第2回「カードを作るのは君だ!」

更新日 Feature on 2003年 8月 20日

By Mark Rosewater, マーク・ローズウォーター (開発部シニア・デザイナー)

 第2回「カードを作るのは君だ!」は、どんどん先に進んでいます。前回の投票で決定したアーティストは――Ron Spencer氏でした! 彼はChristopher Moeller氏との接戦をものにしたのです。

 さて、Spencer氏が確認のためのラフスケッチを描いている間、我々はカード名に進むことにしましょう。[ガルザルスゴの鍬]はあくまでデザイン時の仮の名前であることを忘れないでください。今度は本当の名前を決める番です。ということで、まずは皆さんからの投稿を受け付けることになります。最近の投稿量の多さを鑑み、投稿は1人につき1つだけに限らせていただきます。お気に入りのやつを送ってください。

 カード名は、印象に残り、発音が簡単で、以下のイラスト指示と合っていることが必要です。

「砂時計。上の部分には破壊された森があり、下の部分には美しく茂った森がある。」

他に気をつけなければいけないのは以下の事項です。

  • 英語や日本語以外の外国語は禁止。
  • 現実にある物と関係がないこと。
  • 時代錯誤がないこと。
  • 中傷は禁止。
  • ドミナリア、ウェザーライト号の乗組員、兄弟戦争と関係がないこと。ミラディン・ブロックは、これまでのマジックの物語とは別の次元の話です。

 投稿の締め切りは、8 月 24 日の 24 時です。

 お楽しみあれ!

投稿はこちらからどうぞ。サイトへの登録とログインが必要です。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る