Feature Match Round 2: Anchans VS Ing Guei

更新日 記事 on 2015年 12月 30日

森慶太

 森勝洋の Rookie of the Year 獲得のための特別編成という印象の強い Anchans。メンバー曰く「モリカツがそれこそ『ただの兄ちゃんモード』じゃなかったらいけるでしょ(笑)」とのこと。  確かに、森の現在獲得している PTP は 20 ポイントで、トップとは 5 ポイントの開きが存在しているわけだ。しかし、これは台北で最高の結果が得られたなら暫定順位トップタイに並べるという射程圏内の数字でもあるのだ。脇を固めているのがそれぞれ Unluckey's と Panzer Hunters のリーダーとしてチーム戦で結果を残してきている藤田修と石田格であるだけに、彼らの快挙に期待をかけたいものである。勿論、ABU や Antarctica といった世界のトップが参戦してきている以上、実に熾烈な競争に勝ち抜かなければならないわけだが。

 このラウンドは「エースで四番」とのことである森勝洋の緒戦をレポートした。

Game 1

 後手の森勝洋は、チームでもっとも強い青黒緑デッキを渡された「一勝確定」要員。おまけに、どうやらアジアでは名前が十分に売れているらしいようで、予想外のギャラリーとスタッフに囲まれることとなった。ギャラリーの中の一人が露骨に C 卓についている日本人を指差して曰く「あれって、カツヒロ・モリだよな?」  そんなこんななムードの中で始まった一本目、森勝洋はいきなり事故気味というまさかの「兄ちゃんモード」な雰囲気。事実、まさかまさかの Frenzied Tilling でもって一枚しかなかった沼を壊されたところに Caldera Kavu 、Kavu Aggressor 、Penumbra Kavu と大雑把にクリーチャーを展開されて投了・・・と、カップラーメンが出来上がるかどうかくらいの時間での瞬殺劇の被害者となってしまったのであった。
 ちなみに、どうやら対戦相手のデッキはエセ「Fires」風の赤緑ビートダウンデッキであるらしいことが判明。
 対戦相手はこの一勝でかなり興奮気味な感ありといったところ。

lost

Game 2


Key card For MoriKatsu at Round 2
 このチームに関してのエースは森勝洋だと自他ともに認識しているだけに、どうしても落とせない 2 本目。今度は開幕 2 ターン目の Llanowar Dead 展開から Tower Drake 召喚と繋ぎ、対戦相手の Fires of Yavimaya からの Serpentine Kavu 以下のファッティも Repulse 、Nightscape Battlemage で受け流しつつ上空からダメージを稼ぎ出すことに成功。しかも、絶妙のタイミングで Exclude を引き当てた上で、ブロッカーを一掃する 2 枚目の Nightscape Battlemage をトップデッキ。
 2 戦目にしてようやっと森勝洋の「らしさ」が出ただろうか。

Win

Game 3

 石田格があっさりと 2 戦を連取。森がこの一本を取れば思惑通りの順調な滑り出しを果たせることとなってゲームがスタートした。

 再び先手となった対戦相手は 2 ターン目の Thunderscape Familiar を召喚し、森の展開した 0/1 の Urborg Skeleton に Zap を打ち込むという立ち上がり。一方の森も Zap が使われた直後に 2/1 の Tower Drake をトップデッキしてビートダウンを開始という悪くないスタートとなった。好勝負の予感ややありか。

 そこから、Horned Kavu、Yavimaya Barbarian 、Penumbra Kavu と展開した上で Scorching Lava でもって Drake を除去・・・と、なんとも聞いている限りでは強そうなまわりを見せつけた対戦相手。だったのだが、残念なことにどうやら彼はクリーチャー戦が不得手だったようで、森勝洋に誘導されるがままにアタックとブロックを繰り返し、効率的とは呼びがたいリソースの交換を行ってしまう。  こうなると、やはりお約束の Probe (Kicker) が打ち込まれてアドヴァンテージの格差がより一層広げられてしまい、そこからは森勝洋の横綱相撲となっていったものだった。具体的には防御を Vodalian Serpent (Kicker)で固め、Llanowar Dead と Vodalian Zombie でもってビートダウンを開始し、ブロッカーを Repulse と Recover による再利用をあわせた都合 4 回の Nightscape Battlemage の召喚(Kicker)でバウンスしつくして対戦相手を葬り去ったのだ。

Win

藤田修も消化試合となってしまったマッチアップを無難に 2-0 で獲得し、理想的な全員白星スタートに成功したのだった。

Anchans 3-0 Ing Guei