Round 4: 藤田剛史 vs. 森雅也

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 松井 健治

Bye の貯金も解ける第 4 ラウンド。
勿論有名プレイヤーも全員ここから参加となるわけだが、今回のフィーチャリングマッチはかなりの豪華さである。

今、記事を取っている私の後ろには、石田格 vs 藤田憲一の試合。
そして私の目の前では藤田剛史と森雅也が対峙している。
「こんなんハメやん!誰か仕組んだやろ!!」
と口ではこの組み合わせを嘆きながらも、これから始まろうとしている試合でワクワクしているのだろうか、藤田の顔は笑っている様に見える。

Game 1

先攻の藤田は 2 ターン目に Utopia Tree を呼び、軽快な動きを見せようとするが、 3 ターン目に 3 枚目の土地が出てこない。
Kavu Titan 、 Thornscape Battlemage と並べるしか今の事出来ない状況にある様だ。
対する森はマナを順調に揃え、Sunscape Familiar を出し後はドメインカードを引くだけと言う所まで行ったようだ。

もう 1 枚 Utopia Tree を場に重ねた藤田はその後に Lay of the Land を引きマナを安定させてゆき、Thornscape Battlemage (赤キック)、 Thunderscape Battlemage (黒キック)と攻めていくが、 Dromer's Charm 、 Fact or Fiction と軽くかわす、森。

そろそろ土地が並びきった森は並んだクリーチャー陣を前にして、しっかり手札をカウンターで構えつつ、Collective Restraint をキャスト。
ドメインといえばこのカードといった感じで、当然警戒していた藤田は、先ほどの Fact で Evasive Action を渡しているが、Thunderscape Battlemage を緑キックでキャストし、これをカウンターされる。
そこまでは 2 人ともの計算の中にあった出来事なのだが、森にはもう 1 枚の未来あるカードを手にしていた。
これもまたドメインといえば必ず入っているであろうカード、Allied Strategy である。基本地形 5 種類を操り、対戦相手を絡めとって勝つこのデッキの強固な壁を作り上げる要素の一つである Allied Strategy 。

森がこれをキャストした時点で Mountain は場に出ていなかったので 4 枚ドローに落ち着いたが、この 4 枚の中に更なる Strategy と、待望の Mountain が眠っていた。
次のターンの藤田の行動は先ほどと同じ Thunderscape Battlemageの赤キックを、同じくEvasive Action で返す。
そして Mountain をセットしてから 2 度目の Strategy を森がキャストすると、
「きっつー . . . 」
と苦虫を噛み潰したような表情でつぶやく藤田。

クリーチャーデッキをプレイしている人間が、目の前に Restraint を張られ、Strategy を 2 度撃たれ、やる気も萎えるところではあるが、ここは踏ん張りどころと藤田は Shivan Wurm をキャスト。
これを通すと、藤田の場にいる Thunderscape Battlemage が手札に帰ってしまうので、これを森は Dromer's Charm で妨害。
そして、最後には Legacy Weapon を配備し、これで終ったかと思った周りをよそに、藤田がもう一度 Shivan Wurm をキャスト。
これが通り、ゲーティングした Thunderscape Battlemage が Restraint を破壊。
力の行き場を失っていた藤田のクリーチャーが一気に襲い掛かるが、場に出ている殆どは 2 / 2 級のクリーチャーばかりなので、Sunscape Familiar にも止められ、大きくダメージを通す事も出来ない。
だがまだまだ森の手札は多い。
何時また Restraint を張られ、場がひっくり返ってしまうかも知れない状況で森の手札には土地ばかり。
Legacy Weapon で Shivan Wurm を除去したり、何とか耐えようとするが、藤田はこのまま押し切る為に Crept Angel をキャストし、先ほどカウンターされた Thunderscape Battlemage を拾いあげ、そのまま場にキャスト。
ここで森が耐えるには Restraint を引き当てるしかない。
そして最後のドローにかけるが、既に墓地に 2 枚もあるカードを引き当てるのはそう簡単なことではなかった。

藤田 1 - 0 森

Game 2

先攻の森は Firest 、 Plains から Fertile Ground 、後手の藤田も Shivan Oasis 、 Forest から Thornscape Familiar と、お互い軽快な立ち上がり。
後に Kavu Titan を並べた藤田は Thornscape Familiar と一緒にビートダウンを開始する。
Fact or Fiction でアドバンテージを稼ぎつつ、森がサイドボードから用意した Thornscape Battlemage が藤田の Thornscape Familiar を撃つ。
ここでマナの 1 つしか立っていない森に対して返すターン、藤田は Blasing Specter で攻撃。
一度通りだした Specter は見る見るうちに森の手札を裸にしていくが、それでも Fact を打ち続け、最後まで手札にある大切なカード守り続けるが、場をひっくり返すようなカードは無い。
藤田の続けて召喚するクリーチャーを Evasive Action でカウンターしつづけ、最後の 1 発と言ったところまで迫ったところで森は Allied Strategy を引き当てる。
必死にマナを計算して Strategy をキャストし、必死マナ計算を始める森。
2分ほどいろいろ計算した後に、
(964.jpg)
「マナがたりーん!」
と、その手札には 2 枚の Restraint と Sunscape Familiar があり、後もう 1 マナあったら森は逆転していた。

Win 藤田 2 - 0 森

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る