『ラヴニカのギルド』プレリリース入門

更新日 Feature on 2018年 9月 24日

By Gavin Verhey

When Gavin Verhey was eleven, he dreamt of a job making Magic cards—and now as a Magic designer, he's living his dream! Gavin has been writing about Magic since 2005.

素晴らしきラヴニカへの再訪のときだ。

ラヴニカ次元が初めてだという人も、以前訪れたことのある人も、ようこそ。これまで、ラヴニカを舞台にしたセットはマジックでも特に人気を博してきた。だから今回も最高の体験を楽しめるはずさ!

今回のラヴニカ再訪では、懐かしのものも新しいものも存分に味わえるだろう。

ラヴニカの世界へ飛び込むなら、プレリリースが一番だ。そこでは誰もが平等に、初めて最新カードを使うことになるからね。習熟度がどうあれ、マジックとの付き合い方がどうあれ、プレリリースは誰にとっても絶対に逃せないイベントなんだ!

ではそもそも「プレリリース」って何?そこでは何が行われるんだろう?その魅力は?

今日はそれをお伝えしよう!

ラヴニカへようこそ

プレリリースは、数あるマジックのイベントの中でも私のお気に入りだ。

私はこれまでの人生の中で、その時々で世界中のどこにいても、近くで開催されるプレリリースに参加してきた。何も私だけの話じゃない――長年のベテランから始めたばかりの初心者まで、きっと多くのマジック・プレイヤーがそうだろう!プレリリースは最も人気のあるイベントなのだ。

それはなぜかって?プレリリースはマジックを楽しむ最高の手段のひとつだからさ!

こんなイベントは他にないよ。全員が一斉に席について、新しいカードの数々を手に取り、それらの使い道を見出す。みんながカジュアルな雰囲気で楽しみ、マジックの最新セットへの興奮と、あふれんばかりのエネルギーを共有するんだ!

私が初めてプレリリースに参加したのは11歳のときで、このイベントはたちまち私を夢中にさせた。それから17年を経た今でもまだ、その想いは変わらないよ――プレリリースは最高だ!

このイベントの素晴らしいところは、使われるセットがまったく新しいもので、参加者は初めてそのセットに触れることになるため、スタート地点が全員同じになる点だ。それから、心からリラックスした気持ちで新しいカードの探究を楽しめるのも最高だね。初心者にとっても経験者にとっても、たっぷりと楽しめるものなんだ!

すでにシールドデッキの経験を積んでいる人は、次の項まで読み飛ばしてくれても構わない。そこでは、最寄りのお店で楽しめるであろう、『ラヴニカのギルド』ならではの特別なことについて語ろう。だがシールドデッキのお祭りが初めてだという方や、もうちょっとアドバイスが欲しいという方は、ぜひこのまま読み進めてくれ!

オーライ。それじゃあ、まずは一番大事なことからいこう。プレリリースを開催している場所を見つけるんだ!何はともあれ、プレリリースへ行けなければ楽しめないからね。さてどうすればいいのだろう?

特に行きつけの店舗がないなら、店舗・イベント検索を使って、最寄りの店舗を探すのをお忘れなく!店舗では事前登録も行なわれているかもしれない。プレリリースは私たちが提供するイベントでも最も人気のあるもののひとつなので、その店舗で参加するのに事前登録が必要かどうかを確かめておくことをお勧めしよう。イベントが満員だとわかるのが、会場を訪れてプレイできないことを知ってからというのでは全くもって遅すぎるので、先を見ておくに越したことはない。

参加できる店舗は見つかったかな?素晴らしい!

それじゃあ今度は、イベントに向けて準備を進めよう。このイベントではその場で手に入れたカードを使ってデッキを組むことになるのだが、それだけではなく、やれることはたくさんある。

ラヴニカへの再訪に必要な道具をすべて用意するんだ!例えば、ラウンドの合間に遊ぶためのスタンダードのデッキやトレード用のバインダー、ライフを記録するためのペンと紙、そして飲料水もあるといいかもしれない。

プレリリースの1回のイベントは約4~5時間を要するから、当日はイベントを最後まで楽しめるように、しっかり時間を確保しておこう。それから、「腹が減っては戦はできぬ」と言うし、リンゴやプロテイン・バーのような軽食を持っていくのもいいアイデアだね。(軽食については、行く予定の店舗の確認もしておこう――もしかしたら会場で販売しているかもしれないぞ!)

