第3回「カードを作るのは君だ!」

更新日 Feature on 2005年 6月 21日

By Wizards of the Coast

(「カードを作るのは君だ!」をご存じない? まずはこちらをお読みください)

 皆さんの意見を集めた結果、メカニズムJが最多得票を得ました。以下は投票の結果です(メカニズムのデザイナー名も同時に発表します。同じアイデアの場合は、最初に投稿してきた人に栄誉が行くのをお忘れなく)。

Mechanic Creator Votes %
メカニズムJ Gilbert Espinoza 1143 17.52%
メカニズムF Keric Tang 841 12.89%
メカニズムC Josu 836 12.81%
メカニズムB Dimitar Grozev 769 11.79%
メカニズムE Nathan Nagy 704 10.79%
メカニズムG Frederick Marcotte 536 8.21%
メカニズムI Danial Persaud 501 7.68%
メカニズムD Frankwin Hooglander 466 7.14%
メカニズムA Samuel Friedman 373 5.72%
メカニズムH Nathan Clark 356 5.46%
Total   6525 100.00%

The Winning Mechanic - Gilbert Espinoza

Remove target creature from the game and draw cards equal to its power. At the beginning of your next upkeep, return it to play and discard cards equal to its toughness.
クリーチャー1体を対象とし、それをゲームから取り除き、それのパワーに等しい枚数のカードを引く。次のあなたのアップキープの開始時に、それを場に戻し、それのタフネスに等しい枚数のカードを捨てる。

 さて、このカードがどんな働きをするかは決まりました(ご心配なく。テスト名はしばらくしたらつけられる予定です――その栄誉は、メカニズムJのデザイナーのギルバート・エスピノーザ(Gilbert Espinoza)に与えられます)。今度はコストを決める番です。そのためには、二つのキーとなる決定をしなくてはいけません。一つ目はそのカードの色です。そして二つ目は、そのカードをインスタントにするかソーサリーにするかです。

 この呪文は二つの部分に分かれています。一つ目は《ちらつき/Flicker》効果です。これは色の割り振りにおいては間違いなく白の領域です。二つ目は、カード選別効果です。これは色の割り振りでは青の領域です。しかし、他の色にも何らかのカードを引く効果がある関係で、カードの選別効果を分け与えることは難しくありません。つまり、この呪文は白か白青にならなければいけないということです。多色呪文は、第二の色を入れなければいけない関係上、単色の呪文よりも軽くなります。

スピード

 以前、カードタイプを選んでもらった際には、コンセプト上同じものであるインスタントとソーサリーを同じグループにしました。今回は、どちらのスピードがいいかを選んでいただきます。これは皆さんにとっては明らかな話だとは思いますが、インスタントはソーサリーよりコスト上重くなります。

 そんなわけで、今回の選択肢は4つです。以下はマジックの開発部が決定したものです。

  • 白のソーサリー -

  • 白のインスタント -

  • 白青のソーサリー -

  • 白青のインスタント -

 今回の投票の締め切りは日曜の夜です。皆さんの選択を興味深く見守ることにしましょう。

マーク・ローズウォーター

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る