3 Tormod's Crypt 2 Divert 4 Chill 3 Wasteland 2 Red Elemental Blast 1 Naturalize

もちろん、構築のスペシャリストという意味では藤田はHelmutを迎え撃つ立場といっても過言ではない。「デッキ構築の天才」としてマジック・インビテーショナルにも招待された彼は、今年末に選考会が行われる第三期マジック殿堂入りでもKai Budde(カイ・ブッディ/ドイツ)と並ぶ有力候補とされている。殿堂入りを狙う他候補の多くが引退状態である中、プロツアーデビュー10年を経ても藤田は最前線で戦い続けており、その姿勢が評価されているのだ。藤田がこの時のらせん=ブロック構築でも結果を残せたなら、彼の得票数はさらに上積みされることになるだろう。

藤田 剛史:青単色
Helmut Summersburger:緑赤タッチ黒青

Game 1

エルムート・ズマースバーガー

緑色のマナブーストカードとマナ補正カードを活かして多色化した緑赤を使っているのがHelmutだ。スプラッシュされている主なカードを挙げると、それは《虚空/Void》や《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》といったラインナップである。

後手をとったHelmutはストラテジー通りに《虹色のレンズ/Prismatic Lens》と《根の壁/Wall of Roots》でのマナ加速から第4ターンに《虚空/Void》を詠唱するという展開で動き始める。しかしながら、このソーサリーは藤田の《陰鬱な失敗/Dismal Failure》によってカウンターされてしまい、さらに1枚の手札を奪われてしまった。

そして、先手をとっていた藤田がかわるがわる「待機」しておいた《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》と《祖先の幻視/Ancestral Vision》とが藤田に航空戦力と追加の手札とをもたらし、《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》が早くも盤面に大きなインパクトを与えるという流れとなった。

Helmutはなんとかこの《テフェリー》を《分解/Disintegrate》によって葬ることには成功するが、藤田がスタックしてプレイした「待機」=1の《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》によってゲームを決められてしまう。

「待機」という性質ゆえに打ち消されること無くカードを供給し続け、あるときは「速攻」もちの《マロー/Maro》として強烈なパンチを見舞うこのカード、時のらせん環境を代表するパワーカードとして注目しておいていただきたい。

藤田-1, Summersberger-0

Game 2

藤田 剛史

第2ゲームでも藤田が序盤に「待機」を続け、Helmutがマナ加速を連発するという流れでゲームがスタートした。

《祖先の幻視》で手札を増し、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》で敵陣の《レンズ》をバウンスしながらビートダウンを続ける藤田は、マナをたててターンを返すという青らしいブラフを使用せず、連続して変異でクリーチャーを呼び出してプレッシャーをかける。

変異の片方を《分解》で除去しながらも、防戦一方というわけにいかないHelmutは、かわるがわる《永劫の年代史家》2枚を待機する。しかし、藤田は狙い済ませて《ザルファーの魔道士、テフェリー》を「瞬速」で送り込み、《年代史家》たちが「裂け目」から出現することを許さなかった。

この環境において、変異クリーチャーを展開した青いデッキに7マナ域へのアクセスを許してしまうということは致命的である。フェイスアップする《塩水の精霊/Brine Elemental》による擬似《Time Walk》効果がもたらす影響は絶大で、これが《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》とのコンビネーションでロックを決めるという「ピクルス」コンボは、現代によみがえった《停滞/Stasis》ともいうべき決定力を誇っているからだ。

名手Helmutは当然このことを熟知しており、藤田が決して7マナ域にたどりつかないようにマナを攻めた。《なだれ乗り/Avalanche Riders》で《砂漠/Desert》を壊し、《ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss》でさらなる《砂漠/Desert》を壊す。

Helmutは膨大なマナを手に入れており、土地破壊呪文をプレイしつつ、ダメージソースの調達にも余念が無かった。《幽体の魔力/Spectral Force》、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》といったスーパーヘビー級フィニッシャーを連続展開し、かなり大味ながらもクロックパーミッション然としたゲームメイクを狙っていったのである。

しかしながら、《テフェリー》がにらみを聞かせる中で《ボガーダンのヘルカイト》を召喚したHelmutは瞬間的にタップアウトを余儀なくされてしまい、そこを藤田は見逃さなかった。

藤田は《応じ返し/Snapback》でドラゴンをバウンスした上でアンタップステップを迎え、「待機」していた《祖先の幻視》によってもたらされた追加のドローで7枚目の土地にアクセスし、変異クリーチャーをフェイスアップすることになった。

藤田-2, Summersberger-0

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る