こちらマジック広報室!!:
プロ vs プロ!『神々の軍勢』イベントデッキの本気を実証!?

更新日 Feature on 2014年 2月 28日

By 格内麻也子

 みなさんこんにちは!「こちマ!!」では『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、マジック)を、はじめて遊ぶ方にも楽しく、そしてわかりやすく!新製品などの情報をお知らせしています。

 先週はプロツアー『神々の軍勢』をお楽しみいただけたでしょうか?私も初めてのプロツアーだったのですがフィーチャーマッチエリアは独特な緊張感がありカメラを持つ手が震えました...!! プロツアーの詳しい内容はこちらをご覧下さいね!

 と、イベントラッシュな『神々の軍勢』ですが、今回の「こちマ!!」では3月1日~2日(土・日)に開催されるイベント「ゲームデー」と、2月28日(金)発売の『神々の軍勢』イベントデッキについてじっくりとご紹介していきますよ〜!

○今週末開催の「ゲームデー」ってどんなイベント?

 ゲームデーとは新セット発売1ヶ月後に全国のカードショップで行われるマジックの公認イベントです! イベントの詳細と開催店舗の検索はこちらからチェックしてくださいねっ!!『神々の軍勢』のゲームデーは、スタンダードのフォーマットでイベントを行います。

 また、ゲームデーでは2つのお楽しみがあります! 1つ目は、ゲームデー限定のプロモカードとプレイマット! プロモカードには参加賞で全員がもらえるカード(各店舗で数に限りがあります)と、TOP8に入らないともらえないカードの2種類がありますよ。どちらもイラストが大きく入っていてカッコイイ!! そして優勝するとゲームデー特製のプレイマットもゲットできますっ!! これはとりあえず参加するべしですねっ。



<参加賞プロモカード><TOP8入賞プロモカード>

<優勝賞品の特製プレイマット>

 2つ目は、ゲームデーで新登場する「チャレンジデッキ(大群との戦い)」と遊べることです! チャレンジデッキとは、プレイマットに書かれているルールに従って順番にカードを出していく自律式のデッキです。自分のスタンダードデッキと英雄カードでチャレンジデッキに勝負を挑みましょう! 『テーロス』のチャレンジデッキは「ハイドラの討伐」がテーマでしたが、『神々の軍勢』では「ミノタウルスの群れ」と戦いますっ!! ゲームデーで行われるスタンダードとは別で、チャレンジデッキは誰もがいつでも参加できるイベントです。


○ゲームデーのデビューにオススメな「イベントデッキ」発売!

 さて、2月28日(金)は『神々の軍勢』のイベントデッキが発売されます! 「イベントデッキ」は初めてイベントにチャレンジする方にオススメ! ゲームデーなどで実力が発揮される構築済みのデッキです。でも勝負ごとはやっぱり勝ちたいですよね...? 大丈夫っ!選りすぐりのカードたちで構築してある、かなり本格的なデッキなんです!


○「イベントデッキ」VS「ReConstructedコピーデッキ」

 でもどれくらい本格的なデッキなの...? ちょっと実験してみました! 用意したのは「イベントデッキ(死の国の伝令)」と「ReConstructedコピーデッキ」。この2つのデッキで勝負を行い実証してみます!ちなみにReConstructedとは、読者から募集したデッキリストをマジックの開発者が適切に組み直すという記事です。コピーデッキとはいえ手強い相手です...!!(ごくり)

「死の国の伝令」デッキ

Download Arena Decklist

ガヴィン・ヴァーヘイの「アクロス・デック・ウィン」

Download Arena Decklist

○プロVSプロ!どちらのデッキが強いか、いざ勝負!!

