2013年のプレミア・プレイ

更新日 Feature on 2012年 8月 8日

By Helene Bergeot

Hélène Bergeot started her career with Wizards of the Coast in France in December, 1995; afterwards, she spent a few years in the European headquarters based in Belgium and eventually relocated to the Renton office. She is currently the director of organized play and trade marketing.

 まもなくプロツアー「ギルド門侵犯」の予選シーズンが始まります。ここで、来年のマジック・プレミア・プレイの計画、その概観を皆さまにお伝えしたいと思います。

 まずは、プロツアーの開催地からご案内しましょう。2013年、プロツアーは初開催の2都市と、すでにプレイヤーの皆さんにはおなじみである1都市で開催されます。プロツアー「ギルド門侵犯」はカナダ・ケベック州モントリオールで2月15-17日に開催され、フォーマットはスタンダードと『ギルド門侵犯』のブースタードラフトになります。プロツアー「Sinker」(ラヴニカへの回帰・ブロックの第3セット)は、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで5月17-19日に開催され、ラヴニカへの回帰・ブロック構築と『Sinker』『ギルド門侵犯』『ラヴニカへの回帰』を用いたブースタードラフトで競われます。そしてシーズンはアイルランド・ダブリンで10月11-13日に開催されるプロツアー「Friends」で結末を迎えます。ダブリンで行われるフォーマットは、モダンと「Friends」のブースタードラフトです。

2月・モントリオール、5月・サンディエゴ、10月・ダブリン

 プロツアー予選の回数は2013年も変わらず維持され、各シーズンでおおよそ210のイベントが世界中で行われる予定です。私たちは可能な限り多くのプレイヤーに予選の機会をお届けするため、遠隔地も考慮に入れ、開催地の再評価を続けてまいります。

 加えて、現在までにプレイヤーの皆さまからいただいたフィードバックを有効に活用し、プロツアー予選大会の質を向上させるための方策を見極めていきます。数週間のうちに、プロツアー予選に関する皆さまの直接のフィードバックをいただく方法を増やすため、専用のメールアドレスを用意し、プロツアー予選のファクト・シートからアクセスできるようにする予定です。

 プロツアー「ギルド門侵犯」の予選シーズンは8月25日に始まり、シールドとトップ8のブースタードラフトで行われます。プロツアー「Sinker」の予選は12月22日に始まり、モダンで開催される予定です。プロツアー「Friends」の予選はスタンダードで、2013年3月23日に開始の予定です。2014年最初のプロツアー「Romans」の予選は2013年8月17日に始まり、これはシールドになる予定です。

 私たちのグランプリ拡張計画は2012年の取り組みを続けてまいります。2013年には、世界中で40回以上のグランプリを開催する計画です。そのうち北米で21回(カナダでの3回が含まれます)、ヨーロッパで12回、アジア太平洋地域で少なくとも4回、日本で3回、ラテンアメリカで3回を予定しています。これらのグランプリは3つのシーズンで満遍なく開催され、最終的には各地域のグランプリが各シーズンで均等に行われることを目指していきます。

 すべてのグランプリで、プレイヤーの皆さんの体験をよりよいものにしていくことは、私たちの最優先事項です。さまざまなトーナメント主催者と密接な連携をとり、グランプリにお越しになる方々に楽しんでいただける併催イベントを提供するとともに、プレイヤーの皆さまにとってグランプリがさらによいものにできるよう、さらなる可能性を模索してまいります。、

 2013年のグランプリ・スケジュールに関するさらなるお知らせについては、8月15-17日にジェンコンで初開催されるワールド・マジック・カップのウェブキャストにご注目ください。そこで私たちは、来年のスケジュールのうち最初の3ヵ月の開催日と開催地をお伝えする予定です。

 ジェンコンでは2012年フライデー・ナイト・マジック選手権も予定されています。プレイヤーの皆さんの活動を注意深く見守り、さまざまなフィードバックに耳を傾けた結果、2013年のフライデー・ナイト・マジック選手権は開催しないこととなりました。この決定の主な理由は、フライデー・ナイト・マジックを、厳しい競技の雰囲気が少なく、マジックを通じて友達と遊べる社交的なイベントにしたい、ということです。

