プレリリースと発売記念パーティーに関する追跡調査について変更を加えました

更新日 Feature on 2008年 11月 21日

By ニュース

10月下旬、アラーラの断片プレリリーストーナメントと発売記念パーティーに関して、皆様にアンケート調査を実施しました。弊社が掲げた重要なゴールは、イベントを参加しやすいものにしながら、世界中のプレイヤーが同一の体験ができるようにすることでした。

WPNの導入に伴ってプレリリーストーナメントに対して行われた様々な変更は、かつてなかった数のプレイヤーにプレリリースに参加する機会を与えました。アラーラの断片プレリリーストーナメントの参加者数が1度の週末において過去最高だったことがこれを示しています。しかしながら、今後の改善には皆様のフィードバックがとても大切になると認識しています。数週間前に告知されたアンケート調査には、世界中から11,000を超える回答を頂戴致しました。アンケートへご協力くださった皆様に心よりお礼を申し上げます!

コンフラックスプレリリーストーナメントおよび発売記念パーティーの最終的な内容は、来年1月に発表予定ですが、アンケート調査で頂いたコメントへのご返答として、現状での変更点をいくつかお知らせしたいと思います。

大規模プレリリーストーナメント vs. 地元でのプレリリーストーナメントについて

アンケート回答者のコメントより

マジックについての良い思い出と言えば、プレリリーストーナメントですね。大規模でエキサインティングな特別イベントに、大勢の人が参加して新しいカードでゲームに興じる。これからもイベントをスペシャルなものにしてほしい」

「地方でのプレリリース開催は、素晴らしい出来事でした。2日間かけてバンクーバーまで行く代わりに、地元でプレイできたので、より多くのカジュアルプレイヤーが参戦できました。(中略)気軽なプレリリースの開催、ありがとうございました」

「有名ホテルで開催されるプレリリースに、友人と遠征しました。仕事や学校から離れ、オタクの楽園へと向かう週末2日間のバケーションでした」

「小規模プレリリースの方がいい。大規模の方は場所が遠すぎる」

「また大規模プレリリースを開催してくださーい!!!!」

「僕のガールフレンドのように、長距離の移動をしたがらない上に最初から大規模なイベントとはしり込みしてしまう多くの人たちに、素晴らしい接点を作ってくれています」

「大勢の方にプレリリースへ参加して頂きたい」という弊社の希望と同じくくらい、多くの皆様から「大規模トーナメントの復活は大切」との声を頂きました。コンフラックスでは、小規模の地方プレリリースに加え、世界40都市で大規模なイベントを開催することにしました。東京・大阪・ロンドン・ニューヨーク・シカゴ・ボストン・オーランド・ロサンゼルス・ダラス・メキシコシティ・サンパウロ・モントリオール・トロント・シンガポール・クアランプール・バンコク・香港・台北などの世界主要都市を舞台に、弊社主催のプレリリースを開きます。

「カジュアルプレイヤーと、自分や失望している友人たちのようなハードコアなファンが共に満足できる、そんな都合のいいシステムを期待しています」

ご要望、承りました。コンフラックスから試運転してみることにします。

プロモカードについて

「発売記念パーティーとプレリリーストーナメントでは違うプロモカードを配布する必要があると思う」

発売記念パーティーとプレリリーストーナメントで同じ参加賞カードというのは、少し残念だった。また結果としてドラフトがなかったのも残念」

この点には改善を加え、コンフラックスの発売記念パーティーとプレリリーストーナメントでは異なる参加賞プロモカードを用意します。

会場の大きさ

「プレリリースで店舗の収容者数に制限を加えるのはよくない。長い間プレイができなかった人や入場を断られた人を見るのは、イヤなものだった」

同感です。会場の収容人数を多くします。また、コンフラックスの支援キットでは、主催者がもっと多くのプレイヤーをサポートできるようにもします。

賞品の支援

アラーラの断片より前は、賞品の支援は国によって差があることがありました。マジックをどこでプレイしようとも、支援は同じでありたいと思っています。フィードバックから、プレイヤーはアラーラの時より、もっと良い支援を望んでいることがわかりました。それは特にフランスなど、過去に支援体制が良かった国で顕著に見られます。

「フランスでは、アラーラの断片の支援で、大打撃を受けました」

「過去の2セットで、支援がドンドン減っています」

コンフラックスでは、アラーラの断片よりも賞品の支援を増やす予定です。

最後に:肝心なドラフトについて

「ドラフト」については明確な回答をもらっています。

「ドラフトを取り入れてください!」

「プレリリースでドラフトがあれば最高」

「ドラフトの再開を」

「できるなら、ドラフトの再開が必要だと強く思っています。大勢の人がたんにパックに手を伸ばしたがっているのですから」

「プレリリースでのドラフトは、必須です」

「ドラフトを、絶対ドラフトを再開してください!!」

ご要望にお応えし、コンフラックスのプレリリーストーナメントではドラフトを実施します。

以上が現在、皆さんにお伝えできる情報です。これからもアンケート調査を通じて頂いたフィードバックを、特にコンフラックスの発売記念パーティーを中心に分析していきます。マジックがプレイされている世界各国からさまざまな視点によるご意見を頂くことは、弊社にとり、とても大切なことです。たとえば、ブラジルのプレイヤーは自分たちが伝えたい主張をはっきり持っていて、弊社もそのことはしっかり認識しています。また、この場をお借りして、ニュージーランドの皆様に対してお詫びいたします。次回はオーストラリアとしてご登録頂くことなく、アンケートにご参加頂けるように致します。

最後に、お寄せいただいたさまざまなご意見とご声援への感謝に代えて、コメント例を少しご紹介しましょう。

「ウィザーズは最高だぜ!」

「プレリリースはかなり楽しい!」

「引き続き素晴らしいイベントを運営していってください」

「これからも良いイベントを。リチャード・ガーフィールドにもよろしく」

世界選手権でメンフィスにいるリチャードに、伝えておきます!

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る