Top 8 Profile:村上裕樹

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 森慶太

■ 同姓同名

マジック界には何組かの「同姓同名」プレイヤーが存在している。そして、村上裕樹もその数少ないカテゴリーの一人だ。

もっとも、漢字表記に直せば各人を区別することも可能なわけだが、マジックのプレミアイベントでプレイヤー名簿を管理する DCI Reporter がアルファベットを用いたローマ字表記である以上、「読みが同じ=同姓同名」と言っても過言ではないだろう。

 

ともかく、「ムラカミユウキ」というプレイヤーは彼だけではない。

「ムラカミユウキ」なる人物は大阪にも存在しているわけで、彼はグランプリ準優勝という戦歴を誇るプレイヤーである。そう、第二回グランプリ京都での決勝戦で藤田剛史に「ネクロドネイト」のミラーマッチで敗れてしまった人物だ。この一戦を中継した販売促進用プロモーションビデオが存在しただけに、彼のことを何となくご存知の読者もいらっしゃるのではないだろうか? ちなみに、「デモコン・デス」を遂げてしまったあの金髪の若者は、この日本選手権には姿を見せていない。

さらなる余談なのだが、マジック界には「ササキユウスケ」も二人存在している。

そして、「村上」と同様に今大会で結果を残している「佐々木」も仙台勢だったりするのは何とも奇遇だ。他方の佐々木もそれなりに知られたプロツアー経験者だったりするわけだが、彼もまたこの選手権には参加していない。「していない」というか、「できなかった」。

そう、本大会直前の5月28日付けで出場停止処分が発表されているササキユウスケと、今大会 Top 8 の佐々木佑介とはまったくの別人である。

■ Pyre-Tog

ともあれ、仙台勢の村上裕樹は、念願の世界選手権への切符まであと一歩というところまで上り詰めてきた。そして、彼にとっては残すシングルエリミネーション(スタンダード)への展望も明るいようだ。

「初日がスタンダードなわけですから、素直にサイカトグはメタってみました。クイックインタビューでの質問でもそう答えましたが、実際にメイン 1 枚サイド 2 枚の《取り憑かれたエイヴン/Possessed Aven》なんかは大当たりでしたし」

たしかに、阿部和史、渡辺仁人、山田慈陽らとともに練り上げたというこのサイカトグデッキには、確かに印象的なカードが随所にちりばめられているものだ。

そもそもがドイツ選手権やグランプリ・ミルウォーキー以来人気の《調査/Probe》搭載タイプであり、コントロールに耐性のあるチューンだ。さらに、メインボードに2枚の《反論/Gainsay》を投入という徹底した青メタ。これはオープン予選を勝ち抜いた友人との最終調整の結果だそうだ。そして、タッチされた赤からもユーティリティーカードの《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》のみならず、このデッキタイプでは珍しい《終止/Terminate》までをセレクトしている。

そう、「サイカトグ」デッキから《終止》。

3枚搭載されているこの2マナ域のインスタント除去が、カウンター合戦を潜り抜けてきた《サイカトグ》を、場合によっては《魂売り/Spiritmonger》を嘲笑うかのように屠るわけだ。《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》、《火+氷/Fire/Ice》という前提の上でキャストされるこのスペル、実際に相当に効いたようだ。

ともあれ、実に60名超が選択してきた最大勢力、「サイカトグ」デッキを蹴散らしての初日全勝という事実は、最終日のスタンダードを戦う上でも非常に心強いデータだ。決勝ラウンドの緒戦、肝心要の準決勝でマッチアップされる三津家も「サイカトグ」なのだから。

それだけでなく、そもそも村上は構築戦を得意としているプレイヤーである。そう、グランプリ仙台でも決勝ラウンドに進出したという実績があるのだ。

さらに、このゲームを語る上では欠かせない「運」とか「ツキ」というアナログ的な要素の面でも、村上はかなりの手ごたえを掴んでいるようだ。

「初日全勝同士の森田君と、二日目に二回当たってるんですよね。明らかに森田君はリミテッド巧者だし、特に二回目は明らかにデッキパワーで負けてしまっていました。正直、こっちだけイイトコ引いてデッキがまわってくれたらな…みたいな都合のいいヴィジョンでしか勝ち目が見えなかったわけなんですが…実際そうなったんですよね。ツキは、ありますよ」

初日の6連勝という段階で、誰もが森田の決勝ラウンド進出を信じて疑わなかったものだ。そして、誰もが認めるその森田雅彦に引導を下したのがほかならぬ村上であり、それだけのプレイスキルと、そしてツキがある。

 「日本代表。…なってみたいですねぇ」

Yuuki Murakami

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
2 Upheaval 2 Probe
インスタント (16)
3 Terminate 2 Gainsay 4 Fact or Fiction 4 Counterspell 3 Circular Logic
他 (4)
4 Fire/Ice
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る