グランプリ北九州2013 トライアル大会

更新日 Feature on 2013年 1月 17日

By Wizards of the Coast

最寄りのトライアルを検索!

グランプリ北九州トライアル大会は日本およびアジア太平洋地域の各WPN店舗にて2013年6月1日〜8月11日に行われます。優勝者にはグランプリ北九州での2ラウンドバイ(不戦勝)が与えられます。

参加費

各グランプリトライアル大会の参加費は、開催店舗によって決められています。お近くの大会の参加費については、開催店舗に直接お問い合わせください。

フォーマット

  • 各グランプリトライアル大会のフォーマットは、開催店舗によって決められています。開催できるフォーマットには、シールドデッキ、スタンダード、エクステンデッド、モダン、ラヴニカへの回帰ブロック構築があります。各グランプリトライアル大会のフォーマットについては、店舗・イベント検索で確認するか開催店舗に直接お問い合わせください。
  • 2013年7月13日以前に行われるシールドデッキ戦について: 決勝戦はブースタードラフトまたはシールドデッキで行われます(グランプリトライアルを開催している店舗の判断で決められます)。シールドデッキには「ラヴニカへの回帰」ブースター2個、「ギルド門侵犯」ブースター2個、「ドラゴンの迷路」ブースター2個が使用され、決勝戦のブースタードラフトには「ドラゴンの迷路」ブースター1個、「ギルド門侵犯」ブースター1個、「ラヴニカへの回帰」ブースター1個が使用されます。決勝戦がシールドデッキの場合、プレイヤーはスイス回戦で使用したものと同じデッキを使用します。
  • 2013年7月14日以降に行われるシールドデッキ戦について: 決勝戦はブースタードラフトまたはシールドデッキで行われます(グランプリトライアルを開催している店舗の判断で決められます)。シールドデッキには「マジック基本セット2014」ブースター6個が使用され、決勝戦のブースタードラフトには「マジック基本セット2014」ブースター3個が使用されます。決勝戦がシールドデッキの場合、プレイヤーはスイス回戦で使用したものと同じデッキを使用します。
  • デッキ登録が必要です。

ラウンド数

  • スイス回戦は各50分間で行われます。
  • 決勝戦は時間制限なしで行われます。
  • スイス回戦のラウンド数は下記表のとおり参加人数に基づき決定されます:
参加人数 ラウンド数 決勝戦
8人 3回戦(シングルエリミネーション) なし
9-16人 (シールドデッキ戦の場合) 4回戦 トップ8
9-16人 (構築戦の場合) 5回戦 トップ4
17 – 32人 5回戦 トップ8
33 – 64人 6回戦 トップ8
65 – 128人 7回戦 トップ8
129 – 226人 8回戦 トップ8
227 – 409人 9回戦 トップ8
410人以上 10回戦 トップ8

進出

  • すべての参加者はすべてのスイス回戦に参加することができます。
  • スイス回戦終了時のトッププレイヤーがシングルエリミネーション決勝戦へ進出します。決勝戦に進出するプレイヤーの数は、イベントのプレイヤー数に基づいて決定されます(表参照)。

決勝戦

  • 決勝戦は1マッチ2本先取です。
  • 決勝戦はシングルエリミネーションで行われます。
  • 決勝戦には時間制限がありませんが、プレイヤーは迅速に60分以内で試合を終了する必要があります。
  • 必要に応じ、最終順位の決定にスイス回戦終了時の順位が使用されます。

備考

  • プレインズウォーカーポイント倍率:3倍
  • ルール適用レベル:競技
  • この案内ページに特記がなければ、マジック・イベント規定マジック違反処置指針が適用されます。
  • 参加者は筆記用具、スリーブ、ゲームの進行に必要なカウンターなどを各自で用意する必要があります。
  • グランプリトライアル大会はプレミアマジックトーナメントとなります。トーナメント開催店舗オーナー、主催者、ジャッジ、スコアキーパーは自身が運営またはスタッフを務めるトライアル大会には参加できません。

賞品

  • 優勝者はグランプリ北九州での2ラウンドバイ(不戦勝)を獲得します。
  • その他の賞品は各イベントによって異なります。詳細はイベント主催者へお問い合わせください。

参加受付方法

  • 各トーナメントや参加受付に関する情報はグランプリトライアル大会の開催店舗へお問い合わせください。

マジック:ザ・ギャザリング・トレーディング・カード、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト、ウィザーズ・プレイ・ネットワーク、組織化プレイに関する一般的なご質問は下記をご参照ください:

最新Feature記事

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』製品紹介 by, Tim Brown

私たちが今回再訪するマジック始まりの次元ドミナリアには、風の便りがいくつも届いています。どうやら私たちもよく知るお馴染みの顔が、つまりドミナリアの伝説の英雄たちが、再びファイレクシアンと戦うために新たな連合を結成しようとしているそうなのです。しかし事は慎重に運ばなければなりません。ファイレクシアンはドミナリア中で潜伏工作員を作り上げています。眼の前の者が味方か敵か、誰もわ...

記事を読む

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』をコレクションする by, Mike Turian

私たちはみな、ブースターパックを開ける直前に一瞬動きを止める。封を切って「今回は何が入っているんだろう?」という永遠の問いの答えを明らかにする前に、お気に入りのカードが手に入るかもしれないという期待に胸をふくらませて。 私はマイク・チュリアン/Mike Turian。『団結のドミナリア』(DMU)のプロダクト・アーキテクト担当だ。セットのアーキテクト(企画・設計)担当と...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る