・製品情報

更新日 Feature on 2012年 2月 6日

By Wizards of the Coast

プレリリース: 2012年4月28日~29日
発売日: 2012年5月4日
ゲームデー: 2012年5月26日~27日
プロツアー アヴァシンの帰還: 2012年5月11日~13日 スペイン・バルセロナ

夜明けの光を

セット名: アヴァシンの帰還
ブロック: イニストラードブロック第3弾
カード種類数: 244
ツイッター ハッシュタグ: #MTGAVR

デザイン・チーム: ブライアン・ティンスマン/Brian Tinsman(リーダー)、マーク・L・ゴットリーブ/Mark L. Gottlieb、デイブ・ガスキン/Dave Guskin、ケネス・ネーグル/Kenneth Nagle、ビル・ローズ/Bill Rose、マーク・ローズウォーター/Mark Rosewater


デベロップ・チーム: デビッド・ハンフリー/David Humpherys(リーダー)、マーク・グローブス/Mark Globus、デイブ・ガスキン/Dave Guskin、エリック・ラウアー/Erik Lauer、ビリー・モレノ/Billy Moreno、マット・サーネット/Matt Sernett

セット情報

アヴァシンの帰還は黒枠カードで全244枚、ランダムに各カードのプレミアム版のカードが封入されていることがあります。 アヴァシンの帰還セットはブースターパック、エントリーセット、ファットパックでの発売になります。 イニストラードブロックの3番目のセットですが、アヴァシンの帰還は大型セットになります。 そのためイニストラード・ブロック構築フォーマットでは3つのセットすべてが使用されますが、アヴァシンの帰還のドラフトはこのセットのみで行います。 シールド戦ではアヴァシンの帰還ブースターパック6パックを使用します。

セット名アヴァシンの帰還
ブロック: イニストラード・ブロック第3弾
カード種類数: 244
ツイッター ハッシュタグ: #MTGAVR

夜明けの光を

大天使アヴァシン、帰還す! 眩しく燃え立つ夜明けの光がイニストラードの影を吹き飛ばす。 人間は武器を取り、夜の怪物達を追い払う。 頭上では天使が空を舞い、心正しき者達は世界の均衡を取り戻すために手を携え、聖なる光と奇跡の魔法を操る。

プレリリース: 2012年4月28日~29日
発売日: 2012年5月4日
ゲームデー: 2012年5月26日~27日
プロツアー アヴァシンの帰還: 2012年5月11日~13日 スペイン・バルセロナ

デザイン・チーム: ブライアン・ティンスマン/Brian Tinsman(リーダー)、マーク・L・ゴットリーブ/Mark L. Gottlieb、デイブ・ガスキン/Dave Guskin、ケネス・ネーグル/Kenneth Nagle、ビル・ローズ/Bill Rose、マーク・ローズウォーター/Mark Rosewater


デベロップ・チーム: デビッド・ハンフリー/David Humpherys(リーダー)、マーク・グローブス/Mark Globus、デイブ・ガスキン/Dave Guskin、エリック・ラウアー/Erik Lauer、ビリー・モレノ/Billy Moreno、マット・サーネット/Matt Sernett

イベントデッキ

死者の侵略
死者の侵略
人類の報復
人類の報復

最新Feature記事

FEATURE

2022年 8月 26日

『団結のドミナリア』プレリリースでマジックをプレイしよう by, Gavin Verhey

『団結のドミナリア』プレリリース入門へようこそ! プレリリースは、マジック初心者にも長年のベテランにも最高のイベントだ。最新セットのお祝いを楽しめるこのイベントは、初めて参加するマジックのイベントとしてもうってつけだ。『団結のドミナリア』では9月2~8日にプレリリースが開催される。この絶好の機会にぜひ参加してみてくれ! マジックの遊び方を学びたい方は、以下のページをご...

記事を読む

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』製品紹介 by, Tim Brown

(編注:この記事は掲載後に更新されました。『団結のドミナリア』ジャンプスタート・ブースター向けにデザインされたカードについての内容を追記しました。) 私たちが今回再訪するマジック始まりの次元ドミナリアには、風の便りがいくつも届いています。どうやら私たちもよく知るお馴染みの顔が、つまりドミナリアの伝説の英雄たちが、再びファイレクシアンと戦うために新たな連合を結成しようと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る