Second Draft Coverage : 斎藤 友晴

更新日 Event Coverage on 2006年 8月 26日

By Yusuke Yoshikawa

斉藤 友晴

斎藤 友晴の、この日本選手権にかける意気込みは相当なものがある。

彼は、先のプロツアー・チャールストンにて、チーム「Kajiharu80」の一員としてプロツアー王者の仲間入りを果たした一人である。

もちろんこれは素晴らしいことだ。しかし、何かを成し遂げたからこそ、今度は自分として名を挙げたい、と思う気持ちが出てくるのもまた、自然なことである。チームメイトの鍛冶 友浩は昨年の世界選手権Top4に入っているし、八十岡 翔太は今や世界のPlayer of the Year戦線をリードする1人なのである。友だからこそ、負けたくないという気持ちは内心あるに違いない。

「日本代表を狙う」と言い切る彼は、初日を6勝1敗の好成績で折り返した。迎えた今日、1番ポッドにてコールドスナップに挑むことになる。
すでに、先のグランプリ広島で戦術は紹介されてきた感があるので、簡単なカードの解説を交えながら、今回はドラフトの流れを追ってみたいと思う。

■第1パック:コールドスナップ

初手 《オーランのバイパー/Ohran Viper
他の候補 《ロノムの大男/Ronom Hulk》《うねる炎/Surging Flame

強力レア vs. 環境を支配するコモン。

初手のご注文はどっち? という二択だったが、斎藤は《オーランのバイパー》を選択。
これについては、「強さとしてはどっちも同じくらい。ただ、《ロノムの大男》はコモンだし、(コストが)重いから後から流れてくる可能性もあるので、《オーランのバイパー》を取りました」という説明をしてくれた。

2手目 《ボリアルのケンタウルス/Boreal Centaur
他の候補 《レシュラックの伝令/Herald of Leshrac》《ロノムの口/Mouth of Ronom

《ロノムの大男》より上との評価をする人もいる、緑の優良コモンのひとつである。

3手目 《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart
他の候補 《冠雪の島/Snow-Covered Island》《キイェルドーのときの声/Kjeldoran War Cry

氷雪マナが出るカードは重要である。マナベースの安定が至上命題の環境で、どんな色でも出せるカードは重要である。つまり、このカードは重要であるということだ。

4手目 《死の印/Deathmark
他の候補 《ゾンビの犬ぞり乗り/Zombie Musher》《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》《凍結/Frozen Solid

色限定の除去ではあるが、その軽さと環境における除去の貴重さから、この順目で十分のカード。

5手目 《骨に染む凍え/Chill to the Bone
他の候補 《無残な収穫/Grim Harvest》《呼び声の鳴動/Sound the Call》《北方行/Into the North

この環境の基本除去のひとつ。肝心なときに役に立たないこともあるが、特に前述の《ロノムの大男》に対処できるのは大きい。

6手目 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
他の候補 《臆病なグール/Gutless Ghoul》《灰の殉教者/Martyr of Ashes》《霜網の蜘蛛/Frostweb Spider

7手目 《猿人の喧嘩屋/Simian Brawler
他の候補 《霧氷殻の死者/Rimebound Dead》《ボリアルのグリフィン/Boreal Griffin
この環境の基本サイズである4マナ3/3にプラスの能力までついた、緑ならではの優良クリーチャー。

8手目 《臆病なグール/Gutless Ghoul
他の候補 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
9手目 《臆病なグール/Gutless Ghoul
他の候補 《北方行/Into the North

3マナ2/2と最低限のサイズを持ちながら、ライフ・レースを格段に有利にしてくれる中堅クリーチャー。

10手目 《肉体の饗宴/Feast of Flesh
他の候補 《凍える影/Chilling Shade

地味ながら評価の高い1枚。効果はやや小さいが、デメリットもなく使いやすい。

11手目 《うねる狂気/Surging Dementia
他の候補 《蒸気吐き/Steam Spitter
12手目 《胞子の殉教者/Martyr of Spores
他の候補 《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble

下の清水の初手が《寸法変更/Resize》で、色が完全にかぶっているのが気がかりではある。それでも安定したピックといえよう。

■第2パック:コールドスナップ

Ronom Hulk

初手 《ロノムの大男/Ronom Hulk
他の候補 《オーロクスの獣群/Aurochs Herd》《うねる炎/Surging Flame

2手目 《うねる力/Surging Might
他の候補 《無残な収穫/Grim Harvest》《恐怖症の幻/Phobian Phantasm》《北方行/Into the North》《冠雪の森/Snow-Covered Forest

