Round 5: 中村 修平(大阪) vs. Tom van de Logt(オランダ)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Daisuke Kawasaki

Tom van de logt

さて、さすがはプロツアーというわけで、やはり会場中には有名プレイヤーたちがごろごろしている。今回フィーチャーされたTom Van de Logt(オランダ)もそのひとりで、01年に、キーカードである《虚空/Void》がタイムシフトしてきたことでも懐かしい「マシーンヘッド」によって、世界選手権を制している世界チャンピオンのひとりである。

対するは、おなじみ「スノーマスター」中村 修平(大阪)である。もはや、Coldsnapのリミテッドシーズンも過ぎ、旬を逃した感もある「スノーマスター」の二つ名だが、これからは、中村が調子のよい冬に突入する。まずは小手調べにGPアテナに遠征、9位という成績を引っさげて帰ってきた。

そして、アテネのお土産は、プロポイントと賞金だけではなかった。

神戸に遠征してくる「ヨーロッパのプロ」達が、中村と揃って来邦し、中村宅にて日夜ドラフトを行っていたというのである。そこで行なわれていた練習の濃さといったら、筆者には想像もつかない。

そんな濃い練習を費やしてきた中村ではあるが、本日はすでに2敗と崖っぷち。

二日目へのキーとなるデックの出来は?

中村 「いや、ほんとやばいっすわ」

と、苦い顔。

「スノーマスター」の裏の顔は「ブラフマスター」。

中村の苦い顔ほど信じられないものもない。

Game 1

先手は中村。

土地が6枚という手札をマリガンし、今度は多少重く、土地が2枚という難点はあるものの、マリガン後としては十分な手札をキープ。

ファーストアクションは、Tomの《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》。この環境で2ターン目に見ることが最も多いクリーチャーの一体だ。

きちんと《平地/Plains》2枚を引き込んだ中村は《アイケイシアの触れ役/Icatian Crier》《騎兵戦の達人/Cavalry Master》と順当に盤面を構築していく。

この《騎兵戦の達人/Cavalry Master》には《時間の孤立/Temporal Isolation》がつけられ戦線離脱となったが、土地が3枚で止まったTomに中村は《天界の十字軍/Celestial Crusader》で攻め手を休めない。

というのも、Tomは、土地が止まっているものの、《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》と順調に待機を繰り返しており、中村が優位を保てる時間にも制限がかかっているからだ。

中村は2枚目の《天界の十字軍》で更なるプレッシャーをかけていく。

しかし、Tomのデックは青白である。《天界の十字軍》が利するのは中村だけではない。目下、目の上のたんこぶであった待機中の《遍歴のカゲロウ獣》は《永遠からの引き抜き/Pull from Eternity》で、待機中のまま大気中の陽炎とするも、《アヴナントの癒し手/D'Avenant Healer》《城の猛禽/Castle Raptors》と守りを固められ、少々苦い顔。中村といえば、苦い顔。

そして、土地もつまり、更に苦い顔。

だが、逆境でこそ真価を発揮するのが中村でもある。

《アイケイシアの触れ役》の能力を繰り返し起動し、まずは、4体のトークンで、そして全軍突撃を。

《アイケイシアの触れ役》のコストで捨てられた《悲哀の化身/Avatar of Woe》をみて、今度はTomが苦い顔。

中村 1-0 Tom

中村 修平

Game 2

今度は、Tomの先攻。白マナの供給に不安を残すものの、2体の《天界の十字軍/Celestial Crusader》によるヴィジョンが見えるハンドをキープ。

1ターン目はお互いに、《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》《肥満死体/Corpulent Corpse》と仲良く待機。

そして、3ターン目もまた、変異と《コーの先導/Outrider en-Kor》と、これまた仲良く2/2キャストという展開。

しかし、先に均衡を破ったのは、Tomの《グリフィンの導き/Griffin Guide》。これと、待機中のクリーチャーの時間カウンターの数の関係で、中村はかなり不利な状況に追い込まれる。

しかし、やはりここでもしっかり《平地/Plains》をひいている中村は、《騎兵戦の達人/Cavalry Master》をキャストし、《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》と相打ちさせる。

Tomが追加してきた《コーの先導/Outrider en-Kor》のアタック後に《天界の十字軍/Celestial Crusader》キャストと、なんとか五分に近いダメージレースに持ち込もうと奮戦する中村だが、Tomの《ジェディットの竜騎兵/Jedit's Dragoons》キャストによって、22:8と大きくライフで水をあけられる。中村は待機のとけた《肥満死体/Corpulent Corpse》でアタックしライフを19に削る。

そして、アタックしてきたTomの《グリフィンの導き/Griffin Guide》付きの変異を、瞬速で呼び出した1体を含む、2体の《天界の十字軍/Celestial Crusader》でブロックし、目下の脅威を取り除こうと試みる。

しかし、この変異がなんと《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger》。

この《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger》はTomの場の《コーの先導/Outrider en-Kor》をコピーした。その能力は、Tomのクロックを維持するだけでなく、中村に絶望を与えたのであった。

中村 1-1 Tom

Game 3

中村 修平とTom van de Logt

先手は中村。今度は、お互い仲良くマリガン。

Tomの1ターン目《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》、2ターン目《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》と順調に見えた出鼻を《永遠からの引き抜き/Pull from Eternity》で中村がくじくところからスタート。

こうして、Tomの動きを鈍らせたところで《監視スリヴァー/Watcher Sliver》《城の猛禽/Castle Raptors》《天界の十字軍/Celestial Crusader》、そして、Tomの場の《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》には《留置呪文/Detainment Spell》と手札を使いきって一気に畳み掛ける。

一方のTomも、変異をキャスト。さらに《コーの先導/Outrider en-Kor》を場に送り出し、なんとか防衛線を築くべく尽力する。

しかし、中村のライブラリートップは《コーの先導/Outrider en-Kor》。これによって更に膨れ上がった軍勢をTomは凌ぎきる事が出来なかった。

中村 2-1 Tom

めずらしく、本当にきつそうなデックの中村。

中村 「いや、最初は赤白だったんですけどねー…」

という中村。しかし、2マナ域が圧倒的に薄い。

中村 「2パック目で《悲哀の化身/Avatar of Woe》が出てきて…1stドラフトでは引いたのに使えなかったんでつい…」

中村ほどのドラフト巧者であっても、誘惑には勝てないのか。

中村 「3パック目で初手に《アムローの偵察兵/Amrou Scout》がいて、やっと2マナ域がと思ったらその横に…」

と、中村が苦い顔で示したカードは《センギアの吸血魔/Sengir Nosferatu》。

最近、流行と評判の、「タッチダブルシンボル」。
シンボルだけでなく、中村に勝ち星も2つ与えてくれると良いのだが…

Shuuhei Nakamura

Download Arena Decklist

Tom van de Logt

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Temporal Eddy
インスタント (1)
1 Careful Consideration
アーティファクト (1)
1 Chromatic Star
エンチャント (5)
2 Griffin Guide 1 Pentarch Ward 2 Temporal Isolation
土地 (18)
8 Island 9 Plains 1 Désert
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る