第 2 回「カードを作るのは君だ!」

更新日 Feature on 2003年 9月 4日

By Mark Rosewater, マーク・ローズウォーター (開発部シニア・デザイナー)

  さて、カード名の投稿の整理はまだすんでいませんが、[ガルザルスゴの鍬]のアーティストとして選ばれた Ron Spencer 氏が、イラストのラフスケッチを 3 枚仕上げてきたことを謹んで報告したいと思います。さて、今回はこの 3 つのラフスケッチを見ていただいて、どれがカードにぴったり来るかを選んでいただこうと思います。

 また、この企画にかかわっている皆さんのために一言付け加えますと、開発チームがこのカードをプレイした結果、このカードのコストは になりました。フューチャー・フーチャー・リーグにおいて、カードがこのコストでプレイされた結果、開発陣はこのカードがトーナメントレベルのカードであると確信したようです。

 今回の投票の締め切りは、9 月 11 日の 24 時とします。まあ、私のごたくはもういいと思いますので、さっそくラフスケッチ(Ron のコメントつき)に行くことにしましょう。

ラフスケッチ#1

ラフスケッチ#1

「このイラストでは、視点は砂時計の土台の位置にあって、見上げている状態。上のガラスの中には、根の絡みが透けて見える。背景は渦巻く闇で、星がいくつか出ている。柱についている球体は光っている。森はミラディンに登場する金属の森。」

ラフスケッチ#2

ラフスケッチ#2

「このラフスケッチでは、視点はもう少し上に上がって、砂時計の中間点まで来ている。破片が吸い込まれ、それが下に落ちていくのが見える。このイラストでは、もうすこし背景が宇宙的になり、柱も太陽と星でできることになる。このイラストでも、森はやはりミラディンに登場する金属の森。」

ラフスケッチ#3

ラフスケッチ#3

「今回の 3 枚の中では、最も動きのある角度からの視点。上のガラスのさらに上から見下ろす形になる。森は通常の金属でない地球タイプの森になる。背景は、太陽と月がぼんやりとした形の柱を作っている図。」

 さて、そんなわけで、今回の投票は実に微妙なものとなるでしょう。皆さんがどれを選ぶのか、興味深く見させていただきたいと思います。次回は、投稿された名前を 10 個まで減らしてお目に書ける予定です。それがすんだら、残るはフレイバー・テキストだけです。

 いつもどおり、お楽しみあれ!

 マーク・ローズウォーター

投票はこちら

最新Feature記事

FEATURE

2022年 4月 21日

『ニューカペナの街角』統率者デッキ by, Wizards of the Coast

4月29日に発売日を迎える『ニューカペナの街角』では、統率者デッキも発売されます!新規カードは『ニューカペナの街角』統率者デッキ・カードイメージギャラリーにて、ご覧ください。コレクター・ブースターから入手できる拡張アート版のカードについては、こちらの記事をご覧ください。 今回は、ニューカペナの悪の一家それぞれに統率者デッキが用意されています。どれがいいか迷う方は、ぜひ『...

記事を読む

FEATURE

2022年 4月 19日

『ニューカペナの街角』における「ザ・リスト」の更新 by, Wizards of the Coast

華麗なる退廃的世界。ハードボイルドな捜査官。筋骨隆々な用心棒。街を牛耳る5つの一家。4月29日発売の『ニューカペナの街角』では、4月22日にお近くのゲーム店でプレリリースが始まり、4月28日にはMTGアリーナおよびMagic Onlineでもリリースされます。 この街で起きている事態に飛び込んでいきますか?それなら、『ニューカペナの街角』について知っておくべき情報をまと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る