2013年5月3日発効 DCI制限禁止リスト告知

更新日 Feature on 2013年 4月 22日

By Erik Lauer

Erik Lauer is a senior game designer who works on final game design and development. Recently, he has led the Return to Ravnica, Modern Masters, and Theros development teams.

原文を読む

告知日:2013年4月22日
発効日:2013年5月3日
マジック・オンライン発効日:2013年5月13日

モダン
第二の日の出》 禁止

ヴィンテージ
Regrowth》 制限解除

スタンダード、エクステンデッド、レガシー
変更なし

 マジック・オンライン固有のフォーマットへの変更は、Magic Online Community Group blog(リンク先は英語)にて月例で告知されています。

 各フォーマットの制限禁止カードリストは、こちら

関連リンク:  『ドラゴンの迷路』 FAQ


2013年5月3日制限禁止の変更に関する声明

 最近、モダンのイベントには多様性があり、環境を支配するデッキは存在していません。しかしながら、大型イベントにおいて、エッグ・デッキがラウンドの時間を引き延ばしているという問題が生じていました。

 このデッキは《第二の日の出》と《信仰の見返り》を使って《睡蓮の花》のようなマナを出すカードと、カードを引く様々なアーティファクトを再利用するというものです。勝利手段としてよく使われているのは《黄鉄の呪文爆弾》ですが、プレイヤーが勝利を確定させるために使っているのは《第二の日の出》を何度も何度も唱えてライブラリーを引ききり、《妖術師のガラクタ》で戻したカードだけにするという手段です。このため、1ターンに15分以上かかることもあり得ました。

 グランプリなどの大型イベントでは、ラウンドの制限時間が過ぎると、ゲーム終了のための5ターンが与えられます。通常、これはゲームの決着を付けるための2~3分で終わる話です。しかし、エッグを使っているプレイヤーはこの追加ターンに15分以上もの時間をかけることがあり得ます。そうなると次のラウンドの開始は(他のマッチに比べて)10分以上も延びることになります。一日を通すと、イベント参加者全員がそれぞれ1時間も待たされることになるのです。

 DCIはこの問題に対策するため、どのカードを禁止すべきかを考えました。他のデッキで見られるようなカードを禁止することなく、この長びくターンを防ぐ、もっともピンポイントな禁止を探すことにしました。それが、モダンで《第二の日の出》が禁止になった理由です。

 《Regrowth》は1994年に制限カードとなりました。それ以来、《ヨーグモスの意志》や《瞬唱の魔道士》といった代替となるカードが作られてきて、《Regrowth》を見かけることも減りました。《Regrowth》の制限を解除することでどんな新デッキが生まれてくるかはわかりませんが、DCIは、19年をおいた今こそ探すべき時だと判断しました。そこで、ヴィンテージで《Regrowth》の制限が解除されたのです。


(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る