怪物と巨獣

更新日 Feature on 2008年 9月 15日

By Wizards of the Coast

怪物と巨獣

アラーラの断片からは、プレインズウォーカーの召喚に応じて呼び出される強力なクリーチャーが多数存在する。ただし、注意せよ ― この猛獣は、プレインズウォーカー自身の生命に対する恐るべき脅威でもあるのだ。

時に古きもの、時にガルガンチュアンとも呼ばれるナヤの巨獣は、山々やジャングルの合間を轟く足音を立てて闊歩している。エルフや人間の社会の多くに神として崇められるこの巨獣は、一体では畏れるべき存在として、数が揃えば手のつけられぬ脅威として、他の世界の愚かな獣に比べ、頭ひとつ抜け出す存在となっている。

バントの空から定命の者を見守るのは天使の軍勢だ。目下のバントの社会と同様に、天使も底辺の司祭から、監視者であるマーラや理想の権化であるアミーシャを経て、一握りの気高きアスーラを頂点とする階級を形成している。

エスパーのきらめく海の上空に舞うのは、この次元を謎と予言で統治する、知の長であるスフィンクスだ。しかし、底の見えない海には、エスパーで最も恐ろしい怪物がうごめいている。身も凍る海の深みのさらに下を泳ぐエスパーの巨大なリバイアサンは、ヴィダルケンの潮汐支配の魔法の影響も受けず、プレインズウォーカーの気まぐれにもほとんど動かされはしない。

グリクシスの忌まわしきものやアンデッドの中で頂点に立っているのは、加虐的な思想の悪魔である。全ての力の縮図であり黒マナの化身でもある悪魔は、召喚の対象として実に魅力的だ。ただし、悪魔との契約には但し書きが付き物だ ― それも、必ず向こうの有利に働くような。

そして、ジャンドにはドラゴンがいる。火山の怒りと野生の貪欲さの象徴であるドラゴンは、自分たちを呼び出した者を引き裂き貪り食おうとするだろう。しかし、魔道士がドラゴンと同等の力を示すとき、アラーラのどの断片にも、その行く道をふさげる者はいない。

アラーラの断片には、劇的な召喚を可能にする様々な生態系が存在している。詳しくは、現在そこに存在する四人のプレインズウォーカーに聞いてみるといいだろう。

最新Feature記事

FEATURE

2019年 1月 15日

『ラヴニカの献身』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

 君はどのギルドに献身する?  ラヴニカ次元はギルドを中心に回っている。それぞれ2色の組み合わせを持つ人気のギルドに、君自身も所属するんだ。『ラヴニカのギルド』では、10のギルドのうち5つが登場した。そして『ラヴニカの献身』では残りの5つが出揃うぞ!  アゾリウス。オルゾフ。ラクドス。グルール。シミック。5つのギルドはそれぞれ独自のメカニズムを持ち、魅力的なカードが詰まっ...

記事を読む

FEATURE

2018年 12月 17日

『ラヴニカの献身』のメカニズム by, Matt Tabak

 プレインズウォーカーの皆さん、グッド・ニュースです! 緊張が高まり続けるラヴニカ次元ですが、まだ完全な混沌には陥っていません。数か月前の『ラヴニカのギルド』では10のギルドのうち5つが登場しましたが、今回の『ラヴニカの献身』では残る5つ――オルゾフ、グルール、シミック、アゾリウス、ラクドスに注目していきます。お気に入りのギルドにスポットライトが当たらなくなってしまうとい...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more