うん、こんなところかな。行くべき店舗は地図上に見つけたし、必要なものはすべて詰め込んだね。最新のMagic Story -未踏世界の物語-」も読んだだろうし、あとはラヴニカについての知識を更新しておくといいだろう。それからもちろん、ラヴニカのギルド』カードイメージギャラリーには目を通して、素晴らしいカードの数々を確認しておこう。またイベントへの参加自体が初めての方は、私が書いた「初めてのイベント」という記事をぜひ読んでみてくれ。

これで全部揃ったね!それじゃあ次は、実際にパックを開封しよう!

ギルドを選ぶ

ラヴニカのギルド』プレリリースには、通常のプレリリースとちょっと変わった点がある。だから初心者もベテランも一緒に、今回ならではの特徴を詳しく見ていこう!

『ラヴニカのギルド』というセット名に恥じず、ラヴニカはギルドを中心に回っている。ギルド、ギルド、ギルドだ!

で、ギルドってなに?ラヴニカには「ギルド」と呼ばれる2色の陣営が10個ある。そしてギルドはそれぞれ、独自の考え方やメカニズム、プレイ・スタイルを持っている。『ラヴニカのギルド』では、10個のうち5つのギルドが登場する。公正な軍隊たる赤白の「ボロス」、マッド・サイエンティスト集団たる青赤の「イゼット」、狡猾なスパイ集団たる青黒の「ディミーア」、生と死を司る黒緑の「ゴルガリ」、そして共同的な議事会である緑白の「セレズニア」だ。

alt text
ボロス軍
alt text
イゼット団
alt text
ディミーア家
alt text
ゴルガリ団
alt text
セレズニア議事会

君に合うギルドはどれかな?どれにしようか迷っているなら、ラヴニカ次元のページで各ギルドの説明を読んで、感銘を受けたものを選んでみよう!

所属するギルドはとても大切だ。なんせ今回のプレリリースでは、実際にギルドを選ぶんだから!

参加登録時に、君は5つのギルドから1つを選ぶ。(ただし各ギルドの枠には限りがあるから、お気に入りを選べるように必ず事前登録をしよう!)例えば、君が私と同じディミーア好きだとしよう。するとこんな感じのデッキボックスが手に入る。

ディミーア家

中には通常の『ラヴニカのギルド』ブースターパック5個と、さらに特別な「イベント用ブースターパック」も入っている。イベント用ブースターパックには、8種類のレアや神話レアの中から選ばれた「プレリリース・カード」1枚と、選んだギルドの2色でデッキを組むための柱となるカードがたくさん封入されている。出てきたレアや神話レアを中心にデッキを組めるようテーマに沿った内容になっているから(もちろんマナ基盤を安定させる手段もあるぞ!)、きっと君のデッキの力を最大限に引き出す助けになるはずだ。

さて、ディミーアを選んだ人は、他にも以下のようなグッズが手に入る。

What's Inside

超クールだね!さあ、ようこそディミーアへ――私の密かな誘導工作が実を結ぶかな!

いや……そうでもなさそうだな。オーケー、いいだろう。他の4ギルドに魅力を感じた人がいるかもしれない。それぞれのプレリリース・パックはこんな感じだ。

ボロス軍イゼット団ゴルガリ団

セレズニア議事会

どれも素敵だね。

だがもちろん、何よりも大事なのはブースターパックだ。次は、それらをどうすればいいのか教えよう!

ギルドを築け

まず最初にすることは、パックの開封だ!そうすると、カードの束を手にすることになる。

さて......それから何をする?

もちろん、デッキを作成する時間だ!

シールドデッキは、普通のデッキ作成とは少し違うところがある。目の前にあるカードのみを使ってデッキを作成し、そこへ基本土地を好きなだけ加えて完成させるんだ。また、最少枚数が60枚である普通の構築デッキと異なり、デッキは40枚以上であればいい。

はじめに取り組みたいのは、使う色を見極めることだ。幸いにも、今回のプレリリース・パックなら色決めは簡単だ。テーマ・パックがあるからね!私からも、選んだギルドの2色にこだわることをおすすめしよう。(ただし、マナ基盤を安定させる手段が豊富にあるなら3色目をタッチするのもいいだろう。)

それでも他の色を見てみたい場合は(ディミーアのデッキ・ボックスを持っているのに対戦したらセレズニアだった、というのはこの上なくディミーア的だと私も思うよ)、以下のことに注目してみてくれ。

  • 心惹かれる本当に強力なレアがある
  • 対戦相手のクリーチャーに対処できる、「除去」カードが多くある
  • 優秀なカードがたくさんある
  • 「マナ・カーブ」が優れている――つまり、さまざまなコストのクリーチャーが豊富にある

これら4つがすべて満たされていれば理想的だけれど、2つか3つでも充分だろう。

さて、方法はどうあれ、使うカードは絞る必要がある。プレリリース中に困ったことがあったら、周りのプレイヤーに気軽に声をかけて教えてもらおう。(プレリリースでは周りのプレイヤーに教えてもらうことができるんだ――このイベントに参加しているプレイヤーは、みんなでイベントを楽しむために力を尽くしてくれるはずさ!)