 来年、ワールド・マジック・カップはインディアナポリスからアムステルダムに場を移し、8月2-4日に開催されます。私たちは、毎年このイベントの開催地を移したいと思っています。ヨーロッパから非常に多くの参加国があることも理由で、このことでよりエキサイティングなイベントになることでしょう。その他の2013年のプレミア・プレイの情報に関しては、第2・第3シーズンのグランプリの開催地と開催日は来年の早い段階でお知らせする予定です。2013年のプレイヤー選手権の開催地と開催日も現在調整中ですが、こちらも夏を予定しております。

 2013年のワールド・マジック・カップ予選は2013年4月に始まります。これらの予選への参加権はプレインズウォーカー・ポイントによって決定されるため、予選自体は6ヵ月以上先ではありますが、その招待基準ポイントが何点になるかプレイヤーの皆さまにお知らせしたいと思います。新しいワールド・マジック・カップ予選の招待基準ポイントはこちらでご覧いただけます。

(訳注:日本では、2012年の年間合計が500点以上必要となります。対象期間:2012年4月2日〜2013年3月17日)

 ワールド・マジック・カップについて、いくつかの注釈を付け加えさせていただきます。

 まずはじめに、私たちにとって重要なのは、ワールド・マジック・カップでその国を代表するプレイヤーが、そのコミュニティにおいてまさに現在活動中であることです。国内チャンピオンたるトップ・プロが、年間を通してのプロ・シーンでの活躍によって、この目標を達成することを助けてくれると信じています。ワールド・マジック・カップ予選に招待基準ポイントが定められているのも同様の理由です。ワールド・マジック・カップに参加するにはある程度の、しかし達成可能な水準の活動が求められるのです。

 第二に、ワールド・マジック・カップは比較的小さな国、その市場規模ではプレミア・プレイに参加することが難しい地域を念頭に置いてデザインされているということです。しかしながら、各国で行われるワールド・マジック・カップ予選が十分な人数の、条件を満たしたプレイヤーの参加で行われることも必要です。このため、2013年2月8日の時点で、招待基準を満たすプレイヤーが40人に満たない国をリストから削除し、ワールド・マジック・カップ予選イベントを行わず、2013年のワールド・マジック・カップへ代表を送らないとすることを決定しました。

 最後に、ワールド・マジック・カップ予選に関しては多数のフィードバックをいただきました。私たちが見つけ出した改善の重点領域は、日程の改善、広報活動の増加、プレイヤーの体験の向上です。私たちは、これらのイベントをよりよくすることをお約束します。すでにお伝えできる事項として、来年のワールド・マジック・カップ予選に参加されるすべてのプレイヤーの皆さまにプロモカードをご用意しています。詳細については来年はじめ、ワールド・マジック・カップ2013予選の全スケジュールをご案内する際にお伝えしますので、ご期待ください。

 最初にお伝えしたように、次のプレミア・プレイについての新情報は、来年1〜3月のグランプリ・スケジュールのお知らせになります。8月15-17日、ジェンコンからお届けするwizards.com/webcastや、twitch.tv/magicprotourでのワールド・マジック・カップのウェブキャストで公開されるこれらの新情報とエキサイティングなイベントをお見逃しなく!

イベント開催地開催日程フォーマット
プロツアー「ギルド門侵犯」カナダ・ケベック州モントリオール2月15-17日スタンダード / 『ギルド門侵犯』ブースタードラフト
プロツアー「Sinker」アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ5月17-19日ラヴニカへの回帰・ブロック構築 / 「Sinker」『ギルド門侵犯』『ラヴニカへの回帰』ブースタードラフト
ワールド・マジック・カップ2013オランダ・アムステルダム8月2-4日混合
プロツアー「Friends」アイルランド・ダブリン10月11-13日スタンダード / 「Friends」ブースタードラフト

(注:プロツアー「Friends」のフォーマットはオリジナルの記事より2013年6月20日付で変更されています。上記のイベント情報は最新のものです。)

(Tr. Yusuke Yoshikawa / TSV YONEMURA "Pao" Kaoru)


最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る