ギルド門侵犯 製品情報

更新日 Feature on 2012年 10月 16日

By Wizards of the Coast

セット情報

セット名:ギルド門侵犯
カード枚数: 249枚
ツイッター ハッシュタグ: #MTGGTC
ギルド:オルゾフ、ディミーア、グルール、ボロス、シミック

デザイン・チーム: Mark Rosewater(副リーダー), Mark Gottlieb(副リーダー), Joe Huber, Dave Humpherys, Ethan Fleischer, Shawn Main

デベロップ・チーム: Dave Humpherys(リーダー), Zac Hill, Mark Globus, Mark Globus, Max McCall, Gavin Verhey

言語:英語、繁体中国語、簡体中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語

販売商品:ブースターパック、エントリーセット*、イベントデッキ*、ブースターバトルパック*、ファットパック*での発売となります。 (*一部の言語のみ)

ブースターパック カード15枚入/5種類 各368円(税込)

ブースター・バトルパック 1,029円(税込)
*準ランダム・デッキ(カード22枚入り)2個
*『ギルド門侵犯』ブースターパック(カード15枚入り)2個
*「マジックを遊ぼう」ガイドプック
*ルールガイド

イベントデッキ 2種類 各2,625円(税込)/2月22日発売

*構築済みデッキ(カード60枚)
*サイドボード(カード15枚)
*デッキ戦略ガイド
*「マジックを遊ぼう」ガイドブック
*ダイス型ライフカウンター

怒涛の進軍 止まらない進化

我らがギルドのために

緊張が高まる都市世界ラヴニカにおいて、各ギルドはそれぞれの策謀を張り巡らし、他ギルドを出し抜こうと躍起になっています。ラヴニカに深く根を下ろす秘密を他ギルドに先んじて解き明かすために、 ギルド門侵犯セットで残り5つのギルドを見つけ出しましょう。

プレリリース: 2013年1月26〜27日
発売日: 2013年2月1日
発売記念週末: 2013年2月1〜4日
マジックオンライン発売日: 2013年2月11日
ゲームデー: 2013年2月23〜24日
プロツアー・ギルド門侵犯日程:2013年2月15〜17日

関連リンク

ファットパック/Fat Pack 3,675円(税込)

*Player’s guide with complete visual encyclopedia
*Gatecrash card box
*Nine Gatecrash booster packs
*80-card basic land pack
*Special edition Spindown life counter
*Two deck boxes
(英語版のみの販売となります)

エントリーセット/Intro Pack 5種類 各1,260円(税込)
*A ready-to-play 60-card deck featuring a foil premium card
*two sealed 15-card booster packs
*a strategy insert
*a Magic “learn to play” guide
(英語版のみ/日本では販売しておりません)

Orzhov Oppression
Orzhov Oppression
Dimir Dementia
Dimir Dementia
Gruul Goliaths
Gruul Goliaths
Boros Battalion
Boros Battalion
Simic Synthesis
Simic Synthesis


Illustration by Michael Komarck

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る