2012年3月20日 DCI禁止制限リスト告知

更新日 Feature on 2012年 3月 20日

By Wizards of the Coast

2012年3月20日 DCI禁止制限リスト告知

告知日:2012年3月20日
発効日:2012年4月2日
マジック・オンライン発効日:2012年3月28日

イニストラード・ブロック構築


スタンダード、エクステンデッド、モダン、レガシー、ヴィンテージ

 変更なし


 マジック・オンライン独自のフォーマットに関する変更は、Mlinkgic Online Community Group blogで月例で告知されています。

 フォーマットごとの禁止・制限カードの一覧を下に表示しています。

 なお、この変更に関する開発部員エリック・ラウアー/Erik Llinkuerからの説明は、こちらからご覧いただけます。

6.3 スタンダード・フォーマット・デッキ構築

 スタンダード・フォーマットで使用可能なのは、以下のカード・セットである。

  • ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodin
  • ミラディン包囲戦/Mirrodin Besieged
  • 新たなるファイレクシア/New Phyrexia
  • 基本セット2012/Magic 2012
  • イニストラード/Innistrad
  • 闇の隆盛/Dark Ascension
  • アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(2012年5月4日から)

 現在、スタンダードには禁止カードは存在しない。

6.4 エクステンデッド・フォーマット・デッキ構築

 エクステンデッド・フォーマットで使用可能なのは、以下のカード・セットである:

  • アラーラの断片/Shards of Alara
  • コンフラックス/Conflux
  • アラーラ再誕/Alara Reborn
  • 基本セット2010/Magic 2010
  • ゼンディカー/Zendikar
  • ワールドウェイク/Worldwake
  • エルドラージ覚醒/Rise of the Eldrazi
  • 基本セット2011/Magic 2011
  • ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodin
  • ミラディン包囲戦/Mirrodin Besieged
  • 新たなるファイレクシア/New Phyrexia
  • 基本セット2012/Magic 2012
  • イニストラード/Innistrad
  • 闇の隆盛/Dark Ascension
  • アヴァシンの帰還/Avacyn Restored(2012年5月4日から)

 以下のカードは、エクステンデッド・フォーマットにおいて使用が禁止されている:

6.5 ヴィンテージ・フォーマット・デッキ構築

 ヴィンテージ・フォーマットのデッキには、すべてのマジックのカード・セットおよび基本セットに含まれるカード、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が発行した特別セット、サプリメント、プロモ・カードを使用することができる。

 エキスパンションや特別セット(From the Vlinkultやマジック・ザ・ギャザリング 統率者など)は、そのエキスパンションや特別セットの発売日からヴィンテージ・フォーマットで使用可能になる。

 プロモ・カードはそのプロモ・カードが発行された日からヴィンテージ・フォーマットで使用可能になる。

 以下のカードは、ヴィンテージ・フォーマットにおいて使用が禁止されている:

 以下のカードは、ヴィンテージ・フォーマットにおいて制限カードに指定されている:

6.6 レガシー・フォーマット・デッキ構築

 レガシー・フォーマットのデッキには、すべてのマジックのカード・セットおよび基本セットに含まれるカード、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が発行した特別セット、サプリメント、プロモ・カードを使用することができる。

 エキスパンションや特別セット(From the Vlinkultやマジック・ザ・ギャザリング 統率者など)は、そのエキスパンションや特別セットの発売日からレガシー・フォーマットで使用可能になる。

 プロモ・カードはそのプロモ・カードが発行された日からレガシー・フォーマットで使用可能になる。

 以下のカードはレガシー・フォーマットにおいて使用が禁止されている:

6.7 ブロック構築フォーマット・デッキ構築

 ブロック構築のデッキは、数個のエキスパンションからのカードだけで構成される。

 DCIは以下のブロック構築フォーマットを認定する:

  • イニストラード・ブロック(イニストラード、闇の隆盛、アヴァシンの帰還(2012年5月4日から))
  • ミラディンの傷跡ブロック(ミラディンの傷跡、ミラディン包囲戦、新たなるファイレクシア)
  • ゼンディカー・ブロック(ゼンディカー、ワールドウェイク、エルドラージ覚醒)
  • アラーラ・ブロック(アラーラの断片、コンフラックス、アラーラ再誕)
  • ローウィン=シャドウムーア・ブロック(ローウィン、モーニングタイド、シャドウムーア、イーブンタイド)
  • 時のらせんブロック(時のらせん、次元の混乱、未来予知)
  • ラヴニカ・ブロック(ラヴニカ:ギルドの都、ギルドパクト、ディセンション)
  • 神河ブロック(神河物語、神河謀叛、神河救済)
  • ミラディン・ブロック(ミラディン、ダークスティール、フィフス・ドーン)
  • オンスロート・ブロック(オンスロート、レギオン、スカージ)
  • オデッセイ・ブロック(オデッセイ、トーメント、ジャッジメント)
  • インベイジョン・ブロック(インベイジョン、プレーンシフト、アポカリプス)
  • マスクス・ブロック(メルカディアン・マスクス、ネメシス、プロフェシー)
  • ウルザ・ブロック(ウルザズ・サーガ、ウルザズ・レガシー、ウルザズ・デスティニー)
  • テンペスト・ブロック(テンペスト、ストロングホールド、エクソダス)
  • ミラージュ・ブロック(ミラージュ、ビジョンズ、ウェザーライト)
  • アイスエイジ・ブロック(Ice linkge、linkllilinknces、コールドスナップ)

 ブロック構築フォーマットにおいて禁止されているカードは以下の通り:

6.8 モダン・フォーマット・デッキ構築

 モダン・フォーマットで使用可能なのは、以下のカード・セットである:

  • 第8版基本セット/Eighth Edition
  • ミラディン/Mirrodin
  • ダークスティール/Darksteel
  • フィフス・ドーン/Fifth Dawn
  • 神河物語/Champions of Kamigawa
  • 神河謀反/Betrayers of Kamigawa
  • 神河救済/Saviors of Kamigawa
  • 第9版基本セット/Ninth Edition
  • ラヴニカ:ギルドの都/Ravnica: City of Guilds
  • ギルドパクト/Guildpact
  • ディセンション/Dissension
  • コールドスナップ/Coldsnap
  • 時のらせん/Time Spiral
  • 次元の混乱/Planar Chaos
  • 未来予知/Future Sight
  • 第10版基本セット/Tenth Edition
  • ローウィン/Lorwyn
  • モーニングタイド/Morningtide
  • シャドウムーア/Shadowmoor
  • イーヴンタイド/Eventide
  • アラーラの断片/Shards of Alara
  • コンフラックス/Conflux
  • アラーラ再誕/Alara Reborn
  • 基本セット2010/Magic 2010
  • ゼンディカー/Zendikar
  • ワールドウェイク/Worldwake
  • エルドラージ覚醒/Rise of the Eldrazi
  • 基本セット2011/Magic 2011
  • ミラディンの傷跡/Scars of Mirrodin
  • ミラディン包囲戦/Mirrodin Besieged
  • 新たなるファイレクシア/New Phyrexia
  • 基本セット2012/Magic 2012
  • イニストラード/Innistrad
  • 闇の隆盛/Dark Ascension
  • アヴァシンの帰還/lAvacyn Restored (2012年5月4日から)
  • 基本セット2013/Magic 2013(2012年7月13日から)

 以下のカードは、モダン・フォーマットにおいて使用が禁止されている:

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る