『ニクスへの旅』エントリーセット

更新日 Feature on 2014年 4月 23日

By Wizards of the Coast

「神話の定命の者」デッキ

「神話の定命の者」のデッキは、英雄的能力を持つクリーチャーを大量に戦場に出し、彼らを対象にして、追加でマナを支払うことによって取る対象の数を増やせる奮励のメカニズムを持つ呪文を唱えることでそれらの誘発型能力を誘発させることに重点を置いています。たとえば、《アジャニの存在》をそのまま使う事で、1体のクリーチャーを対象として+1/+1の修整と破壊不能を付与することができます。しかし、ゲームの後半までそれを温存して、すべてのマナを《アジャニの存在》につぎ込むことで、そのボーナスを複数のクリーチャーに対し付与することができるようになります。《空槍の騎兵》は英雄的能力を持ちませんが、それが持つ飛行と二段攻撃の能力はこのデッキのパワー強化型呪文のメリットを最大限に活かせることでしょう。

対戦相手があなたの攻勢に対して強固な防御網を形成している場合にも、それらにダメージを通すために役立つ呪文も用意されています。たとえば、《抑圧的な光線》は対戦相手のクリーチャーが攻撃またはブロックをすることを困難にします。《アクロスの猛犬》は対戦相手の最強のクリーチャーを毎ターン封じ込めることができ、また《払拭の光》は邪魔なパーマネントを戦場から取り除くことができます。

それ以外にも、あなたの英雄軍団をパワーアップさせる方法はたくさんあります。《船団の出航》はあなたの兵力を低コストで倍増させることができる呪文であり、英雄的能力を誘発させるための特に効率的な方法となります。あくまで攻撃のみに特化したいのであれば、英雄的と二段攻撃の両方の能力を併せ持つ『テーロス』セットの《威名の英雄》がお勧めです。

「神話の定命の者」デッキ

Download Arena Decklist



「予見された運命」デッキ

占術はあなたの将来のドロー・ステップをコントーロールすることを可能とする便利な能力です。「予見された運命」のデッキは、占術を行うことで有利な効果をもたらしたり、連続して占術を行える仕組みを整えたりする呪文を中心に構築されています。これらの呪文をつなぎ合わせ、対戦相手の練り上げた計画を突き崩すのです。

そして《知識と力》がこのデッキのカギとなるカードとなります。このエンチャントと《ケラノスの嵐呼び》といったカードを組み合わせることで、高いライフの総量を持つ対戦相手さえも倒すことができるでしょう。占術を使えば、《知識と力》や占術を持つ他のカードを探すことができるようになります。お目当てのエンチャントを探し出して、その効果を持続的に発動させることはそれほど難しくないはずです。

また、引くことができるカードをコントロールする能力を持つということは、長期戦となったゲームではあなたに有利に展開するという事にもなりますので、場合によってはライフの総量を温存するために、手持ちのクリーチャーを戦闘で犠牲にするといった戦術も考えられます。このデッキで勝利するためのカギとなるのは、どのタイミングで攻勢に打って出るかの判断を下す事にあります。《擬態するセイレーン》や《刃牙の猪》はパワー3のクリーチャーであり、ブロックするのが困難です。このいずれかを戦場に出すことができれば、そこから対戦相手を倒す算段を考え始める一つのポイントとなります。そして、プレイヤー1人に5点のダメージを与えるエンチャントの《激憤の泉》は、油断していた敵をあっさり倒すことを可能とします。

もし他の占術を持つカードで実験してみようと思うのでしたら、『テーロス』セットの《海の神、タッサ》などがお勧めです。《海の神、タッサ》はマナ無しで毎ターンあなたに占術を行えるようにし、なおかつ、あなたのクリーチャーをブロックされなくなるようにします。もし大型クリーチャーが問題となる場合に備え、『神々の軍勢』からのバーン呪文である《宿命的火災》なども加えておくといいでしょう。

「予見された運命」デッキ

Download Arena Decklist



「万神の力」デッキ

「万神の力」のデッキは、星座メカニズムを中心に構築されています。これはエンチャントがあなたのコントロール下で戦場に出るたびに、あなたに何らかの特典を与えるというエンチャントが持つ能力です。星座を持つカードを多数配置することで、その力が増幅する様を目の当たりにすることができます。

あなたがコントロールしている星座能力を持つエンチャントの数が多いほど、新たに登場するエンチャントの力は強化されます。たとえば、《厳かな守護者》が戦場に出た時にあなたが《死の国の造幣工》をコントロールしていたら、あなたの対戦相手は1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得ます。そして、それらがあなたのコントロール下にある限り、あなたがそれ以降エンチャントを1つ戦場に出すごとに対戦相手はその他の効果に加え、ライフを1点失うことになるのです。さらに《精神感化のラミア》が加われば、あなたの対戦相手は更に、カードを1枚捨てなければならなくなります。

