Round 7: 藤田憲一 vs. 池田剛

更新日 Event Coverage on 2015年 9月 2日

By 松井 健治

by 松井 健治

5 勝 1 負ラインで当たる「組長」こと藤田憲一対、「九州の雄」池田剛の対決。
この 2 人はチーム戦などでチームを組んだ事もあり、仲は非常によく、試合開始前も談笑をしている。
だが安心して 2 日目に残ろうと思うなら 7 - 1 - 1 のラインはキープしたいところであり、負ける事の出来ない 1 戦であろう。
友人であろうが勝負は勝負。
マジックは結果こそが全てである。

Game 1

池田の先手でゲームは始まるが、複雑な表情の池田。
それでもその疑問の手札をキープ。
疑問の答えは 1 枚の Shivan Reef と、 1 枚の Opt 。
今日の池田はこの手札で発進して負けた経験があり、この手札で行くことに躊躇したのだが、やはり今回も裏目に出たようだ。
池田の土地が止まっている間に Kavu Titan 、 Blurred Mongoose と並べ、 Kavu Titan こそ後に引いてきた土地から Urza's Rage をくらったものの、最後まで Mongoose を除去出来ずに池田は敗れた。

藤田 1 - 0 池田

Game 2

池田、先手の 2 ターン目の Addle で緑を宣言するが、藤田の手札は真っ青。
それも Gainsay や Disrupt などの青に利くカードが満載の手札を確認できたのは良い事なのか、悪い事なのか。
互いに順調に土地を並べあったところで、 4 ターン目に藤田が Island を 2 枚立てて、Mongoose をキャスト。
カウンターする事も、除去する事も出来ないこの生物をどうにも出来ない池田は淡々と土地を並べていく。
Mongoose に 1 発殴られたところで池田は Mongoose に対処する手段をゲット。
Plague Spitter である。
一度は Repulse でお茶を濁したりした藤田ではあるが、なんとか池田はこの Monggose
を除去することに成功するが、池田のマナの無いところに藤田は Prophetic Bolt を打ち込む。
その 4 枚の中には、なんと Meteor Storm が!

meteor storm

カウンターバーンである池田にとってはカウンター以外でしか対処できない上に、Recoil も、流石に藤田のデッキにはサイドアウトしていたのを確認している。

ここで Meteor Storm を手に入れた藤田は手札にある Gainsay 達と相談しながら、Meteor Storm をキャストする瞬間を狙いながら、池田のエンドに Prophetic Bolt で揺さぶりをかけていく、これを池田は Undermine でカウンターしたところから、藤田の Meteor Storm が一気に勝ちへの道を大きくしていく。

池田のマナは 3 つ立っているが、青マナは一つしかない為、 Meteor Storm は確実に通る。
この時点での藤田の手札には 3 枚の Gainsay と、 1 枚の Disrupt が . . .

池田も諦めるわけには行かないので、 Void や Plague Spitter で抵抗するが、悪の元凶がどうにも出来ない以上、勝負の行方は明白であった。

Win 藤田 2 - 0 池田

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る