使う色は決まったね。では、すべてのカードを精査して、デッキに採用したい22~23枚のカードを決めるためにはどうしたらいいだろう?

デッキを絞り込む助けになる方法を伝授するぞ!

まずは、クリーチャーをマナ・コスト順に並べてやろう。こうすることで、ゲームのどの段階でそれぞれのクリーチャーを唱えられるのかが分かりやすくなる。(この時点では、クリーチャー・カードと、必要なマナに届いたらすぐにプレイしたいようなカードだけを並べるほうがいい――例えば、《夜の子》は通常2ターン目に唱えることになるが、《切断された糸》は3ターン目の行動として優先されるものではないだろう)。

クリーチャーの「マナ・カーブ」を整えるのは、うまく動くシールド・デッキを作るにあたって極めて重要なものだ。カーブの1か所に大量のカードが偏らないようにしよう。序盤で軽いものを、終盤で重いものをプレイできるような良い配合にすることが大切だ。リミテッドのごく一般的な基準として、私は以下のようにクリーチャーを採用したいと考えている。

  • 1マナ: 0~2枚
  • 2マナ: 4~6枚
  • 3マナ: 3~5枚
  • 4マナ: 2~4枚
  • 5マナ: 1~3枚
  • 6マナ以上: 0~2枚

これが絶対というわけではないが、良い出発点にはなる。お気に入りを選んで、これらの数になるまでクリーチャーを絞り込もう。

さて、核となるクリーチャーの基盤を見定めたね。次は呪文を加えよう!選んだ色からお気に入りのカードを抜き出し、デッキを22~23枚にしていく。これで、呪文の準備もばっちりだ。

数々の呪文の中でも、「除去呪文」と呼ばれるものは一番欲しいところだ――除去呪文とは、対戦相手のクリーチャーを恒久的に無力化するもののことだ。ダメージによって破壊するもの、タップしたままにするもの、もちろん直接破壊するものもあるぞ。マジックのシールドデッキの中心になるのは、やはりクリーチャーだ。だから、選んだ色に合うカードで対戦相手のクリーチャーに対処できるものは、ぜひ採用しよう。

マナ・カーブについてもっと学びたいなら、マナ・カーブの組み立て方について書いたこちらの記事を読んでみてくれ。

もっとヒントが必要かな?以下に、デッキ作成の際に心に留めておきたい事項をいくつか挙げておこう。

  • 40枚を超えたデッキを使うこともできるが、可能な限り40枚ちょうどに強くこだわるべきだ。41枚目以降のすべてのカードは、デッキに入れた素晴らしいレアを引く確率を下げてしまうだろう!
  • 検討すべき土地の比率は、概ね土地17枚と、土地以外23枚にすべきだ。100%当てはまるものではないが、ほとんどのリミテッドのデッキはこの比率に収まり、大抵の場合、私もそうしている。
  • 低コストのカードと高コストのカードを組み合わせよう。軽く、小さいクリーチャーだけにした場合、たった1枚の大きなクリーチャーで止められてしまう。また全部を重く、大きなクリーチャーにした場合、それらを唱える前に勝負を決められてしまう恐れがある。2マナ、3マナ、4マナ、5マナのクリーチャーを含んだ構成にこだわろう。シールドデッキの勝ちゲームの多くは、第2~3ターンから毎ターン続けてクリーチャーを唱えることによって得られるのだ。
  • 回避能力が重要だ!シールドデッキのゲームでは、両方のプレイヤーが大量のクリーチャーを持ちながらも、しかしどちらもうまく攻勢に出られない、という膠着状態に陥ることがある。飛行のような能力を持つクリーチャーは、こうした膠着状態を打破できるようにしてくれる。
  • ラヴニカにはマナ基盤を安定させる手段が豊富にある。「ギルド門」や「ロケット」が手に入れば、3色目をタッチするのも可能だ。それでも、君が熟練のベテラン・プレイヤーでないなら、多くても3色までにしておこう。どんなに魅力的でもね!
  •  
  • 他のマジックのフォーマットと異なり、シールドデッキの試合展開は遅くなりがちだ。組み上げたデッキが長期戦で強いものなら、先攻より後攻を選んだ方がカードを1枚多く引けて有利な場合もある。

双頭巨人戦

店舗によっては、シールドデッキの中でも双頭巨人戦(略して「2HG」)と呼ばれる形式を開催しているところもある。これは2人のプレイヤーがチームを組んで、他のペアと対戦するものだ。各ペアは2個のプレリリース・パックを受け取り、そこからデッキを構築する。(最近登場した『バトルボンド』を体験した人は、すでによく知っているかもね!)

