Top 8 Profile:大塚高太郎

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 真木孝一郎

 Big Cup、通称レベッカ杯。大塚の名が一躍全国区に踊り出たのは、先日大阪で行われたこの大会。参加者総勢300人を超え、数多くの強豪選手が集結した中で栄えある一位の座を手にしたのが、大塚。しかも、続けて日本選手権ベスト8。はっきりいって

 大塚 大流行

 

多分、日本のあちこちから、レベッカ太郎と呼ばれているんじゃないかと凄い角度から邪推しているわけですが、多分無いです。ありえません。でも、定着するといいなぁ。

 それ以外の成績というと、

 2001年 Final 17th
 2000年 Final 9th

 と比較的地味系であった彼が、何故いきなり変わったのか、変われたのか。その辺り読者の皆様も知りたいところだと思います。「今日から俺は」、のその秘訣というか極意は一体何なのか?

 聞くの忘れました。 今後も頑張っていきたいと思います。

 ■ 振り返って

 大塚が今回選択したデッキは青緑タッチ赤、デッキ名は「Touch KTO」。《野生の雑種犬/Wild Mongrel(OD)》《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(7E)》といった基本パーツに《敏捷なマングース/Nimble Mongoose(OD)》《クローサの獣/Krosan Beast(OD)》といったスレッショルド系クリーチャーを配置したもの。

 このデッキで初日を 4-1-1で通過した大塚。二日目のドラフト、二回ともに赤緑デッキを組み上げ 3-0 、2-1 。課せられたノルマを確実にこなす仕事人ぶりだ。

 ■ 秘策

 そんな彼が今回のドラフトの臨み、用意していた秘策とは 「赤、絞ってます」

 トーメントの黒、ジャッジメントの白・緑、全パックを通して安定した青。あれ、そういえばまだ一色ありますよね、ありましたよね? といった赤をあえて選択し絞り目にピックを続けることでマークの薄い赤を一人独占禁止法。なるほど強豪者も少なく、プロツアーニースで Zvi Mowshowitz がとった「俺白しかやんねー」大作戦と同じくいい狙いである。そして実際に大塚はそれを実践し結果を残している。

 目のつけどころがやはり常人では無い。

■ その他あれこれ

 そんな彼がマジック以外に持っている趣味が映画鑑賞とカラオケだ。本人は音痴ですよ、なんて慎み深く答えていたが。ちなみに、どんな曲を歌うの?

 ポルノ・グラフィティ

 えーと、確かカラオケの他に映画鑑賞が趣味と言ってましたね。それで得意なのが

 ポルノ・グラフィティ

 深い。さすがだ。

Kotaro Ootsuka

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
2 Upheaval 1 Deep Analysis
インスタント (15)
4 Counterspell 4 Circular Logic 4 Fact or Fiction 3 Repulse
他 (4)
4 Fire/Ice
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る