Round 4 : Willy Edel(ブラジル) vs. Ervin Tormos(アメリカ)

更新日 Event Coverage on 2007年 4月 20日

By Yukio Kozakai

ウィリー・エデル

PTジュネーブで、共にトップ8フィニッシュを果たした2人が、横浜の地で再び戦いの火花を散らす。

Willy Edel(ウィリー・エデル/ブラジル)は、2007年PTジュネーブ7位、2006年PT神戸準優勝、同チャールストン準優勝と、勝ちに勝ちまくっている。PT神戸での活躍を覚えている方も多いのではないだろうか。そのEdel、世界選手権をノーカウントとするならば、現在3大会連続でプロツアーサンデーを継続中と、今最も勢いのあるプレイヤーの1人である。

特に最近は、「英語を母国語としない、例えば日本語やポルトガル語を話すプレイヤーが強い」という図式が成り立っており、日本勢はもとより、ポルトガル語圏である南米のEdelらのブラジル勢や、Tiago Chan(ティアゴ・チャン/ポルトガル)などのプレイヤーが、今のプロマジックシーンを牽引している。

リミテッド・プロツアーでその実力を遺憾なく発揮したEdelは、構築戦でもその地位を確固たるものにしようというところか。彼が選択したのは白ウィニー。この限定構築環境の中心とされている王道デッキである。

対するは、今年のPTジュネーブで「ライジングスター」となったErvin Tormos(アーヴィン・トーマス/アメリカ)だ。Edelと共に、今年の開幕戦であるPTジュネーブでトップ8フィニッシュと好調な滑り出しを見せた彼は、ここまで、横浜でも総合力のあるところを見せている。デッキは、Edelの白ウィニーに対してアンチテーゼを誇る青黒+赤コントロールだ。

PTジュネーブ決勝ラウンドでの直接対決は無かったので、「因縁の対決」というコンセプトは発生しないのだが、共通のエピソードがあることでフィーチャーエリアへと招かれた2人のゲームに注目してみよう。

Game 1

Edelは、限定構築版白ウィニーの定番である《トロウケアの影/Shade of Trokair》待機からスタート。続いて、《聖なる後光の騎士/Knight of the Holy Nimbus》《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》と次々展開。一方のTormosも《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》待機で応えるが、序盤の展開はやはり白が圧倒的である。

《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が明け、《聖なる後光の騎士》をバウンスするものの、《トロウケアの影》の待機明けにたまらず《取り消し/Cancel》した返しに現れたのは、《カルシダーム/Calciderm》。

美しいマナカーブを展開して脅威を展開し続けたEdelは、何も出来ないTormos相手に早々と1ゲーム先取して見せた。

Edel -1 Tormos -0

Game 2

アーウィン・トーモス

Tormosはマリガンスタートとなってしまうが、Edelも《トロウケアの影》を待機するのみで2ターン目にクリーチャーの召喚は無し。《聖なる後光の騎士》がプレイされたのはその次のターン。ちょっと噛み合ってない。

ややスピードに欠けるEdelの展開を見るにつけ、クロックの弱いうちにとTormosは変異をプレイ。《溶鉄の金屑場/Molten Slagheap》にカウンターを貯めつつ盤面を見据えるが、Edelの次のアクションは《グリフィンの導き/Griffin Guide》を《聖なる後光の騎士》にエンチャントするというもの。同時に《トロウケアの影》の待機も明けており、4ターン目にして突如6点(以上)のクロックがTormosを襲う。

Tormosにとっての誤算は、《グリフィンの導き》だった。

変異の正体は《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》。そして、続くターンにプレイされたのは《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》。+2/-2修正を加えることで、《カルシダーム》以外に対処するつもりだったのだが、このプランは大きく傾いた上に、パワーアップした《聖なる後光の騎士》に空撃されるという二重苦に陥ってしまった。さらに、Edelの場にはその《カルシダーム》が登場し、絶体絶命。

だが、《硫黄の精霊》で落としたタフネスは《絞殺の煤/Strangling Soot》の灰燼を《聖なる後光の騎士》に届かせ、《ヴェズーヴァの多相の戦士》で《カルシダーム》を相打ちに取る。盤上にはTormosの《硫黄の精霊》のみが残り、形勢逆転かと思われた。

……が、Tormosはそうは思っていなかったようだ。

Tormos 「2ターン目にクリーチャーが出なかったのは、《セラの報復者/Serra Avenger》を引いていたからだろう?」

Edel 「ハハハ、その通りだよ」

と、Edelは《セラの報復者》を手札から公開し、後続としてフィールドへ送った。Tormosは《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》をプレイして一時的にこれを退け、続くターンに今度は2枚同時に《セラの報復者》をプレイしてきたEdelに対しては《稲妻の斧/Lightning Axe》で1体を除去する。

ところが、もう1体は相打ちでしのごうと思った瞬間に、Edelから放たれたのは《太陽の槍/Sunlance》。Tormosはブロッカーを失い、これで勝負あった。

終始Tormosを圧倒し、わずか20分少々でマッチに決着をつけたEdel。「4連続」へ向けて、まだまだ序盤戦ながら快調に歩を進めている。

Edel -2 Tormos -0

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る