Round 6: 黒田正城 vs. 星野裕亮

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 林智加良

関西屈指のプレイヤーとしては勿論、デッキビルダーとしてもその名を轟かす
黒田と DCI センターの常連であり、森雅也や平林和哉とマネードラフトを連日の様にこなしている星野との組み合わせ。デアリガズカラーの Void を使う星野は青緑赤の黒田に対して、そのキーカードである Void をどこまで引けるかが勝負のポイントとなるだろう。

Game 1

御互いのデッキが 2 ナマから動き出すウィニーなだけあって、序盤から激しいクリーチャー戦が展開されたものだった。火力や 187 クリーチャーの激しい攻めぎ合いが続くが、じきに Mongoose と Crypt Angel が睨み合う状況になる。御互い今引きゲームとなり Fact or Fiction などのライブラリー操作がある黒田が有利かと思われたが、その時すでに星野のハンドには 1 枚の Ghitu Fire があったのだ。そして 2 枚目の Ghitu Fire を引き当てた星野はメインでキャストするのだが返しのターン、黒田は土地を引き当ててキッカーレイジを打ち逆転勝利を収めたのだった。

黒田 1-0 星野

Game 2

1 戦目と同じ様な展開。ただこのゲームに関しては赤バトルメイジの黒キッカー能力が勝負を決めたと言っても過言ではないだろう。星野がキャストした赤バトルメイジが通りつづけてしまった黒田は非常に苦しいところ。それでも駄目押しのキッカーバトルメイジを出されて火力をクリーチャーに打つか本体に打つかの選択で悩んだ末、本体に打ち星野のライフを 1 まで追い込む。しかし火力の引けなかった黒田は 2 本目を落としたのだった。

黒田 1-1 星野

Game 3

黒田が Gaeas skyfolk をサモンした返しで星野は Shivan Zombie といった展開。御互い 2 マナクリーチャーが殴り合いを続けるが、黒田は土地が引けず如何ともし難い状況。対する星野は順調にマナを揃えて展開しそのまま黒田を押し切ったのだった。

黒田 1-2 星野

黒田Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る