Round 4 Draft: 岡本 尋

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 藤枝 勇

開始前には「 5 色になれば勝率 8 割」と語っていた岡本。フィフスドーン入りの今回のドラフトは色が増えれば増えるほど勝率が増えると心強いコメントだ。

初手はとても緑が濃いパックから《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》をピック、上手から流れてきた《水晶の破片/Crystal Shard》で非常に噛み合う結果に。
そこから《拘引/Arrest》《発展のタリスマン/Talisman of Progress》と順調に多色化しながら強力なカードをピックしていき、ミラディンでのピックは非常にこの5cG路線という意味では素晴らしいものとなった。

続いてダークスティールを空けると、そこには遂に禁止になってしまった《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が。他にはたいした候補も無いために喜んでこれをピックした。
その後はミラディンで取れなかったアーティファクト除去を足すために《残響する破滅/Echoing Ruin》、《鋳潰し/Unforge》と赤をピック。更に遅い順目で《残響する衰微/Echoing Decay》を取って本当に 5 色のカードが入ったデッキの基礎が出来た。
だが、ダークスティールで 4 体もの《薄黒爪のコウモリ/Grimclaw Bats》など黒いパーツを完全にスルーする事になり、それが上の亀井に完全吸収されて強力なデッキが一つ出来てしまうことになる。

5 色デッキの基礎は出来た岡本。5cG路線では肝心要のフィフスドーンだったが《空に届くマンタ/Skyreach Manta》や《黒の夜明けの運び手/Bringer of the Black Dawn》等の烈日シリーズが全く流れてこない不本意な流れで本来の 5 色デッキに入れたかったカードが取れなかった。

デッキの感想を聞くと「多分デッキ自体は回るだろうが、ダークスティールでもっと除去が取りたかった」との事。

国内では本来の実力が出せないことを悩みの種としている岡本だが、一応は予定通りの多色路線をすすめたわけで、ぜひとも頑張って欲しいものである。

Jin Okamoto

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る