Round 6: 浅原 晃(神奈川) vs. Jack Louis Stanton(アメリカ)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Daisuke Kawasaki

浅原 vs. Stanton

さて、このPT神戸、本日このラウンドの終了後、ドラフトとマッチが1回ずつ残っているという長丁場であり、プレイヤーにとって非常に大変なスケジュールなのであるが、しかし、実際に大変な思いをするプレイヤーは実はほんの一握りである。

何のことかわからないと思うので簡単に説明すると、この後に行なわれるドラフトは「二日目の第一ドラフト」なのである。つまり、このラウンド終了後の成績で、足切りがきまる。足切りのラインは2敗。

そして、この最終ラウンドで、崖っぷちの2敗対決としてフィーチャリングされたのが、ご存知浅原 晃である。

森 勝洋曰く、「この環境で一番強い、勝ったことない」という浅原ではあるが、今回は不調な様子。というか、最近はプロツアーでは常に不調だという。

浅原は、4回戦終了時ですでに2勝2敗と崖っぷちに追い込まれたものの、持ち前のスロースターターっぷりを発揮しはじめたのか、何とかRound 5を勝利。このまま勢いに乗って、久々の2日目進出を決めたいところ。

浅原 「大会前に亀戸でレバ刺しと野菜スープ食べて調整してきましたから」

と、「人狼調整」ならぬ「ホルモン調整」を明かす浅原ではあるものの、デックも「かみ合わないと厳しい」と不安さを隠さない。

そんな浅原の使用するデックは、青黒赤という浅原の得意カラーに、《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》で《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》などのCIP生物や、《水深の予見者/Fathom Seer》を使いまわすシステムを組み込んだシステマティックなもの。

対する、Jack L Stantonのデックもシステム系のデックである。こちらは、赤黒で、《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》や《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》などのいわゆる共鳴者によって、デックに多く含まれる黒のマッドネススペルを最大限に活かすシステムが組み込まれている。

赤黒青系のデックとしてはメジャーなシステム対決となったこの対戦。

対戦相手の机の上を見ると、何故か乳牛のフィギュアが。

浅原といえば、ラッキーアイテムが豆乳である事でおなじみだが、この対戦はシステム対決と同時に、豆乳と牛乳、畑の肉とリアルに肉の代理戦争なのか。

ホルモン調整で牛肉を食べた浅原が、その勢いで対戦相手を食らう事ができるか。

Game 1

浅原 晃

先攻は浅原。

土地は2枚だが、待機などで序盤から動けるであろう手札をキープ。Stantonはマリガン。若干土地は多めなものの、除去中心の手札をキープ。

予定通りに1ターン目に《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》待機からスタートし、不安要素の3枚目の土地もクリアーして、3ターン目には変異をキャスト。一方の対戦相手のファーストアクションは、3ターン目の《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》。マッドネス系のデックのキーとなるクリーチャーだ。

4ターン目に土地を引けなかった浅原だが、3ターン目にキャストしていた変異が浅原お気に入りの《水深の予見者/Fathom Seer》。3マナ出して、《島/Island》をコストに表がえって2枚ドロー。その戻した土地をセットして、4マナを確保して《石炭焚き/Coal Stoker》。でてきたマナで《オークの連続砲撃/Orcish Cannonade》をキャストし、《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》を除去するというトリッキーな動き。

引いたカードの中には、十分に土地もあり、待機の終了した《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》ともどもビートダウンを開始する。ここで、《石炭焚き/Coal Stoker》は《暗殺/Assassinate》で対処されてしまうが、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》の待機、《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》キャストと、強力なコンボエンジンの発動の準備を淡々と進める。

手札は除去に恵まれたStantonではあったが、《堕落の触手/Tendrils of Corruption》《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》とキャストし、目先の《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》、そして追加された《嵐雲のジン/Stormcloud Djinn》に対処するので精一杯である。

浅原の場の《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》《水深の予見者/Fathom Seer》《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》に対して、《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》とかなり不利な場の状況。

しかし、浅原は優位に甘んじない。ダイヤモンドは砕けない。

《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》をキャストし、これを《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》の能力で手札に戻す。《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》の能力は墓地に限らず、場を離れた時に誘発するため、Stantonの場は一掃される。

《冥界への呼び声/Call to the Netherworld》で《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》を回収し、2体目の《アーボーグの吸魂魔道士/Urborg Syphon-Mage》をキャストしてなんとか場を立て直そうと尽力するStantonであったが、先にシステムを完成させたのは浅原である。

援軍の《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》は《ゴルゴンの世捨て/Gorgon Recluse》で対処したものの、注意深く《トレイリアの歩哨/Tolarian Sentinel》を守りながら戦う浅原に、効果的なタイミングで《ベラドンナの暗殺者/Nightshade Assassin》をキャストする事ができなかった。

浅原 1-0 Stanton

Game 2

Jack Louis Stanton

先手はStanton。

浅原の2ターン目の《コー追われの物あさり/Looter il-Kor》をそのエンドに《虚弱/Feebleness》で除去し、Stantonはシステムの軸である《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》をキャスト。浅原も《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》を待機というのが序盤の攻防。

4ターン目、ランドのセットだけでターンを返したStantonは、浅原のドロー後に《病的な出来事/Psychotic Episode》をマッドネスで。これにより、浅原の《入念な考慮/Careful Consideration》はライブラリーの下に送られてしまう。

だが、これはStantonの明確なプレイングミスであった。ボードがほぼ平らな状況であり、手札破壊の分、展開を遅らせているStantonには他に捨てるべきカードがあった。《石炭焚き/Coal Stoker》である。

浅原はここで《石炭焚き/Coal Stoker》から変異という流れで場の優位をひっくり返す。Stantonも《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》に《堕ちたる理想/Fallen Ideal》をエンチャントしつつ《肥満死体/Corpulent Corpse》を待機し、《石炭焚き/Coal Stoker》には《暗殺/Assassinate》と、なんとか場の均衡を保とうとするのだが、浅原の場には《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》が追加され、待機を終了した《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》が《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》を場から手札へと追いたてる。

ふたたびキャストされた《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec》に対して、《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》がキャストされると、Stantonは浅原へと手を延ばした。

浅原 2-0 Stanton

対戦終了後に浅原が語る。

浅原 「いや、牛乳も大好きですよ」

そういえば、浅原のもうひとつの好物は裂けるチーズであった。

しかし、そんなことを言いながらも、浅原の手に握られるのは豆乳の緑のパック。

Jack Stanton

Download Arena Decklist
アーティファクト (1)
1 Gauntlet of Power
エンチャント (2)
1 Fallen Ideal 1 Feebleness
土地 (16)
13 Swamp 2 Mountain 1 Désert
40 カード

Akira Asahara

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る