どうやって作ればいいかって?

チームメイトと協力して40枚のデッキをふたつ作るようにすれば、きっと楽にできるだろう。デッキ構築が終わったら、他のペアと1ゲーム先取の試合をする。

双頭巨人戦のゲームはどうやって進めればいいのかって?難しいことはないよ。クリーチャーや土地はチーム内で共有されないけれど、ライフは30点を共有する。ターンはふたり同時に進めることになり、それから攻撃やブロックもチーム単位で行うんだ!双頭巨人戦の魅力は、勝つためにチームメイトとの協力が不可欠なところだ。

オープンデュエル

一日中イベントでプレイするのが君のマジックの楽しみ方と合わない、あるいはあまり時間はないけれどもラヴニカを体験したいというなら、オープンデュエルに参加するという方法もある。

この併催イベントでは、すぐに対戦できるカード60枚入りのプレインズウォーカーデッキを受け取り、それを使って他のオープンデュエルの参加者や、次のラウンドを待っているメイン・イベントの参加者と対戦できるんだ。これは、プレリリースが自分に合うイベントかどうかわからないなら、ちょっと試してみるのにいい方法だ。あるいはプレリリース・イベントに5時間いられない場合にもおすすめだぞ。オープンデュエルは好きなときにプレイできる。これも楽しいよ!

お近くの店舗にプレリリースでオープンデュエルを開催するかどうか確認して、戦いに備えよう!

ボックス開封の日

プレリリースの新たな特典として、イベントでブースターボックスを手に入れられるようになった!

そう、プレリリースに参加した人は、公式発売日より早く『ラヴニカのギルド』のブースターボックスを受け取れる。いち早く家に持ち帰ることが(あるいはその場で開封も!)できるんだ。詳しくは店舗まで確認してくれ。

また、プレリリースではプレインズウォーカーデッキも購入できる!オープンデュエルに参加する人もしない人も、気軽に手にとって遊んでみてくれ!

はちゃめちゃなメカニズム

『ラヴニカのギルド』で登場するギルドは、それぞれ固有のメカニズムを持っている。学ぶべきことはたくさんあるぞ!

それぞれのメカニズムを知りたい人は、ぜひマット・タバック/Matt Tabakのメカニズム記事

ようこそおかえり、ラヴニカへ

ラヴニカは、私の心に残る特別な場所だ。私が初めて競技の舞台に立ったのは、『ラヴニカ:ギルドの都』の頃だった。私がウィザーズの開発部に入り、最初に担当したセットが『ラヴニカへの回帰』だった。それから数年が経ち、上席デザイナーとなった今、再びラヴニカを舞台にしたセットに携わることができた……感無量だよ。

君たちもきっと、一緒に盛り上がってくれると信じているよ!

友人を集め、もう一度カードイメージギャラリーを見て、お近くの店舗で事前予約をして、万全の準備で楽しもう!

何かご意見、ご質問は?他に気になることはあるかな?みんなの話は大歓迎だよ!いつものようにツイートを送るかTumblrで質問してくれれば、必ずお答えするよ。だいたいいつもいるからね。

(ラヴニカを訪れるのが何度目でも)君たちのプレリリースが最高のものになりますように。ギルドを選び、至福のときを過ごしてくれ!

Gavin
@GavinVerhey
GavInsight

最新Feature記事

FEATURE

2019年 12月 12日

『テーロス還魂記』のメカニズム by, Matt Tabak

ついに様々なおとぎ話が大団円を迎え、私たちの冒険はまた次の世界へ旅立ちます。次は皆さんもご存知の、計り知れぬ神々の監視の下にある美しい夜空の世界です。さあ皆さん、シートベルトをお締めください。再びテーロスに向かいますよ。早速、私たちを待っている新規メカニズムと再録メカニズムを見ていきましょう。 脱出 これまで、定命の者が住まう世界と死の国の間には極めて強力な障壁があり...

記事を読む

FEATURE

2019年 9月 24日

『エルドレインの王権』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

君がプレインズウォークした先で顔を上げると、眼前にはこれまで見たこともない景色が広がっていた。 よく訓練された馬にまたがり、君のそばを走り抜けていくさまざまな騎士たち。橋を渡っていくフェアリーのかすかな光。どこか遠くから、ジンジャーブレッド・クッキーの香りまで漂ってくる。 アーサー王伝説とおとぎ話の融合――エルドレイン次元へようこそ! 私は新しいマジックの世界を...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more