Round 8 : 斎藤 友晴(東京) vs. Mark Herberholz(アメリカ)

更新日 Event Coverage on 2006年 10月 20日

By Yukio Kozakai

Herberholz vs. 斉藤

2日目の開幕は、今年度のプロツアーチャンプ同士の対戦で迎えた。PTホノルルでのスタンダード、PTチャールストンでのチームブロック構築、ジャンルは違うが、両者とも今シーズンは構築戦で結果を残してきた。つまり、このPT神戸では自らの総合力を示す場となるはずだ。

その点で言えば、GPシドニーでトップ8入賞を果たした齋藤は、自身が公言している通り、このタイムスパイラルという環境にかなりの手ごたえを感じ、なおかつ結果にも現れている。コールドスナップの頃の中村 修平(大阪)のパフォーマンスを思い出して欲しい。タイムスパイラルへと時代は移り、今度は齋藤がその圧倒的なまでの存在感を示し始めているのでないだろうか。

事実、第3ドラフトにおいても別項の記事で紹介しているが、かなり強力な青緑をドラフトしている。Herberholzもまた、《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》入りの青赤ビートをドラフトしており、斉藤にとってはサイズとスピードが火力を上回れるかがキーとなる。

齋藤 「でも、第1・第2ドラフトの方がデッキ強かったんですよね」

どことなく、デッキ寸評も中村じみてきたと感じるのは、筆者だけではないと思うのだが……?

参照記事:The 6-0 Drafters

Game 1

《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》待機から《トゲ尾の仔ドレイク/Spiketail Drakeling》と、かなり理想に近い立ち上がりの齋藤。

Herberholzも《鉄爪のノスリ乗り/Ironclaw Buzzardiers》から《巻物の大魔術師》《流動石の媒介者/Flowstone Channeler》連打で応え、斉藤が《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が解けるや《流動石の媒介者》を戻し、《エピティアの賢者/Sage of Epityr》でまだ見えない《森/Forest》を必死に探す。

Herberholzは今度は手を変え、《玄武岩のガーゴイル/Basalt Gargoyle》プレイ。うるさい齋藤の飛行クリーチャー達に、足枷をはめ込む。ようやく《森》にたどり着いた斉藤はアタックには転じず、《獣群のナール/Herd Gnarr》を呼び込むに留まり、返しの《鉄爪のノスリ乗り》アタックを受けてマナが伸びるのをじっと待っている。

しかし、ここでHerberholzがフルタップで《流動石の媒介者》を再召喚。タフネスを伸ばせなくなった《玄武岩のガーゴイル》がそのまま斉藤のブロックに回り、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》と相打ちに。これで空路が開けたかに見えた斉藤だったが、《流動石の媒介者》と《巻物の大魔術師》のシナジーが強烈過ぎる。なにせ、タフネス3が生き残らない上に、無駄な手札も捨てられるのだから。

斉藤も、何とかHerberholzの手を遅らせつつ手札を増やして行こうと《拭い捨て/Wipe Away》を打ち込んで《トゲ尾の仔ドレイク》を対象とした《巻物の大魔術師》の起動をかわそうとするが、それもかなわず。能力起動と《オークの連続砲撃/Orcish Cannonade》で斉藤の場からは待機状態のクリーチャー以外は全滅し、《獣群の呼び声/Call of the Herd》で本体への避雷針とする以外の選択肢はなかった。

だが、この《オークの連続砲撃》がキーだった。

それまでに果敢に飛行クリーチャーで戦闘を行ってきた斉藤は、ここまででHerberholzのライフを3まで落とし込んでおり、待機状態の解けたクリーチャーこそが、タイムスパイラルリミテッド最強コモンの呼び声高い《遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeron》! もちろん、Herberholzも《稲妻の斧/Lightning Axe》で対応して見せたが、満を持しての《取り消し/Cancel》がそれを許しはしなかった。

《巻物の大魔術師》があれば行けるという判断だったのだろう。しかし、あの《玄武岩のガーゴイル》の戦闘が勝負を分けたか……

齋藤 1-0 Herberholz

斉藤 友晴

Game 2

《灰毛皮の熊/Ashcoat Bear》《獣群の呼び声》と、今度は緑のビートダウンを展開する齋藤。一方のHerberholzも《玄武岩のガーゴイル》から《稲妻の斧》で象トークン除去と一歩も引かず、高いレベルで場の均衡を作り出す。

その《玄武岩のガーゴイル》には《死せざる怒り/Undying Rage》をエンチャント。手札の枚数では圧倒的に齋藤有利だが、すでに何かのドラゴンへとサイズが変わったガーゴイルを超えるには至らず、最後は《オークの連続砲撃》が斉藤のライフを削りきった。

斉藤も充分な展開をしたにもかかわらず、6ターンキル成立である。

齋藤 1-1 Herberholz

Game 3

Mark Herberholz

第2ターンにして、早くもHerberholzの場には《巻物の大魔術師》が降臨した。青緑の斉藤にとってはこの上なく厄介なクリーチャーであり、ゲームの流れを決めかねない1枚。その流れを《放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer》プレイで変えて見せようとしたが、手札4枚の状態からHerberholzは思い切って《巻物の大魔術師》の能力を起動した。

こっそり2枚あった《鉄爪のノスリ乗り》が見事に命中し、斉藤は数少ない対抗手段を失う。しかし、そこから待機状態の解けた《ヴィセリッドの深み歩き/Viscerid Deepwalker》とプレイした《獣群の呼び声》のバックアップを得た《獣群のナール》が暴力的なサイズで攻撃を始め、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》が待機して控える状態。Herberholzの陣営はというと、どれもこれもサイズは小物で、やはり《巻物の大魔術師》の力で持ちこたえているという場だ。

それはまさに、刹那のタイミング。

《拭い捨て/Wipe Away》を《巻物の大魔術師》に打ち込み、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》の待機が解けると、Herberholzを支えていた全てのメッキが剥げ落ちていった。

齋藤 「チャールストンから、フィーチャーマッチ8連勝ですからね!」

その連勝が2桁に乗る頃には、きっと日曜日が見えているに違いない。

齋藤 2-1 Herberholz

Tomoharu Saito

Download Arena Decklist

Mark Herberholz

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る