融合する断片

更新日 Feature on 2008年 12月 8日

By Wizards of the Coast

はるか昔、アラーラは一つの次元だった。しかし、マナを失っていったアラーラは砕け散り、五つの断片に分かれた。それから数世紀がたち、それぞれの断片は独自のマナを取り戻したが、そこにはかつての潤沢だった五つの色のうちの三つしか戻らず、その結果、それぞれが独自の個性を持つ五つの別々の世界を生み出していった。

各断片に生きる生物は、母なる世界、アラーラを忘れ去っていた。しかし、アラーラの断片は、久遠の闇の混沌の虚空を漂いながら、互いに再び近づいていっていた。そして長い時を経た今、断片は多大につながりあったのだ。長い時を経た今、五つの断片の運命は、今まさに大融合を成し遂げようとしていた。

それは衝合(コンフラックス)だった。


誰かが遠くからそれを見ていたなら、五つの断片の衝合は、輪を成した五つの小さな宇宙が、色の光の中で互いに重なり合う、奇妙に美しい光景だっただろう。しかし、断片の住人にとっては、それは大災害だった。世界の境界は互いに砕け散り、復活の中で地形は互いに切り裂きあっていった。それはまさに天地創造の絵のようだった。


断片の合流はゆっくり進んでいったが、境界線の現実が互いに歪んでいく様は、まるで建造物が踊り狂っているようだった。世界は他の世界と重なり合い、それぞれの世界はそれまで別々だった新たな二つの世界との境界を有するようになった。ナヤが一方でバントと、もう一方でジャンド溶け合っていた。バントはナヤとエスパーの両方とぶつかり合っていた。エスパーはバントとグリクシスの両方と繋がりあい、グリクシスはエスパーやジャンドと接触し、ジャンドはグリクシスやナヤを切り裂いた。それぞれの世界は、新たな二つの現実と衝突したのだ――それは、新たな二つの敵でもあった。


輪を成す世界となった断片が縮んでいく中、その中央では、五つのすべてのマナが燃え上がり、生命を生み出していた。そして、次元の境界をまたにかけたマナの洪水と、長い間別々だった文明が互いに接触しあったことで、別な生命も生まれつつあった――それは、世界全域にわたる戦争の脅威だった。


最新Feature記事

FEATURE

2019年 1月 15日

『ラヴニカの献身』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

 君はどのギルドに献身する?  ラヴニカ次元はギルドを中心に回っている。それぞれ2色の組み合わせを持つ人気のギルドに、君自身も所属するんだ。『ラヴニカのギルド』では、10のギルドのうち5つが登場した。そして『ラヴニカの献身』では残りの5つが出揃うぞ!  アゾリウス。オルゾフ。ラクドス。グルール。シミック。5つのギルドはそれぞれ独自のメカニズムを持ち、魅力的なカードが詰まっ...

記事を読む

FEATURE

2018年 12月 17日

『ラヴニカの献身』のメカニズム by, Matt Tabak

 プレインズウォーカーの皆さん、グッド・ニュースです! 緊張が高まり続けるラヴニカ次元ですが、まだ完全な混沌には陥っていません。数か月前の『ラヴニカのギルド』では10のギルドのうち5つが登場しましたが、今回の『ラヴニカの献身』では残る5つ――オルゾフ、グルール、シミック、アゾリウス、ラクドスに注目していきます。お気に入りのギルドにスポットライトが当たらなくなってしまうとい...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more