Top 8 Profile:中野圭貴

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 森慶太

■ すかーじ

 「森田さんの分まで…頑張りたいです」

念願の初勝利。そしてはじめて受けるインタビュー。そんなときに中野が真っ先に口にしたのは、友の無念を思う一言だった。

彼の戦績は、初日スタンダードを青メタ「ステロイド」で5勝1敗、二日目のドラフトでは4勝1敗1分だ。そう、二日目の土壇場、第11回戦にIntentional Draw(合意による引き分け)した相手こそが森田雅彦であり、決勝ラウンドでの再会は果たせなかったのだった。

「すかーじ」という愛称で知られる大阪の秘蔵っ子は、「何はなくとも仲間あってのマジック」という強い思いを持っているプレイヤーである。だからこそ、善戦むなしく散っていった先輩や友人のためにも、日曜日は負けられないという使命感も強いようだ。

■ Adept

中野が今大会でプレイした青メタの「ステロイド」は、黒田正城原案・プレイテスト相手に藤田剛史と森田雅彦…というちょっとしたブランドものである。

デッキを使いこなすためのウデも、調整につきあってくれた仲間も、すべてがAdeptあってのものだった。これまで大した成績が残せていない中野だったが、素晴らしい時間を共有できるAdeptの仲間たちがいれば、それでよかった。結果の残せないマジックプレイヤーとしての自分に苦悩する日々も続いたが、このゲームを通じて知り合った仲間たちが、なによりの彼の宝物だった。

…それだけに、選手権間際に知らされたAdept閉店の報によるショックもまた大きかった。

■ It’s just time to say good bye…

 「やめるつもりでした」

森田や阿南をはじめ、中野と同じく「大阪の若手」とよばれていたプレイヤーたちは次々と結果を残していった。そんな中、中野圭貴にはレーティングによる日本選手権出場権さえなかった。しかし、それでも、「惰性で出場した」大阪予選大会で「何となく」権利をとれた中野は「東京旅行のツモリで」本戦への出場を決意した。そう、マジックプレイヤーとしてのケジメのイベントのハズだったのだ。

「ジャッジメントが出てからは、お恥ずかしながらほとんどまったく練習できていませんでした。金なくて(苦笑)」

拠り所をなくし、肝心の最新エキスパンションにはノータッチ。

そんな状態で参戦した中野は、勝ちたい…と強く思っていたにせよ、勝てるとはまったく思っていなかった。

さながら、最後のアジア選手権を迎えたときの岡本尋の心境であるかのように…

■ 運命の気まぐれ

 青メタがヒットし、中野圭貴の「ステロイド」は4勝1敗という申し分ないスタートをきった。しかし、そんな状況で迎えた初日最終戦に、彼は「ステロイド」に滅法強いチューニングの《激発/Violent Eruption》投入型のいわゆる「パッチステロ」とマッチアップされてしまう。そして、早々に一本目を落としてしまい、「やっぱりこんなもんだよな…」と皮肉な笑いを浮かべるしかなかったそうだ。「パッチステロ」こそがまさしく中野のような思惑のプレイヤーを食い物にするためのデッキだったわけだから、仕方あるまい。

…しかし、今大会の中野はここからが違った。

ここで、対戦相手が自らのデッキ登録ミスにより、痛恨のマッチロス。とても勝ち目のなかったはずの対戦相手が勝手に自滅し、十分に上位の狙える5-1というポジションで中野は初日を終えることとなった。

そして、続く二日目にも追い風はとまらなかった。

明らかにリミテッドなれしていないプレイヤーたちとのマッチアップの連続。これを順当に勝ち抜いた中野は、試練のセカンドドラフトでも、要所を友人(森田雅彦)とのI.D.で乗り切ることに成功する。

かくて、28点のマッチポイントを獲得した中野は、遅すぎる春の到来に涙を滲ませることとなったのだ。

幕引きに選んだはずの大舞台で、今まではどうしても届かなかったものが掴み取れた。

何とも不思議なものだが、岡本尋やEivind Nitter の話を考えると、中野圭貴も「マジックの魔性を垣間見た」ということなのかもしれない。ともあれ、彼は世界選手権出場の夢まであと数歩というところまでたどりついたのだ。

そして、最後に明日の自信のほどをたずねてみたところ、中野圭貴は頼もしそうに周囲の仲間たちを見回してから、こう答えてくれた。

「青メタですからね。正直、時代がキチャッタかも(笑)」

藤田剛史、森田雅彦、東野将幸。日本が誇る西の精鋭たちが、インタビューに答える遅咲きの後輩を暖かく見守っていた。

今晩、決勝ラウンド進出者は誰もが最後のプレイテストを必死にこなすだろう。そして、中野圭貴と東野将幸には、日本最高峰のプレイヤーたちによるバックアップがあるのだ。

Yoshitaka Nakano

Download Arena Decklist
ソーサリー (8)
4 Firebolt 4 Call of the Herd
インスタント (4)
4 Urza's Rage
他 (4)
4 Basking Rootwara
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る