Semifinal Feature Match Tsuyoshi Lucas Hager vs Tsuyoshi Fujita

更新日 Event Coverage

By 真木孝一郎

日本時初のベスト 8 、それどころかベスト 4 入りまではたしてしまった 藤田。 ここまできたら…これは全日本デュエリストの願いだろう。対するは準々決勝のステロイド対決を無傷で勝ち上がってきた Lucas。はたして今回も Turn 4 Mangoose 大行進が見れてしまうのであろうか。

Game 1

後手の Lucas、三枚の手札が全て山。あげくに初期 Damage Source が期待できない手札だ。Lucas はこれをマリガンする。

Turn 2 、藤田が Addle で緑を宣言する。二枚あるうちの片方を選択。返しで Lucas は残った Titan を Cast する。続く Turn 3 、Kick 払えるまで待ってられんと出てきた Thornscape Battlemage は Exclude によって撃墜。 だが、Titan が Damage を重ねていく。

Turn 4 、Lucas は引いてきた Raging Kavu を自分の Turn には Cast せず、相手のエンドに Cast。するとこれを藤田は Kick の Prohibit。アンタップしている土地は一枚のみという危険な状態になる。だが、ドローに恵まれない Lucas はせっかくのこのチャンスを活用できない。そう、既にこの時 Lucas の手札は土地ばかりだったのだ。

Turn 6 相手の手札に有効手段が無いと確信した 藤田 は、唯一の Damage Source である Titan を Recoil によって手札へと戻す。捨てられたのは勿論土地だ。そして、Addle で緑を指定し、戻した Titan を抜き去る。

だが、その返しに Lucas は待望の生物を引き当てる。 Kavu Runner である。藤田のライフをこれで 14 → 11 と削り取る。藤田は Urborg Shambler を召喚してこれを相打ちにとる。そして、ついに 次のターン Yaugmoth's Agenda を場に出すことに成功する。

墓地から誕生した最初の Shambler こそ Raging Kavu と相打ちになるが、その後 Fact or Fiction から Phyrexian Scuta を Kick で召喚する。この時点でのライフが Lucas 20 、藤田 8 。

Mangoose を引いた Lucas も頑張りをみせるが、カードアドバンテージの差をうめることは出来なかった。

Fujita 1 - 0

Game 2

Game 1 同様に Lucas は山三枚かつ展開の遅い初手をマリガンする。一方藤田は初手をキープ。

最初に出たクリーチャーは Turn 2 、後手の藤田側の Nightscape Familiar である。だが、手札の重い Lucas はこれを許さず即座に Rage を叩き込む。Mana 的優位を目指して再度藤田が Familiar を送りだすと今度は Thornscape Battlemage の Kick 能力でこれを破壊する。 そこへ奴が現れる。Scuta with Kick ! 今回ライフプレッシャーを全く受けていない藤田は余裕で Kick を払う。

次のドローを見た Lucas は慎重に状況を考察する。彼が引いたカード、それは Overabundance 。ステロイド側が藤田のような Deck に対して好んで使用する有力なサイドボードカードである。 Lucas はこれを張った後にライフを削りながら Kavu Runner を出す。藤田 17 Lucas 18 。

Scuta の攻撃により Lucas 18 → 13 。藤田は Nightscape Familiar を召喚し、ライフを 16 に減らす。次のターン、Lucas の二体の攻撃を藤田は共に本体に通す。Fujita 16 → 11 。ここで再び Lucas は長考に入る。手札には Ghitu Fire 。ライフを削りながら全力で叩き込めば相手の残りライフを 2 まで削ることが出来る。そうなれば藤田はもうほぼほとんどの Spell を使用不可能だ。 だが、仮にもし藤田が「あのカード」を持っていた場合…。 Lucas は勝負に出た。フルマナをタップし Fire を本体に Cast する。

undermine

Undermine! 藤田は Game 1 に続き Game 2 もものにする。

Fujita 2 - 0

Game 3

連敗した Lucas にはもう後が無い。 だが、どこまでも彼にはつきが無い。このゲームにおいてもマリガン地獄が彼を襲う。しかし、今回のマリガンは彼に幸運を運んだ。

Turn 2 、Turn 3 と連続して Mangoose をキャスト。この二匹が藤田のライフを削っていく。20 → 18 → 14 。この流れを止めるべく、藤田は Scutaを既に少ないライフを削ってKickで召喚する。14 → 11 。

