2012年6月20日DCI禁止制限リスト告知

更新日 Feature on 2012年 6月 20日

By Wizards of the Coast

変更点: 今回の変更の発効日は、2012年6月29日に修正されました。レガシーの新しい禁止カードリストは、グランプリ・アトランタに適用されます。


告知日: 2012年6月20日
発効日: 2012年6月29日 (※2012年7月1日から変更)

スタンダード、エクステンデッド、モダン、ヴィンテージ
変更なし

レガシー
《土地税/Land Tax》解禁

 マジック・オンライン専用フォーマットの変更については、月例でジック・オンライン・コミュニティ・グループのブログで告知されている。

 禁止・制限カードの一覧は、このページを参照。


By: Erik Lauer

 レガシーのメタゲームは健全だが、DCIはフォーマットを進化させるためにカードを解禁することを検討し続けている。レガシーの上位デッキは、Reanimator、赤青緑Delver、Sneak and Showあたりが挙げられる。《土地税》は2004年から禁止されていて、これら上位デッキに直接入るようなものではないため、フォーマットをより多様なものにしてくれ得る。強力なカードを解禁することにはリスクが伴うが、DCIはこのリスクは許容できるものだと判断した。

 DCIは競技レベルのスタンダード・イベントの結果を確認している。参加者の多くが白青《秘密を掘り下げる者》デッキを使っていることが分かったものの、勝率はほぼ半々といったところだった。最近のマジック・オンラインでのプロツアー予選の結果を見ると、白青《秘密を掘り下げる者》のそれ以外のデッキに対する勝率はわずかに51%を下回っていた。一般に、《秘密を掘り下げる者》デッキに強いデッキも、《秘密を掘り下げる者》デッキに弱いデッキも存在し、平均するとほぼ半分の勝率だった。もう一つ、高レベルのスタンダード・イベントでプレイしている人数は史上最多になっている。

 基本セット2013を見ると、青白《秘密を掘り下げる者》デッキへの対策になるカードが入っているかもしれない。それは時間が証明してくれるだろう。DCIは今後も成り行きを注目していくが、現時点では何も処置する必要はないと判断した。

(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る