「『雪ドラフト』よりも、『うねる』系を集める方が好きなんです」と斎藤。
今回は第2パック2手目での1枚目となったが、機会があれば早めに何種類か取っておき、渡りをつけた上で「どれかが揃えば…」という状況をつくるのが良いという。

3手目 《肉体の饗宴/Feast of Flesh
他の候補 《呼び声の鳴動/Sound the Call》《猿人の喧嘩屋/Simian Brawler》《冠雪の森/Snow-Covered Forest

当然のことながら、2枚目からどんどん強さが増すので少し早めに取っていく。

4手目 《呼び声の鳴動/Sound the Call
他の候補 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》《難問のスフィンクス/Vexing Sphinx
5手目 《臆病なグール/Gutless Ghoul
他の候補 《うねる炎/Surging Flame》《レシュラックの伝令/Herald of Leshrac
6手目 《呼び声の鳴動/Sound the Call
他の候補 《うねる歩哨/Surging Sentinels

3マナ圏の基本クリーチャーを確保。《呼び声の鳴動/Sound the Call》は斎藤の言う「集める系」カードのひとつでもある。

7手目 《北方行/Into the North
他の候補 《霧氷風の特務魔道士/Rimewind Taskmage》《突風の漂い/Squall Drifter》《オークの血塗り/Orcish Bloodpainter
8手目 《クロヴの悪漢/Krovikan Scoundrel
他の候補 《霧氷殻の死者/Rimebound Dead
9手目 《冠雪の島/Snow-Covered Island
他の候補 《暗黒の深部/Dark Depths
10手目 《霜の猛禽/Frost Raptor
他の候補 《熱足ナメクジ/Thermopod
11手目 《クロヴの霧/Krovikan Mist
12手目 《霜の猛禽/Frost Raptor
13手目 《危険な研究/Perilous Research

青いカードがかなり遅い順目まで残っており、不穏な空気を感じさせる。
ドラフト終了後、「7手目にあった《霧氷風の特務魔道士/Rimewind Taskmage》を取ってそこから『雪ドラフト』に向かってもよかったかも」と斎藤。

■第3パック:コールドスナップ

初手 《ロノムの大男/Ronom Hulk
他の候補 《ボリアルのケンタウルス/Boreal Centaur
2手目 《うねる力/Surging Might
他の候補 《ゾンビの犬ぞり乗り/Zombie Musher》《冠雪の森/Snow-Covered Forest》《霜の猛禽/Frost Raptor
3手目 《ゾンビの犬ぞり乗り/Zombie Musher
他の候補 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》《北方行/Into the North
4手目 《カープルーザンの徘徊者/Karplusan Strider
他の候補 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》《臆病なグール/Gutless Ghoul
5手目 《うねる力/Surging Might
他の候補 《猿人の喧嘩屋/Simian Brawler》《霧氷角のオーロクス/Rimehorn Aurochs》6手目 《呼び声の鳴動/Sound the Call
他の候補 《霧氷殻の死者/Rimebound Dead》《胞子の殉教者/Martyr of Spores
7手目 《アロサウルス乗り/Allosaurus Rider
他の候補 《凍える影/Chilling Shade》《北方行/Into the North》《クロヴの悪漢/Krovikan Scoundrel
8手目 《呼び声の鳴動/Sound the Call
他の候補 《霜の猛禽/Frost Raptor
9手目 《凍える影/Chilling Shade
他の候補 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》《霧氷風の特務魔道士/Rimewind Taskmage
10手目 《霜の猛禽/Frost Raptor
他の候補 《凍える影/Chilling Shade》《霜網の蜘蛛/Frostweb Spider》《蒸気吐き/Steam Spitter
11手目 《凍結/Frozen Solid
12手目 《ロノムの一角獣/Ronom Unicorn

《霜の猛禽/Frost Raptor》などがかなり遅い順目で多く流れてきたことで、青になることも考えられたが、結局初志を貫徹して緑黒のデッキとなった。

しかし、いくつかの流したカードから斎藤が危惧したとおり、下家の清水も緑黒になっており、ここでカードを分け合ったことがどう出るか。

「それなりにまとまってはいるけど、3-0は難しいかも」と斎藤。また同時に、「(ソート的に)他の『うねる』がいっぱい出ていそうだし、強いデッキはとことん強く仕上がっていそう」との予想を示してくれた。

Tomoharu Saito

Download Arena Decklist

実際の成績は、紆余曲折ありながらの2勝1敗。このデッキでの「最低限の成績」を残した、といえる。カードの選択や方向性を含めて、この環境のドラフトの基本形がここにあると考えていいだろう。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る