そのFujitaに襲い掛かる二匹の Mangoose 、選択肢の無い藤田は片方を Block する。11 → 9 。勿論当然のように三点の Fire が Scuta へと飛ぶ。次ターンの Kavu Runner こそ Undermine したもののさらにライフを減らす藤田 。 9 → 7 。 だが、次ターンの Thornscape Battlemage に対するカウンターは既に底をつきていたのだった。 初めてデッキの能力を発揮した Lucas が一本取り返す。

Lucas 1 - 2

Game 4

Turn 2 、Turn 3 と連続して Ravenous Rats を召喚。これに対し Lucas は共に山を Discard する。 勿論この時点では手札が土地で溢れていたからだが、これが後に彼を苦しめる事になる。

Turn 2 に Thornscape Familiar を出した Lucas は Turn 3 、鼠に一点の Fire を打ち込みつつ Mangoose を召喚。藤田 20 → 18 。Turn 4 、Kick で Scuta を召喚し藤田は場を整える。 Fujita 18 → 15 。

次のターン、Lucas は攻撃を行わなかった。彼のこの時の手札は Urza's Rage x 3 ! 必死に Scuta を相打ちにとるよりも直接ライフを攻めた方が早いとの判断だろうか。 だが、それを感じたのかどうか藤田は Familiar を Recoil する。三枚の Rage 、Familiar を睨みながら悩んだ Lucas は Familiar をディスカードする。

これ以上捨てられてはたまらない。ブロックに立っている鼠を Rage で処理し、Scuta の立つ戦場に Mangoose が向かう。藤田は Scuta を守る為にこれを本体へ通す。 つまり、藤田には他に代返クリーチャーが現在手札にないのだ。 藤田 15 → 13 。返しの藤田は先に殴り殺すのは俺やと、Scuta で攻撃。Lucas 18 → 13 。ならばこちらもとエンドに Rage が藤田に飛ぶ。Fujita 13 → 10 。

次なる Lucas の Titan は Prohibit によって阻止される。Mangoose と Scuta は更なる一撃を加え合う。この時点で二人のライフは共に 8 。

鼠の呪いなのか、Lucas はいまだに土地を引けない。多少状況を整える必要があると判断し Mangoose で Scuta をブロックしたのち、 Rageを。 これに対し藤田は Repulse を。いまだ次なる生物を引けないのか、それとも手札の回転を望んだか。いや、おそらくその両方が狙いなのだろう。

overabundance

土地を引けず、他に有効な手段を見出せない Lucas は再びサイドボードに身をたくす事で血路を開こうと試みる。そう Overabundance だ。

一瞬顔をしかめた藤田はライフを 8 → 6 と削りながら、 Fact or Fiction に決定的打開策を求める。

[ Scuta 、Scuta ] [ 土地 、 土地 、 Recoil ]

そして藤田は後者を選択する。 実はこの時、藤田側には三枚の土地がアンタップしていた。Overabundance 前に二マナ出した上で解決後に二マナ出せばダメージを一点減らせている。藤田らしくないミスである。

藤田は次のターン、さらに二点のライフを削ってでもこの厄介な Enchantment を手札に返す。6 → 4 。そして Scuta を再び場に。勿論 Non Kick。

最早他に手段の残されていない Lucas は Flametongue Kavu を。 カウンター…はされない。Kick を払っていれば Scuta は死ななかった。カウンターがあっても Scuta は死ななかった。幸運なことに。だが、誰にとって本当に幸運だったのか、まだ Lucas は知らない。 返しのターン、藤田が Attack Phase を宣言した時 Lucas は全てを理解した。

spinal embrace

Spinal Embrace

Lucas がうめいた。そう、この呪文により、Lucas 8 Fujita 4 だったライフは Lucas 4 Fujta 6 と逆転する。

だが、Lucas も伊達や酔狂で Best 8 入りを果たしたわけでは無い。 見事 Kavu Runner を引き当て再び藤田のライフを 3 に減らす事に成功する。3 。Urza's Rage 、この時見てるもの全ての頭に浮かんだのはこのカードに違いない。 そして、そのカードが既に三枚使用されていることも。その一枚は鼠にむけて打たれたものだったことも。

Lucas が再び息を吐く。藤田が出した一枚の Enchantment を。そして、墓地にある一枚のカードを見てだ。 Yawgmoth's Agenda を出した藤田は力強くエンドを宣言する。

数ターンの後、Lucas をしとめたカードは…鼠だった。

Fujita 3 - Lucas 1

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る