Top 8 Profile:小野田倫久

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 森慶太

 2000年日本選手権。

そう、堂山剛志と小宮忠義による完全なるミラーマッチによって締め括られたあの「青い夏」。その選手権の決勝ラウンドで、ノーマークだった岡山の高校一年生が日本代表の座に輝き、注目を集めた。

あまりにも若いダークホースだったということよりも、その完璧なるポーカーフェイスぶりで一躍有名になったプレイヤー。彼こそが小野田倫久だった。

ポーカーフェイスというより鉄面皮。ともかく、まったく感情を表に表さない少年だった。

■脱皮

 あれから二年。

 マジック販売フランチャイズの大手、マナソース・グループとプロ契約を結ぶまでに成長した小野田倫久。当然のごとく彼ほどのプレイヤーがライン上に存在し続ける限り、フューチャーマッチエリアへは幾度となく呼び出されることになる。

 そして、浅原晃とのマッチアップが取り上げられた第9回戦。このマッチを取材しに行った筆者は絶句した。

 浅原に襲い掛かる小野田のトークン軍団。これがまた凄い。

1/1のリスから4/4のビーストまで、実によりどりみどりの一団であったわけなのだが、その一つ一つが小野田と彼女のラヴラヴショットのプリクラだったのだ。浅原も苦笑というか、「こんなんにやられちゃうの、オレ?」然とした微妙な表情。

正直なところ、ラブラブショット…などという陳腐な表現しか思いつかなかったわが身の文才のなさが恨めしいが、そうとしか言いようがない。

「大きいのがビースト、小さいほうはリスだよ♪」

ちなみに、ご丁寧に「ラヴラヴで~す」と書かれたそのトークンの大群に一本目は圧殺されてしまった浅原だったが、残る二本を根性で取り返したことも追記しておこう。どちらかというと寡黙な浅原が闘志をみなぎらせていたのも印象的だった。

 ともかく、あの鉄面皮の小野田が、今やラヴラヴ君。 これは大変身というしかないだろう。

■転機

 公私とも絶好調というイメージを筆者などは勝手に抱いてしまったものだが、やはり彼も悩める十代。なかなか結果をだせない日々が続くうちに、彼もとうとう高校三年生となってしまった。

 「卒業したら就職しなきゃいけないし、正直なところ、ここらでマジックはやめどきだと思ってたよ」

 たしかに、IBC フォーマットだったグランプリシンガポールで Top 4 に入賞して以来、小野田に勝ち星らしい勝ち星はない。

 高校卒業、というのもたしかに大きなターニングポイントだろう。 中野圭貴の話でも取り上げたが、誰にだってそういうタイミングはやってくるものだ。

「でも、今回は負ける気がしないし、もうしばらくはマジック続けられるんじゃないかな」

 再び日本代表へ。 20000ドルの小切手と、何よりも日本王者という最高の栄誉まで、あと三つだ。

 首筋に残るキスマークも印象的な小野田、どうやら、尻に敷かれているらしい。

Michihisa Onoda

Download Arena Decklist
ソーサリー (15)
4 Duress 4 Chainer's Edict 4 Gerrard's Verdict 3 Vindicate
土地 (19)
14 Swamp 4 Tainted Field 1 Plains
他 (8)
4 Pyrexian Rager 4 Cave of Koilos
60 カード
サイドボード (15)
1 Vindicate 4 Phyrexian Arena 3 Slay 3 Mortivore 2 Aura Blast 2 Death Grasp

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る