エンチャントの持つ強力なシナジー効果を考えると、できるだけゲームを長引かせて可能な限り多くの星座クリーチャーを展開して対戦相手を圧倒するという戦法が効果的です。《抑圧的な光線》《闇への投入》《払拭の光》などは対戦相手の攻撃を遅らせ、同時に星座能力を誘発させるために非常に効果的なカードです。《ニクスの注入》や《ニクスの武装》は、あなたの非道な計画にあわせて攻撃にも防御にも活用できるカードです。《回帰の泉》はあなたのクリーチャーを多数死亡させた対戦相手に対して絶大な効果を発揮するでしょう。

他にも、黒や白のエンチャントはこのデッキと非常に相性がいいでしょう。たとえば、《通行の神、エイスリオス》などを試してみるのもいいかもしれません。戦場に出ているエンチャントから多くの信心を獲得できますし、《通行の神、エイスリオス》はゲームの中で死亡したクリーチャー・エンチャントたちを再度唱えさせてくれます。それによって星座能力を何度も繰り返し誘発させることも可能となるのです。

「万神の力」デッキ

Download Arena Decklist



「飽くなき憤怒」デッキ

「飽くなき憤怒」デッキは、強力で攻撃的なミノタウルスが多数含まれています。これらのクリーチャーの多くは他のミノタウルスの力を強化し、戦闘で恐るべき獰猛さを発揮させます。強力な軍勢を作り上げて、対戦相手を一気に圧倒しましょう。

ミノタウルスたちは、様々な方法でお互いを強化します。《憤怒売り》は他のミノタウルスの必要コストを減少させ、対戦相手が防衛網を構築する前に蹂躙させることを可能とします。《クラグマの戦呼び》および《怒血のシャーマン》はミノタウルスを大型化させるだけでなく、速攻とトランプルをそれぞれ付与します。《悪魔の皮の石化使い》はミノタウルスに接死を付与します。これにより対戦相手の大型クリーチャーを倒せるようになり、そしてこれはトランプルと組み合わせることでその真価を発揮します。

このデッキでは、なるべく短時間で決着をつけたいところですが、時には必要な頭数が揃うまで数ターンほど力を温存しておいた方がいい場合もあるかもしれません。また、あなたのミノタウルスが戦闘を行っている間に対戦相手のクリーチャーを除去するための呪文もいくつか用意されています。《マグマのしぶき》や《落星》といったこのような呪文は、主にブロックできないクリーチャーに対して使用するようにしましょう。地上にいる相手ならミノタウルスたちが大抵対処できるはずです。

『神々の軍勢』セットの《殺戮の神、モーギス》は、このデッキに是非加えておきたいカードです。《殺戮の神、モーギス》はあなたの対戦相手に毎ターンダメージを受けるか貴重なブロッカーを生け贄に捧げることを強要し、そしてあなたの黒と赤の信心が十分に高ければ、恐るべき攻撃クリーチャーとしても働きます。また、『ギルド門侵犯』の《ボロスの反攻者》も攻撃と防御において優秀な働きをするミノタウルスです。先制攻撃として、さらに反撃としてダメージを与える能力を持っているため、対戦相手を打ち砕くのにも、またあなたがミノタウルスを集結させている間に対戦相手に攻撃をためらわせるのにも役立ちます。

「飽くなき憤怒」デッキ

Download Arena Decklist



「未開地と深海」デッキ

「未開地と深海」は、まとまった数量のマナを支払うことでクリーチャーのパワーとタフネスを永続的に増加させる怪物化能力を特徴としています。対戦相手がすべてを掌握したと思い込んだところで、あなたの怪物化を持つクリーチャーが想像を超える大きさまで大型化するのです。大型モンスターを序盤に出して、終盤で制止不可能なほどにさせるのが一つのポイントです。

黄金の雌鹿》《キオーラの追随者》《豊穣の泉》などは最初の数ターンで出せる上に、あなたの大型クリーチャーを早い段階で出すための手助けをしてくれます。《群れ生まれの巨人》や《海檻の怪物》といったクリーチャーは、戦場に出た時点であなたの対戦相手がまともに対処できるような大きさでは無い上に、その怪物化能力によってさらに手が付けられなくなります。《空想の元型》は対戦相手のクリーチャーから飛行能力を奪い、逆にあなたのクリーチャーに付与することで、地上にいる障害を回避することを可能とします。

そしてあなたの持つ呪文は、あなたの大型クリーチャーに対して大きな効果を発揮します。《食餌の時間》は、地上のモンスターにとって問題となる飛行などといった回避能力を持つクリーチャーを除去することを可能とします。また《蛮族の血気》を使って、大型ブロック・クリーチャーで対戦相手の意表を突くこともできます。さらに《傲慢》はあなたの大型攻撃クリーチャーを2体の小型クリーチャーでブロックしようとした対戦相手を後悔させることになるでしょう。

『神々の軍勢』セットに登場するプレインズウォーカー《荒ぶる波濤、キオーラ》は、このデッキに是非加えておきたいカードです。彼女は敵の脅威を無力化し、追加でカードを引かせてくれる上に追加で土地をプレイさせてくれます。これらはすべてあなたの大型クリーチャーの集団を形成する上で不可欠となる能力です。他にも大型クリーチャーを早い段階で出すための方法を模索しているのであれば、たとえば『テーロス』の《森の女人像》などはマナを生み出すクリーチャーであり、役に立つはずです。

「未開地と深海」デッキ

Download Arena Decklist



最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る