 賢い皆様はお気づきかと思いますが、デッキを操るプレイヤーに腕の差があったら正確な実験ができないですよね。と、ここで強力な助っ人に登場いただきます! プロプレイヤーの浅原晃さんと鍛冶友浩さんです!! お忙しいなかプロツアー『神々の軍勢』の合間にご協力いただきましたっ!!いやー、こんなこともやっていたんです;

<プロツアー『神々の軍勢』で解説を担当された浅原晃さん>

<プロツアー『神々の軍勢』で司会を担当された鍛冶友浩さん>

 浅原さんは「イベントデッキ」、鍛冶さんは「コピーデッキ」を携え、いざ勝負! ちなみにコピーデッキの方は格内がよく使っているスタンダードデッキでして...(ごにょごにょ)。販促的にはイベントデッキが勝って欲しいけれど、気持ちとしては私の娘デッキにも頑張ってほしい...!! 複雑な心境のなかゲームはスタートします。


 1ゲーム目、鍛冶さんが占術土地からクリーチャーを戦場に送り出すも、 浅原さんは1マナの《ラクドスの哄笑者》や2マナ速攻の《ラクドスの切り刻み教徒》を唱え早いペースで展開します。


 鍛冶さんは《万神殿の兵士》を盾に粘る! が、浅原さんは《究極の価格》をデッキトップから引き込み鍛冶さんのクリーチャーを除去して試合終了!!あっという間の圧勝です! 私の娘デッキじゃイベントデッキに太刀打ちできない...!?皆さん、本当はもっとやれる娘なんですよ!!

浅原晃 1−0 鍛冶友浩

 2ゲーム目、鍛冶さんはまた占術土地からのスタート...! クリーチャーを展開する浅原さんは1ターン目に《ラクドスの哄笑者》、2ターン目に《ラクドスの哄笑者》と《苛まれし英雄》と超強力な布陣!!


 苦しい鍛治さんは《アクロスの十字軍》を唱えるもターンエンド。浅原さんは《モーギスの匪賊》を唱え、全クリーチャーに威嚇を付け安全に8点のダメージを与えます! 一気に攻める浅原さん!! 勝負あったか...、そう肩を落とした時! 鍛冶さんは 《ボロスの魔除け》で浅原さんに4点ダメージを与え自分のターンに入ります。


 ここでこのコピーデッキの真骨頂が発動!! 《剣術の名手》に《向こう見ずな技術》をエンチャントし、自分の2体のクリーチャーを対象に《統率の取れた突撃》を2枚唱えます! フルタップ状態の浅原さんはなす術無く17点ダメージを受けて試合終了!! きゃー私の娘が活躍してるわー!!

浅原晃 1−1 鍛冶友浩


 さて、3ゲーム目!...に入る前に浅原さんはサイドボードを使ってデッキを調整します。イベントデッキはサイドボードも充実しているのが魅力なんですよね。あって良かったサイドボード!


○気になる勝負の結果は...!?勝者は○○デッキ!!

 浅原さんは1、2ゲーム目に続き安定して1マナ2マナのクリーチャーを展開していきます。一方、鍛冶さんは2マナで土地がつまり苦しい展開に...。浅原さんが消耗戦を仕掛け《血の公証人》で手札を2枚ずつ引いて有利な状況を築きます。余裕の笑顔をみせる浅原さん...!!


 そして除去呪文で鍛治さんのクリーチャーを排除!! 空っぽの戦場を前に楽々と攻撃を通し浅原さん余裕の勝利!!!イベントデッキ強いー!!! そしてこの後すぐに格内は娘デッキから占術土地を抜いて《ラクドスの哄笑者》を入れたのは言うまでありません...


 今回ご紹介した「イベントデッキ(死の国の伝令)」の詳しい内容についてはこちらをご覧ください! 3月1日~2日(土・日)のゲームデーにもこのイベントデッキを持って参戦してみてはいかがでしょうか...!?

 それでは次回こちマ!!もお楽しみに。



○無料でマジックが体験できるティーチングキャラバン開催中!

 ティーチングキャラバンとは、マジック未経験の方や始めたばかりのプレイヤー向けの無料で受けられる体験会のことで、専門のティーチャーが店舗のスペースをお借りしてほぼ毎週、各地で開催されています。

 必要なものはすべて用意されているので手ぶらで参加でき、使用したハーフデッキやプレイマット、デッキボックスももらえる、大変お得なイベントになっています。


 今回の記事で興味を持たれた方も、この機会にぜひマジックを覚えて、始めてみてはいかがでしょうか?

 マジック:ザ・ギャザリング ティーチングキャラバン

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る