2012年第1四半期:ホノルルでのプロツアーと、15回のグランプリ

更新日 Feature on 2011年 8月 23日

By Wizards of the Coast

 マジックのプレミア・プレイの新世界へようこそ。2012年第1四半期には、2012年の第1回プロツアーと、8つの国での合計15回のグランプリが予定されています。これは2012年全体のほんの一部です!

2月、高レベル・マジックの象徴であるプロツアーはハワイに戻ります。プロツアー「闇の隆盛」ホノルル大会は2月10日から12日、闇の隆盛の発売から1週間後に行なわれます。プロツアーと新製品の発売を近づけたので、このプロツアーは闇の隆盛の発売シーズンの注目点となります。プロツアーが非公開イベントになるに伴い、家にいながらにしてイベントに参加しているような臨場感を感じられるよう、ウィザーズはストリーミング動画や音声、文章、ライブチャット、ソーシャルメディアを活用してさらなるカバレージの充実に努めます。強化されたプロツアー・カバレージでは新セットを活かした世界のトップ・プロたちの最新のデッキアイデアや戦略をお目にかけることが出来るでしょう。

2月のホノルルに興味のある方は、まもなく始まるプロツアー予選シーズンにご期待下さい。シーズンは10月1日に世界中で、またマジック・オンラインで始まります。世界中で開催される予選は、イニストラードを使ったシールド・デッキ戦+ブースター・ドラフト戦で行なわれます。オンラインでは10月17日までは基本セット2012で、それ以降はイニストラードでのシールド・デッキ戦+ブースター・ドラフト戦で行なわれます。2011年と同様、世界中の予選で勝ち抜いたプレイヤーにはプロツアーへの航空運賃が与えられます。

 さらに、グランプリ・シーズンは1月中旬のアメリカ国内の2連戦から始まります。1月から3月までのスケジュールには、日本、スペイン、フランス、マレーシア、メキシコ、オーストラリア、イタリア(それにアメリカではさらに6回)のグランプリが予定されています。グランプリで行なわれる形式は、スタンダード、シールド・デッキ戦+ブースター・ドラフト戦、レガシー、エクステンデッド、モダンがあります。

 この強化されたグランプリ・スケジュールでは、賞金金額もイベントによって異なります。最低1万ドルから最高4万ドルまであり、中には賞品による授与も予定されています。各グランプリの形式や賞金(賞品)につきましては、これから数ヶ月の間に告知できる予定です。詳細なスケジュールは、このページの下に記載されています。

 強化されたグランプリ・スケジュールにおいては、ウィザーズ・プレイ・ネットワークによって世界中で開催されるより多くのグランプリ・トライアルに参加することができるようになります。各トライアルの優勝者はグランプリで3回戦の不戦勝を得ます。競技で有利になりたければ、お近くのグランプリ・トライアルをお探し下さい。

16回のプレミア・イベントと、無数のプロツアー予選やグランプリ・トライアルがこの3ヶ月に行なわれるのです。2012年をお楽しみに!

グランプリ・スケジュール(1月〜3月)

都市日程
オースティンアメリカ2012年1月7日〜8日
オーランドアメリカ2012年1月14日〜15日
神戸日本2012年2月18日〜19日
リンカーンアメリカ2012年2月18日〜19日
マドリードスペイン2012年2月25日〜26日
ボルチモアアメリカ2012年2月25日〜26日
リールフランス2012年3月3日〜4日
シアトルアメリカ2012年3月3日〜4日
インディアナポリスアメリカ2012年3月10日〜11日
ナッシュビルアメリカ2012年3月17日〜18日
クアラルンプールマレーシア2012年3月24日〜25日
メキシコシティメキシコ2012年3月24日〜25日
メルボルンオーストラリア2012年3月31日〜4月1日
ソルトレイクシティアメリカ2012年3月31日〜4月1日
チュリンイタリア2012年3月31日〜4月1日

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る